【お片付けのプロ直伝】豆椅子を簡単リメイク!想い出の椅子をずっと使おう

赤ちゃんのいるどこのご家庭にもある、「豆椅子」。

赤ちゃんの大好きなキャラクターがデザインされていたりと、お子さんが大きくなってくるとインテリアに合わなくなったりしがちですね。

それならば、想い出がつまった椅子をリメイクして、もうひと活躍してもらいましょう!

お子さんに「モノを大切にすること」も、一緒に伝えられたらいいですね。 

どんな風にリメイクしたいかを考えてみよう!


椅子のリメイクといっても、座面を他の布で張り替えをしたり、木の座面に取り替えたりと、リメイク方法はさまざまです。

どんな風にしようか悩むのも、リメイクのお楽しみのひとつですね。
今回私は、椅子として使うだけではなく、将来的にはグリーンを乗せる台としても活用したいと思ったので、座面を木材にチェンジすることにしました。

リメイク前の豆椅子


こちらが、今回リメイクをする椅子です。
子どもたちが大好きなキャラクターがパッと目を引きます。


座面は後ろのネジを外せば、簡単にとれました。

必要な材料


まずは座面用の木材です。
今回は、ホームセンターなどで売られている円形の板をそのまま使うことにしました。

カットや、やすり掛けの手間も不要で簡単リメイクにぴったりです。
これは直径30センチのパイン材で、600円程で購入しました。

このままでもナチュラルな雰囲気で素敵ですが、水気のあるグリーンを置けるよう、ペイントをしていきます。

お子さんにも安心なペイントのご紹介

私が普段、リメイクによく使っているペイントは、「アニースローン社のチョークペイント」です。

炭酸カルシウムでできているエコなペイントで、においがほとんどなく、思い立ったときに室内で気軽にペイントできます。

もともと私自身が化学物質に敏感な体質で、塗料には苦手意識を持っていました。
しかしこのペイントに出会ってからは、リメイクすることを生活の一部として楽しんでいます。

下塗りや前の塗料を剥がすといった下準備が不要なので、誰でも短時間で素敵に仕上げられるのもうれしいポイントです。

エコな素材でできたペイントは、赤ちゃんやペットのいるおうちには、特におすすめです。