医療費控除が簡単にわかる!妊娠・出産の医療費は還付金の対象?

妊娠・出産で医療費がかかった年は、医療費控除の確定申告をしましょう。

医療費控除というと、なんだか難しそうだし、よくわからないという方が多いかもしれませんね。

しかし医療費控除を申告すると、還付金をもらえたり、支払う予定の住民税が減額される場合もあるので、やったほうが断然オトクです。

宮野FP

知っていると知らないとでは、大きな違いがでることなので、ここはひとつひとつ確認していきましょう。

今回はFPの資格をもつ筆者が、妊娠・出産に関わる医療費控除についてを説明します。

還付金額、メリット、注意点など詳しくみていきましょう。

医療費控除とは?妊娠・出産は還付金を受け取れるってホント?

医療費控除とは、1年間(1月1日~12月31日)の医療費が高額だった場合、払い過ぎた税金を還付金として戻す制度です。

妊娠や出産に関わる医療費はもちろん、自己と生計を同一にする家族分も含めた医療費、通院費用なども対象です。

ポイント
家族全員の医療費をぜんぶ合わせて計算します。

宮野FP

たとえば、ママの出産費用とパパの歯医者治療費を合わせて、10万円を超えれば、医療費控除の対象になるというわけです。

ちなみに医療費控除は会社に提出する年末調整ではなく、自分で確定申告をする必要があります。

1年間にかかった医療費の金額が多ければOK

医療費控除の対象となる金額は、大きく分けて2つに分かれます。

10万円以上

まず対象となるのは、次のような方です。

「家族全員分の1年間に払った医療費や医療関係費の合計金額」が10万円を超える場合

注意したいのは、合計金額から「生命保険の入院給付金など、健康保険などで支給される出産育児一時金や療育費など」を差し引くこと。
最大200万円まで、控除が適用されます。

所得金額の5%

医療費の合計が10万円を超えなくても、以下の方は控除を受けられます。

所得が200万円未満で、医療費が所得金額の5%を超えた分
たとえば
妻の所得が130万円の場合の計算

  • 130万×5%=65,000円

この場合、医療費が6万5千円以上がかかっていれば、妻が医療費控除の申請をできます。

医療費控除は誰でも申請できるの?

医療費控除の申請ができるのは【還付できるだけの税金を支払っている人】が対象です。

なぜなら医療費の負担が多かった分、税金の負担を軽減するという制度だからです。

そのため住民税が非課税になる方は、対象外です。

夫婦共働きの場合は、所得が高いほうが医療費控除の申請することをおすすめします。

宮野FP
所得は高いほど【税率が高くなる】ので、還付金が多くなる可能性があるんですよ。

医療費控除を受けられる条件は?


医療費控除の対象は【治療を目的とした医療費】です。

妊娠中の健診や、通院のためのバスや電車といった公共交通機関の交通費も計上できます。

ただし【美容】や【健康増進】といった目的では、医療費控除の対象にはなりません。

控除の対象になるもの

妊娠・出産は健康保険の適用外が多いため、医療費控除の対象になるかどうかの、判断が難しいかもしれません。

そこで不妊治療・妊娠中・出産・入院・産後と詳しくみていきましょう。

不妊治療の医療費

  • 不妊治療の費用
  • 人工授精の費用
  • 交通費(電車やバスなどの公共交通機関)

妊娠中の医療費

  • 妊婦定期健診の費用
  • つわりや切迫早産での入院費
  • 歯科治療費
  • 交通費(電車やバスなどの公共交通機関)
  • 陣痛時のタクシー代

出産・入院・産後の医療費

  • 分娩費(普通分娩、無痛分娩、帝王切開)
  • 入院費(食事代含む)
  • 赤ちゃんの入院費
  • 医師の指示により購入した入院中の治療に必要な物(ガーゼや水枕など。病院で購入したもののみ)
  • 母乳マッサージ(乳腺炎などの治療目的)
  • 産後1ヶ月健診

妊婦検診や通院で、バスや電車といった公共交通機関を利用する場合、領収書が出ません。

この場合は「日時や金額、駅名や病院名」などをメモしておきましょう。

宮野FP

妊娠したタイミングで、医療費のメモを習慣的につけていくといいですね。

対象にならないものもある

次のようなものは、医療費控除の対象になりません。

  • 妊娠検査薬
  • マイカー通院の際のガソリン代
  • 駐車場利用代
  • 出産準備品の購入代金
  • 里帰り出産の際の交通費
  • 自己都合で個室を選んだ場合の差額ベッド代
  • 入院時の寝間着代
  • 医師への謝礼など
  • 健康維持のビタミン剤など
  • 予防接種代

判断に迷う場合は治療目的かどうかを考えたり、税務署や国税庁の「税についての相談窓口」に問い合わせてみましょう。

具体的にいくら還付金をもらえる?ケースごとに紹介

では、実際にいくら還付金をもらえるのでしょうか。

具体的な、還付金額の計算方法をみてみましょう。

還付金額=医療費控除額×所得税率(%)

還付金を計算するときに知っておきたいのが、自分の所得税率です。

1:自分の所得を知る

まず、自分の所得を知りましょう。

所得とは総収入(額面の年収)から、経費を引いたものです。

経費

  • 社会保険料
  • 所得税
  • 住民税
  • 年金保険料

など

年収から上記のような経費をひいたものが総所得です。

これで、自分の「所得」がわかりましたね。

2:医療費控除の金額はいくらからできる?

医療費控除がいくらからできるかは、総所得から計算しましょう

総所得:医療費控除の下限額

  • 200万円以上:10万円以上
  • 200万円未満:総所得×5%

総所得が200万円以上だったら、10万円より超えた医療費が医療費控除の対象です。

医療費控除は所得控除のひとつ

ちなみに医療費控除は、所得控除にあたります。

総所得から、税金の計算をするうえで差し引けるものが所得控除といいます。

所得控除

  • 基礎控除
  • 配偶者特別控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 医療費控除

など

総所得から、税金や保険料・医療費控除などを差し引いた金額から、住民税の計算をするので所得控除が多ければ多いほど、支払う税金の金額は少なくなるのです。

3:還付金は税金の払い過ぎを返してくれることなので、自分の所得税率を知る

還付金の計算をするうえで、まずは自分の税率を知りましょう。
税金の計算に使う所得金額(課税所得)は、「年収」ではありません。

課税所得によって、税率は異なります。

具体的な課税所得を知るには、自分の源泉徴収票を見て、次の式で計算しましょう。

課税所得(税金の計算に使う所得)=給与所得控除後の金額-所得控除の額

出てきた金額をもとに、以下の表から所得税率を探しましょう。

課税される所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円を超え330万円以下 10%
330万円を超え695万円以下 20%
695万円を超え900万円以下 23%
900万円を超え1,800万円以下 33%
1,800万円を超え4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%

これであなたの税率がわかりましたね。

上の計算で、医療費控除額を出します。
還付金額は、所得税率を医療費控除額にかけるとわかりますよ。

計算式にすると、下記になります。

還付金額=医療費控除額×所得税率(%)

実際に2つのケースで計算してみましょう。

例1:帝王切開をしたAさん(税込年収240万円)のケース

Aさん
予定帝王切開で出産しました。
わたしの年収は240万円だけど、医療費控除ってやったほうがいいのかな?

帝王切開をしたAさんは、いくら税金がかえってくるのでしょうか。

Aさん

  • 年収:240万円
  • 費用:65万円
  • もらったお金:出産一時金で42万円・健康保険の高額医療費で10万円

Aさんの年収は240万円なので、社会保険や税金を差し引くと150万円が課税所得になります。

所得が200万円以下なので、医療費控除額の計算は
195万円×0.5%=75,000円を超えた分になります。

医療費控除を申請できる額
(65万円※支払った総額)-(42万+10万円※受け取った総額)-7.5万円=5.5万円

上記の表から探してみると、所得税率は「195万円以下/5%」に当てはまります。

還付金額:5.5万円×5%=2,750円

Aさんの所得税還付金額は、2,750円です。

住民税は税率が10%なので
5.5万円×10%=5,500円

Aさんは住民税を5,500円節税ができます。

Aさん

返ってきたお金でオムツくらいは買えそうね!

 

例2:不妊治療後自然分娩をしたBさん(税込年収400万円)

Bさん

1月に不妊治療をして10月に出産できました!
わたしの場合は、いくら還付金をもらえるのかなー?

不妊治療後、出産したBさんの出費と受け取ったお金をみてみましょう。

Bさん

  • 年収:400万円
  • 費用:不妊治療で50万円・出産費用で55万円
  • 受け取ったお金:不妊治療の助成金で30万円・出産一時金で42万円

Bさんの年収400万円なので、社会保険や税金を差し引くと266万円が課税所得になります。
200万円を超しているので、医療費控除で差し引く金額は10万円。

医療費控除を申請できる額
(50万円+55万円※支払った総額)-(30万円+42万円※受け取った総額)-10万円=23万円

上記の表から探してみると、所得税率は「195万円超、330万円以下/10%」に当てはまります。
23万円×10%=23,000円

Bさんの所得税からの還付金は、23,000円です。

住民税は税率が10%なので
23万円×10%=23,000円

Bさんは住民税を23,000円節税ができます。

Bさん

意外と大きい金額が戻ってくるのね!
家計が助かる…!

ほかにもある!?医療費控除のメリットとは?

じつは還付金以外にもメリットがあります。

  • 還付金
  • 住民税が下がることも
  • 保育費が安くなる?

ひとつずつ、みていきましょう。

メリット1:還付金を受け取れる

医療費控除の対象になった場合、確定申告をすると医療費の一部が「還付金」として返還されます。

会社員やパートなどで、すでに所得税を支払っている人は「税金を払いすぎている」ことになるので、払いすぎた税金分が戻ってくるのです。

宮野FP

還付金で受け取れるのは、会社員のようにすでに所得税を支払っている方です。
確定申告をして税金を支払うフリーランスの方は、支払う税金が少なくなりますよ。

メリット2:住民税が減額されるケースもある

医療費控除を受けると、所得税から還付金を受け取れ、住民税が減額されることもあります。

所得税も住民税も、収入から「基礎控除、生命保険控除、医療費控除」など生活に必要な支出を「控除」として差し引いて課税されるものです。

控除される金額が増えるほど、所得を低くできるので、住民税が減額される場合もあります。

宮野FP

住民税は確定申告をした年の6月から1年間支払います。

申告した次の6月から、支払う住民税が安くなるかもしれませんね。

メリット3:公立の保育費が安くなることも

前年度の所得が一定額より低い場合、公立保育園の保育料が安くなる場合もあります。

各自治体によって条件が異なるので、自分が住んでいる自治体のホームページで調べてみましょう。

宮野FP

公立の保育園は、住民税の金額から保育園料を算出するので、住民税が少なくなると保育園料が安くなるかもしれませんね。

医療費控除の申請はどうすればいいの?


医療費控除は、年末調整ではできません。
自分で確定申告をする必要があります。

確定申告じゃないとできません

医療費控除は年末調整の対象外となっていますので、個人で確定申告をする必要があります。

会社員やパートタイマーなど給与所得者の方も、確定申告をしましょう。

1人分ではなく家族(世帯)全員分の申告が必要

医療費控除を申告する場合、家族全員分の医療費の申告が必要です。

この場合の家族とは、「生計を同一とする配偶者や子ども、親族など」も含むので確認しましょう。

配偶者がケガをした際の治療費や、子どもの歯科治療なども計上できます。

共働きの場合は、所得の高い方が申告をすると◎

夫婦共働きの場合、収入が高い方が確定申告することをおすすめします。

収入が高い方が所得税率も高くなるため、還付金が多くなるでしょう。

申請期限はある?

原則的に確定申告は、申告する年の翌年の2月16日~3月15日に行います。

たとえば

    • 2019年1月1日~12月31日までの医療費
    • 2020年2月16日~3月15日の間に申請すればOK

ただし還付申告の場合、3月15日を過ぎても申告できます。

申請をし忘れたときは5年以内に!

ママ

え!確定申告の時期は過ぎちゃった…!
どうしよう…

宮野FP

大丈夫ですよ!5年ならさかのぼれます!

医療費控除を申請し忘れた場合、5年以内ならさかのぼって確定申告できます。

たとえば2018年(1月1日~12月31日)分の確定申告をする場合、2019年1月1日から申告できますが、2023年まで申請可能です。

当てはまる年があったら、申請してみましょう。

確定申告の手順は?

医療費控除

いざ確定申告をするとなっても、「なんだか難しそう…」と思っている方は多いようです。

そこで、具体的な医療費控除の確定申告の手順や、必要書類などを一緒に確認してみましょう。

確定申告~還付金受け取りまでの日程的な流れ

医療費控除スケジュール

まずは確定申告をしてから、還付金を受け取るまでの日程的な流れをみてみましょう。

  • 12月:提出書類の準備
  • 1月:確定申告書の準備
  • 2月16日~3月15日:確定申告
  • 4~5月:還付金の振り込み

ざっくりとしたスケジュールですが、上記で行うとよいですよ。

必要書類は?

医療費控除に必要な書類は、以下の通りです。

書類 どこで準備する?
確定申告書(会社員・パートタイマーなど給与所得者はA様式) ダウンロード可能
医療費の領収書 病院
医療費の明細書 病院
領収書の出ない公共交通機関のメモ書き 自分で準備
源泉徴収票(会社員や公務員の場合) 勤務先
支払調書(自営業や自由業の場合) 取引先
保険金などの補てんされた金額がわかるもの 健康保険組合や保険会社
マイナンバーなど マイナンバーカード・住民票
本人名義の通帳など 銀行

源泉徴収票や支払調書は、勤務先や取引先からもらう必要があります。

確定申告書はダウンロードもできるので、自分で準備できます。
税務署に並ばなくてもよいのは、忙しいママにとってうれしいですね。

ネット上での申告(e-tax)なら、申告書を準備しなくても問題ありません。

確定申告のダウンロード(国税庁ホームページ)

確定申告書の作成コーナー(国税庁ホームページ)

ネット上での申告(e-tax)はこちらから(外部リンク)

確定申告の方法

いよいよ確定申告です!
医療費控除の確定申告をするときの、手順をみていきましょう。

  1. 必要書類を用意
  2. 1年間の医療費の領収書を、病院や薬局ごとに分ける
  3. それぞれの小計を計算して、それをもとに医療費の明細書を作る
  4. 源泉徴収票をもとに、確定申告書に記入

申告方法は、以下から選びましょう。

  • 持ち込み
  • 郵送
  • e-Tax(スマホやパソコンで可能)
宮野FP

税務署では記入の方法を聞けるので、初めての方は聞きながらやってもいいかもしれません。
ただし確定申告のシーズンは混むので、時間に余裕を持って行きましょう。

医療費の領収書は、提出する必要がありません。

とはいえ、領収書を捨ててしまうのはNGです。

領収書は5年間は保管することが義務なので、きちんと保管しておきましょう。

医療費控除をするときの注意点は?


これでなんとか医療費控除ができそうですね!

しかし、注意しておきたいポイントがあります。

  • ふるさと納税
  • セルフメディケーション税制

医療費控除の確定申告をするときは、上記の2点に気を付けてください。

ふるさと納税に注意

ふるさと納税と医療費控除は、一緒に申告しましょう。

ふるさと納税をされている方のなかには、確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる「ワンストップ特例制度」を利用されている方もいると思います。

ワンストップ特例を利用しても、医療費控除で確定申告をした場合は、ワンストップ特例が無効になります。

確定申告をする年は、ふるさと納税もあわせて申告することを忘れないで下さいね。

セルフメディケーション税制は併用できない

医療費控除とセルフメディケーション税制は、あわせて使えないので、注意しましょう。

「セルフメディケーション税制」は、健康の保持増進や疾病の予防として、一定の取り組みを行っている人が対象となる制度です。

といっても、わかりにくいですよね。

つまり、ドラッグストアなどでスイッチOTC医薬品を購入した人で、1年間の合計額が12,000円を超えた方が対象の制度です。

簡単にいうと、あまり病院に行かずに、自分で薬を買ってなんとかしていた人のために、医療費控除の代わりに使える制度ということですね。

つまりセルフメディケーション税制は「医療費控除の特例」となり、医療費控除と合わせて使うことはできないので注意しましょう。

医療費控除はやらないと損!やっておきましょう!

「医療費控除は難しそうだからいいや」と思いがちですが、やってみると案外「こんなものか」と思える内容です。

家族全員の医療費が10万円を超えたら、医療費控除の対象!と覚えておきましょう。

妊娠出産だけではなく、歯の治療費や思わぬケガでも使える制度です。

還付金や減税、保育園料が安くなる可能性があるなど、想像以上にメリットが多いので、チャレンジしてみましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...