【厳選】離乳食に便利なオススメグッズ12選!選び方のポイントは?

赤ちゃんの離乳食は、子どもの成長を実感できるステップのひとつです。

ただママにとっても赤ちゃんにとっても、はじめての離乳食は、心配なことも多いでしょう。

そこで今回は、離乳食を進めるときに、あると便利なグッズについてまとめました。

選び方やオススメポイントについても紹介しているので、参考にしてください。

離乳食には便利グッズがあると便利


離乳食は一回の量が少ないのに、なにかと調理の手間がかかるため、大変だと感じているママは多いようです。

そんなときは、便利グッズを利用することで、毎日の負担を減らせます

離乳食の便利グッズは、多くのベビー用品メーカーでたくさんの種類を販売しており、用途もさまざまです。

自分に必要なアイテムを選んで活用しましょう。
出産祝いのプレゼントとしても喜ばれますよ。

離乳食用のグッズを選ぶポイントは?


まずは離乳食用便利グッズの選び方をチェックしましょう。

ポイント1:安全性

赤ちゃんにとって安全な作りであるかを確認しましょう。

スプーンであれば、口に入れたときに喉まで届かないようにストッパーがついているか。

食器であれば、落としても割れにくい素材かなど、安全面への配慮が必要です。

ポイント2:手入れのしやすさ

赤ちゃんのために使うものだからこそ、衛生面には気を使いたいものですね。

かといってお手入れが面倒では、せっかくの便利グッズも使いにくいでしょう。

普段食洗器を使っているのであれば、食洗器に対応しているアイテムの方が、手入れの負担もかかりません。

デザインがかわいくても、デコボコした形だと、隙間に汚れがたまりやすいことも考えられます。

使いやすさとともに、お手入れのしやすさもチェックしましょう。

ポイント3:作業が楽になるか?

離乳食の便利グッズは、見た目にもかわいい商品や、魅力的な商品がたくさんあります。

ただ見た目だけで選ぶと、「せっかく買ったのに使わなかった」となる可能性もあるでしょう。

便利グッズは、離乳食の手間を減らすために使うのだと認識して、「時短になる?」「負担が減るかな?」とイメージして選びましょう。

離乳食に便利なオススメグッズ12選

それでは離乳食に便利なオススメグッズを紹介します。
口コミでも評判の、人気ブランド商品を集めました。

商品ごとのオススメポイントもまとめたので、参考にしてくださいね。

リッチェル/調理器セット

リッチェル Richell 調理器セットE 調理器他離乳食小分け冷凍容器 レシピ本付

本体価格(税抜) 1,800円(2018年6月編集部調べ)
セット内容 電子レンジ用おかゆクッカーE/おろし器/こし器/すり鉢/すり棒
/小分けパック50mL3個

離乳食に必要な、「裏ごし・つぶす・すりおろす」などの作業が手軽にできる調理器セットです。

電子レンジで手軽に、ご飯からおかゆを作れます。

ブラウン/ハンドブレンダー・マルチクイック

ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー 【1台4役 : 「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」】 MQ535

本体価格(税抜) 6,114円(2018年6月編集部調べ)

「つぶす・混ぜる・きざむ」など、離乳食にかかる面倒なひと手間を、一台でこなせます。

泡立て機能もついているので、離乳食卒業後も長く使えるマルチブレンダーです。

キッズミー/モグフィ

キッズミー 4か月からの離乳食フィーダー モグフィ 【日本正規品】 Mサイズ ラベンダー

本体価格(税抜) 1,498円(2018年6月編集部調べ)

離乳食をはじめたばかりの赤ちゃんは、スプーンの感触が苦手な子も多いものです。

もぐフィーは、おしゃぶりのような感覚で食事ができるので、赤ちゃんが違和感なく離乳食を進められるでしょう。

初期の離乳食をはじめ、赤ちゃん用の歯がためとしても使えます。

コンビ/ベビーレーベル 離乳食ナビゲート 調理セット

コンビ ベビーレーベル 離乳食ナビゲート 調理セット

本体価格(税抜) 3,600円(2018年6月編集部調べ)
セット内容 すりつぶしボウル/カットプレート/レンジ用フタ/おろしプレート/裏ごしプレート/すり鉢ボウル/ヘラ

茹でた野菜を簡単に角切りにできるカットプレートや裏ごしできる裏ごしプレートなど、離乳食調理に必要な器具がそろっている調理セットです。

レンジ加熱もできるのため、野菜をゆでるのも手間いらずで楽にできます。

SKATER/フードカッターミッキーマウス・スケッチBFC1

SKATER 離乳食 フードカッター ミッキーマウス スケッチ BFC1

本体価格(税抜) 593円(2018年6月編集部調べ)

大人の食事から取り分けて離乳食を作るときに、便利なハサミです。

麺や野菜、肉類もしっかりカットできるので、まな板や包丁を汚すこともありません。

ケースつきなので、外出時の持ち運びも便利です。

リッチェル/調理用品・すり鉢セット

リッチェル Richell 調理用品 すり鉢セット 10.5×14.0×4.5cm 55g

本体価格(税抜) 649円(2018年6月編集部調べ)

離乳食のすりつぶしに便利なすり鉢のセットです。

「たくさんのアイテムは必要ない」という人は、わざわざセット購入しなくても、必要なアイテムを単品で購入したほうが安上がりなこともありますよ。

チュチュベビー/離乳食保存用小分けパック

チュチュベビー 離乳食保存用 小分けパック 120mL 8コ入り 冷凍・電子レンジ対応

本体価格(税抜) 259円(2018年6月編集部調べ)

離乳食の冷凍保存に便利な小分けパックです。

1食の量が少ない離乳食を毎回1から作るのは、手間も時間もかかります。

下準備した食材を1食ずつ冷凍保存しておけば、離乳食作りの負担も減るでしょう。

30ml×10コ入り、60ml×10コ入り、120ml×8コ入りと種類がありますが、価格はそれぞれ税抜259円です。

リッチェル/離乳食まな板 レッド

リッチェル Richell 離乳食まな板 レッド

本体価格(税抜) 950円(2018年6月編集部調べ)

おしゃれでかわいいりんご型のまな板は、野菜や果物をカットして、そのまま離乳食用のランチプレートとして使えます。

すりつぶし面がついているので、カットした食材をそのままつぶすことも可能です。

まな板やお皿をいくつも使わなくてよいので、洗い物も少なくてすみます。

イワキ/おかゆこがま

iwaki おかゆこがま 200ml KMC202-BL

本体価格(税抜) 926円(2018年6月編集部調べ)

炊飯器に入れてお米と一緒に炊けば、手軽におかゆができる小がまです。

おかゆを炊くのに最適な丸い底や、容器を傷めない専用スプーンなど、使いやすさも特徴的。

レンジ加熱もできるので、使い道の幅も広がるでしょう。

ベビービョルン/ソフトスタイ

ベビービョルン 【日本正規品保証付】ソフトスタイ ピンク 046255

本体価格(税抜) 1,200円(2018年6月編集部調べ)
カラー パープル/グリーン/ターコイズ/イエロー/オレンジ/ピンク

子どもの食べこぼしをキャッチする立体構造のポケットつきソフトスタイです。

食事中の動きをさまたげず、体にピタッとフィットするデザインや肌に優しいつけ心地が魅力といえます。

使用後は水でさっと洗えるのも、お手軽で便利なポイントです。

ピジョン/炊飯器用おかゆポット

ピジョン 炊飯器用 おかゆポット

本体価格(税抜) 1,505円(2018年6月編集部調べ)
セット内容 ポット/茶碗/こし網/計量スプーン

炊飯器でご飯とおかゆが炊けるおかゆポットです。

ポットのふたには取っ手がついているので、炊飯器から取り出すときもあつくありません。

初期離乳食のおかゆ作りに便利なこし網もセットで、離乳食時期のさまざまなおかゆに対応できます。

コンビ/くまのプーさん離乳食じょ~ず

コンビ くまのプーさん 離乳食じょ~ず

本体価格(税抜) 3,000円(2018年6月編集部調べ)
セット内容 ゴックンプレート/モグモグプレート/カミカミプレート/スリスリレンジボウル(すべり止めゴム付き)/スリスリ計量スプーン/レンジキャップ/フィーディングスプーン

レンジ加熱や食洗器にも対応した調理器具のセットです。

裏ごしやすりおろし、みじん切りまでできるプレートがついているので、離乳食の初期から後期までの下ごしらえに長く活躍するでしょう。

重ねるとコンパクトになるので、収納場所にも困りません。

離乳食は便利グッズを活用して負担を減らそう!


離乳食グッズは、離乳食にかかる手間を減らす、便利なアイテムです。

種類が多いために、お店に行くと目移りして、あれもこれも欲しくなるものです。

どのような場面で使うのか本当に楽なのかをイメージしながら選びましょう。

ママにとっても赤ちゃんにとっても、離乳食が負担にならないように、便利グッズを活用してくださいね。