出産の立会いで夫ができることって?準備はなにが必要?

夫婦で赤ちゃんの誕生を一緒に迎え、喜びと感動を分かち合いたいというパパが増えています。

「子どもが産まれる瞬間を見守りたい」「奥さんの出産をサポートしたい」と思う旦那さんは多いでしょう。

夫が出産に立会う場合、奥さんが安心して出産できるようにサポートすることが大切です。

この記事では、立会い出産で夫ができること、また出産にはどのような準備が必要なのか紹介します。

本当に出産の立会いができるのか話し合う

立会い出産には、パパとママそれぞれの考えがあります。

パパがそばにいることで、ママの不安や緊張が和らぎ、励みになる人も多いはずです。

なかには苦しむ姿を見られたくないため、出産には立会って欲しくないと思う人もいるでしょう。

パパが事前にしっかり準備をしていないと足手まといになり、感動的な出産が台無しになることもあります。

病院によっては、立会い出産ができないところもありますが、出産をするときは奥さんの意思が最優先です。

出産に立会うかどうか、妊娠中に夫婦でしっかりと話し合いましょう。

出産の立会いをするために準備はなにが必要?

出産に立会うときは、しっかりと奥さんのサポートをすることが大切です。

大変な出産を夫婦で乗り越えるためにも、万全の体制を整えるですね。

パパが出産の立会いをするために、必要な準備とはどんなことでしょうか?

1:出産について知る

立会い出産を希望する場合は、出産に関する知識を勉強しておくことが大切です。

陣痛から出産までの流れを事前に把握しておくと、いざというときに慌てずにサポートできます。

産院で「両親学級」「プレママ・プレパパ学級」を開催している場合は、出産に関する基本的な流れをひととおりり学べるので、積極的に参加しましょう。

産後の沐浴・オムツ替えの指導やミルクの飲ませ方のアドバイスをしてくれる産院もあるので、今後の育児の役にも立ちます。

出産の流れを予習する

出産に立会う場合は、流れをイメージして、頭の中で予習しておくとよいでしょう。

いざ出産がはじまったときに知識がないと、どんな声がけをしたらよいかわかりません。

子宮口が開けば「もう少しだよ!」と声をかけて励ませるので、的確なサポートのためにも予習はオススメです。

出産は数時間から、長いときは数十時間かかることもあるので、想像以上の体力が必要であることを覚えておきましょう。

2:バースプランを話し合う

どのような出産がしたいのか、バースプランについて話し合っておきましょう。

分娩方法のほかに、入院中の過ごし方や、出産時の対応なども希望があれば書き出しておきます。

ただ産院によっては、対応できないこともあるでしょう。

すべて希望通りにできなくても、できるだけママの希望にそって、リラックスして出産にのぞめるようにサポートしてくださいね。

3:移動手段を考えておく

産院までの移動方法を決めておきましょう。

陣痛がはじまったら、病院までタクシーで行くのか、破水した場合はどのように対応するか、具体的に打ち合わせしておくことが大切です。

予定日前に、パパが仕事でいないときに陣痛や破水が起こる可能性もあるので、連絡方法やさまざまなシチュエーションを話し合っておくと安心ですね。

いつでも病院に行けるように、入院セットの場所も事前に確認しておきましょう。

4:長時間過ごせる準備をする

出産は長時間になるため、付き添いやすいラクな服装と、食料品を準備しておく必要があります。

お産がはじまると外出できないため、ある程度食料品を用意しておきましょう。

ママが痛みに耐えているときに、パパが買い物に出かけたり、病室を何度も出入りすると、ママは気が散って集中できません。

食事をとる際は、頑張っているママの邪魔にならないよう、サッと食べられるものを持って行くことをオススメします。

出産の立会いで夫ができる6つのこと

出産当日は、少しでも奥さんのサポートができるようにしたいですね。

ここでは、立会い当日にできることを紹介します。

1:痛みを和らげるサポート

陣痛がはじまったら、背中や腰をさすると痛みが和らぐ可能性があります。

テニスボールやゴルフボールを使えば、陣痛の緩和や、いきみ逃しの効果が期待できるので、事前に用意しておくとよいでしょう。

お産が進むと痛む場所も下に移動するため、奥さんの反応を見ながら、要望を聞くことが大切です。

あまりの苦痛に「触らないで!」と激怒することもありますが、言い返したり喧嘩をしてはいけません。

痛みに耐えながら頑張り続けているので、辛抱強く支えてあげましょう。

2:リラックスできる環境を作る

奥さんが少しでもリラックスして痛みが和らぐように、環境を整えることも大切です。

陣痛で体が緊張すると、強い痛みを感じて呼吸も乱れる可能性があります。

陣痛の合間に一緒に呼吸をしたり、看護師さんの呼吸法に合わせて声がけをしましょう。

奥さんの好きな音楽を用意しておくのもオススメです。

なかなか産まれず「まだ?」と思うかもしれませんが、痛みに耐えて「まだ産まれないの?」と感じているのは奥さんも一緒です。

「もう少しだよ」と不安や緊張を取り除けるようにやさしく声かけをしてあげましょう。

家族の立会いは注意が必要

パパの独断で、家族を呼ばないようにしましょう。

病院到着後、あまりの不安から自分の母親に電話やメールで連絡をする男性がいます。

妻からすると義母ですが、多くの人は義母よりも実母にいて欲しいと思うものです。

陣痛中は気を使う余裕もないため、分娩台で叫ぶ姿や痛みに耐えている姿を見られたくない人もいます。

孫を見たいからといって、義父と一緒に陣痛室に入ってくるケースもあるようなので、最後まで気を抜かないことが大切です。

3:水分・食べ物を補給する

陣痛がくると、ママは思うように水や食事を摂れません。

パパがサポートして、水分や食べ物を補給しましょう。

陣痛のときはたくさん汗をかくため、水分補給が大切です。

ペットボトルにストローがついているタイプの「ハジーストロー」は、横になったままでも飲めるので人気があります。

口呼吸で唇がカサカサになるため、リップクリームを塗ってあげる気遣いも忘れないようにしましょう。

陣痛がはじまると食欲がなくなる人も多いので、食べやすいゼリーやジュースを用意しておくと安心です。

4:ママの汗をふく

分娩室の中は、産まれてくる赤ちゃんが寒くないように室温が高めに設定されているので、出産中のママには暑すぎて大量の汗をかきます。

汗が顔に流れたり目に入ると集中できないので、タオルで汗をこまめに拭いてあげましょう。

いきみや踏ん張りで体も熱くなるため、うちわを用意しておくのもオススメです。

5:感動の瞬間をビデオやカメラで記録する

立会いを希望している人の中には、記念にビデオやカメラで会話のやり取りや、出産の様子を記録したい人も多いでしょう。

分娩中はビデオ撮影を禁止している病院もあるため、撮影が可能か事前に病院側に確認しておくことも忘れてはいけません。

あらかじめ奥さんに、撮ってほしい場面やイヤな場面を確認しておくのもオススメです。

撮影の許可があっても、撮影だけに気をとられて奥さんのサポートを忘れないように気をつけたいですね。

何よりママや赤ちゃんを最優先し、分娩に支障のないように、お医者さんの指示に従うことが大切です。

あまりにも常識を外れると、別室で待機になる可能性もあるので、分娩の邪魔にならないよう、行動には気をつけましょう。

6:赤ちゃんが産まれたらねぎらいの言葉を伝えよう

赤ちゃんが産まれたら、まずは奥さんをねぎらいましょう。

感動して赤ちゃんに気を取られがちですが、痛みに耐えて頑張った奥さんに「お疲れさま」「ありがとう」と、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

できるだけ奥さんを最優先に考えましょう。

立会いができない可能性も伝えておく

出産は感動的なものですが、なかにはどうしても血が苦手、という人もいるでしょう。

出産中はいきむため、体に残っている排泄物が一緒に出ることもあります。

女性は生理で血に慣れていますが、血を見て失神する男性もいるようです。

自分が耐えれそうにないときは、理由を素直に伝えておきましょう。

直前になって立会えない可能性がある場合も、「できるだけ頑張る」という姿勢をしっかりと伝えることが大切です。

出産の立会いは夫の準備も大事

出産の立会いは、不安や緊張がありますが、しっかりと奥さんの意見を聞いて、サポートすることが大切です。

夫婦で感動の瞬間を迎えるためにも、しっかりと準備をしておきたいですね。

出産に立ち会う際は、落ち着いて状況を把握しながら、奥さんに思いやりを持って寄り添いしょう。

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...