これって妊娠の兆候?気になる症状を解説

私、もしかして妊娠している?

そう考えたとき、あなたはどう行動したらよいのかわかりますか?

妊娠を確定するための判断材料って?
赤ちゃんのために気をつけることは?

など、妊娠超初期~中期にかけての妊婦さんに知っていて欲しい情報をまとめました。

妊娠初期症状は個人差が大きい


妊娠すると、ママの身体にはどのような身体の変化が起こるのでしょうか。

妊娠超初期からみられる症状について、解説していきます。

着床出血

卵子が精子とつながって受精卵になり、その受精卵が着床したタイミングで出血する場合もあります。

生理の際には子宮内膜がはがれ落ちることで出血しますが、同じ出血でも原因は異なります。

着床出血は個人差が大きいものです。

  • 全くない人
  • おりもののようなうす茶色の出血
  • 生理のような鮮血

とさまざまなケースがみられます。

出血の量は、一般的にあまり多くないとされています。
もし妊娠初期に多量の出血があれば、流産などの可能性もあるため注意が必要です。

この記事もチェック!


お腹が痛む

妊娠超初期から初期にかけて、お腹、とくに下腹部が生理痛のようなズキズキする痛みや、子宮が締め付けられるような痛みに襲われます。

基本的にこのような下腹部痛は心配いりません。

しかしあまりにも痛みの程度が激しかったり、妊娠中期程度まで続く場合には、何らかの問題が発生している可能性もあるので、速やかに病院を受診しましょう。

腰痛

骨盤が動くことにより、生理のときのようなずーんと響くような痛みがします。

身体が、赤ちゃんを迎え入れるための準備をしている段階です。

頭痛

妊娠初期に頭痛の症状があらわれます。
風邪の初期症状と間違えてしまうケースもあります。

妊娠の可能性がある場合は、ほかの症状と合わせて慎重に判断してください。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分