プラノバールを飲んで吐き気が…これって副作用?生理こないのはなぜ?

「プラノバール」というホルモン剤の名前は、聞いたことがある方もいるでしょう。
プラノバールは月経のトラブルや、不妊治療などにしばしば用いられる薬です。

効果や副作用の有無、また飲みかたなどは十分に理解しておく必要のある薬です。

そこで今回はプラノバールの基本や、服用することでどんな副作用があるのか、また服用中の注意点などについてご紹介します。

プラノバールってなに?


では、そもそもプラノバールとはどういった薬なのでしょうか。

プラノバールには、「プロゲステロン」といわれる黄体ホルモン「エストロゲン」という卵胞ホルモンが配合されているホルモン剤です。

黄体ホルモンは、妊娠するためには不可欠なホルモンであり、受精卵が着床しやすいよう子宮内環境を整える作用のあるホルモンです。

また卵胞ホルモンとはその名の通り、卵胞の成長を促したり、基礎体温を上げたり、受精しやすくするため子宮内膜を厚くしたりと、妊娠するために必要なホルモンです。

このふたつのホルモンは女性の月経周期や排卵リズムに、直接働きかけるホルモンです。

そのためこれらのホルモンが正常に分泌されることが、妊娠するための条件ともいえます。

プラノバールは、このふたつのホルモンバランスを人工的にコントロールできる薬です。

不妊治療にはもちろんのこと、月経不順やその他の月経トラブルを改善するために用いられています。

この記事もチェック!

プラノバールを飲んで得られる効果とは?


プラノバールを服用すると、どのような効果が得られるのでしょうか。

プラノバールは生理周期をコントロールできる

大切なイベントごとが控えている場合、生理と重ならないか心配になった経験は女性ならばどなたもあるでしょう。

プラノバールはそういった場合に、生理周期を遅らせたり、逆に早めたりとある程度コントロールできます。

服用している間は排卵を抑制するため、飲み続けている間は生理が来ないのです。

もちろんいつまでも延長しつづけることは難しいので、イベントが終わったら服用をやめましょう。

服用をやめると3~4日で生理が来ます。

その逆に、生理を早める方法もあります。
次回の生理が来る前から飲み始め、イベントの日より前に生理を終わらせるわけです。

いずれにしても、初めてプラノバールを服用する場合には、医師からアドバイスをしっかりもらうようにしましょう。

プラノバールは不妊治療にも

プラノバールを服用すると、過多月経などの生理不順や卵巣機能不全、月経困難症といった不妊症の原因となるような症状を改善することに繋がります。

ホルモンバランスを整えることで、子宮内環境をよくする効果も期待できます。

子宮環境が整うと、正常に卵子が形成され、精子も入り込みやすくなるので、受精しやすくなるのです。

また、女性が生涯のうちに作ることのできる卵子の数は生まれながらにして決まっており、高齢になると卵子の数は減っていきます。

そのため、卵子を温存するために、一時的に生理を止める措置をとることも稀にあります。

このように、プラノバールは生理や排卵作用に直接働きかけるため、不妊治療に用いられます。
ただし、不妊治療で服用する場合、身体の状態は個人差があるので医師の指示を守りましょう。

この記事もチェック!

避妊効果もある

プラノバールは排卵をしないようにコントロールすることができるため、しばしば避妊薬としても使われます。

排卵しなければ受精もできないので、妊娠する可能性を下げられるのです。

しかし、飲み続けていることが前提なので、飲み忘れなどがあった場合には妊娠の可能性も必然的に上がってきます。
避妊目的での服用の場合は、用法をきちんと守ってくださいね。

この記事もチェック!

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分