【医師監修】なかなか妊娠しないのは無排卵月経かも?検査や治療法は?

赤ちゃんを望んでいるのに授かることができないとき、考えられる可能性のひとつに「無排卵月経」があります。

排卵のない月経、言い換えると生理の前段階として起こっているべき排卵がないということです。

妊活の相談で病院を訪れて、初めて自分が無排卵月経だとわかる人もいます。
しかし日常の生活の中でも、「もしかして」と気づく特徴があるのです。

この記事では、まず「無排卵月経」でみられる特徴を紹介します。
あわせて原因や病院での検査方法、治療の仕方についてもひも解いていきましょう。

無排卵月経とはどういう状態?


「無排卵月経」(別名「無排卵性周期症」とも呼ばれています)であることに気づかず、病院で検査を受けて初めてわかる人もいるのは何故でしょう。

それは排卵が起こっていない、つまり妊娠に必要不可欠な卵子が卵巣から出ていないにもかかわらず、生理が来ているからです。

生理とは、排卵に合わせて厚くなっていた子宮内膜が、受精卵の着床がなかったことで剥がれ落ちる現象のことです。
ですから、前提条件である排卵が起こっていないとは、気づきにくいのです。

無排卵月経は周期、日数、量に注意

排卵がない生理には特徴がありますので、まずは自宅でチェックしてみましょう。

無排卵月経かも知れないと考えられる特徴は、一番にその生理の状態にあらわれます。
比較するために、まず、一般的に定義される生理を確認してみましょう。

【正常な生理の特徴】

  • およそ25~38日の周期で訪れる。
  • 3~7日続き、多くは2日目に出血量が増え、徐々に減っていく。
  • 基礎体温が低温と高温の時期に分かれ、排卵を機に体温は上がり、低温に落ちて生理が始まる。

これらを踏まえて、無排卵月経の特徴をみていきます。

上に記したものと比べると、無排卵月経の生理は、周期や、出血のある日数、そして、経血量に違いが見られることもあります。

それも状態が定まっておらず、短すぎたり長すぎたり、多すぎたり少なすぎたり、と程度はさまざまです。

周期が短い(頻発月経) 24日以内に次の生理が来るので、1ヶ月に2度巡ってくることも。
周期が長い(稀発月経) 39日以上経って次の生理が来るので、1年に数回しか生理が来ない。
日数が短い(過短月経) 経血量が増えると言われる2日以内で生理が終わります。
日数が長い(過長月経) だらだらと長く、8日以上生理が続きます。
経血量が少ない(過少月経) 生理による出血であるかわかりくいほど、量が少ない。
経血量が多い(過多月経) 昼間に夜用を用いたり、1時間でナプキンを取りかえるほど、出血量が多い。

生理は煩わしい憂鬱なものとして扱われることが多く、つい日数は短ければありがやい、出血は少ない方が助かると考えがちです。

しかし日常生活を送る上では楽だと感じられても、本来の身体のサイクルから考えれば、それは注意すべき不調です。

今は妊娠を望んでいないという人であっても、そのままにしておくのはよくありません。

いざ妊活したいときになって治療に時間がかかってしまいますし、貧血や閉経後の女性がなりやすい骨粗鬆症、重大な婦人科疾患につながる場合もあります。

また、甲状腺機能が異常な場合も月経に異常をきたす場合もあります。

早めに婦人科を受診しましょう。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分