【妊娠0週】妊娠超初期はどんな状態?

妊娠0週は、妊娠1ヶ月の0週目にあたります。

妊娠したかな?と思い産婦人科に受診すると、すでに妊娠2ヶ月と言われて不思議に人も多いでしょう。

妊娠超初期である妊娠0週は、実はお腹の中に赤ちゃんはいません

妊娠週数はカウントされているのにどういうことでしょうか。

今回は、妊娠週数の数え方や妊娠0週で注意すること、気をつけることを紹介します。

妊娠0週0日は受精日ではない


妊娠週数は、受精後胎齢月経後胎齢と2種類あります。

受精後胎齢とは、受精した日を1日目とし、満日数・満週数で表します。

月経後胎齢は、最後に月経が始まった日を1日目として、満日数または満週数で表します。

日本において妊娠週数は、月経後胎齢で数えるため、最終生理開始日が妊娠0日目です。

したがって妊娠0週目は、まだ「受精卵」ではないため、妊娠している状態ではありません。

妊娠を目指している時期です。

体調の変化

妊娠0週目は、まだ「受精」も「着床」もしていないため、つわりなどの妊娠初期症状は現れません。

妊娠初期症状が現れるのは、早くても着床し始める妊娠3週目の後半以降となります。

妊娠0週目はまさに生理中です。

もしなにか体調や気分の不調・変化があるとしたら、妊娠の兆候ではなく、生理痛やホルモンバランスの乱れからくるものと考えられます。

普段の生理中と変わらない生活を送れます。

妊娠成立までにお腹の中で起こっていること


妊娠0週の時期は、卵子はまだ卵巣の中にあり月に1度の排卵に向けて、卵子のもとになる原始卵胞が卵子へと成長過程です。

その後月に1度、たった1つの卵子が卵巣から排出されることを「排卵」といいます。

排卵は、生理周期が28日であれば、月経開始日から妊娠2週目に当たる14日ほど経ったころに起こります。

イラスト提供:ゆずきなこ様twitter

卵巣から飛び出した卵子は、卵管の先端でとらえられ卵管に進み、ここで精子と卵子がタイミングよく出会えれば、「受精」が成立です。

受精卵は1週間ほど細胞分裂を繰り返しながら、卵管から子宮へ向かいます。

妊娠3週目ごろに、受精卵は子宮内膜に着床して、妊娠が成立します。


妊娠0週目は月経期間

妊娠0週は、生理開始日であってまだ妊娠するかどうかもわからない状態です。

日常となんら変わりのない日となります。

着床した段階で、妊娠していなかった過去3週間が妊娠期間としてカウントされるのです。

妊娠検査薬に反応はない

女性の体内では、妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモン分泌し急激に増えます。

妊娠検査薬は、尿中に含まれるhCGホルモンに反応して規定値よりも多く含まれると陽性反応があらわれます。

妊娠0週では、妊娠検査薬を使用してもまだお腹に赤ちゃんがいる訳ではないので、hGCホルモンも少なく反応しません

妊娠検査薬は、生理予定日から1週間経った妊娠5週目以降から検査することが可能です。


レントゲンや薬の影響を受けない

妊娠中にレントゲン検査や薬を服用すると、胎児に影響があると不安に感じる人もいるでしょう。

しかし必要以上に心配に思う必要はないです。

妊娠0週はまだ妊娠している状態ではないので、薬やレントゲン検査による影響はありません

妊娠4週以降の妊娠初期には、赤ちゃんにとって大事な器官や臓器、骨などが形成される大切な時期です。

この時期には、レントゲンや薬の影響を受けやすくなります。

産婦人科で妊娠していると診断されたあとは、自分の判断で市販薬の使用はせず、医師に相談してから診察・処方してもらうようにしましょう。

妊娠0週目で気を付けたいこと


この時期はまだ妊娠している状態ではないものの、妊娠週の基準となるのでとても大切な時期です。

妊娠を望んでいる人が、とくに気をつけておくべきことを紹介します。

生理の開始日を記録する

生理の開始日を基準に出産予定日を計算します。

産婦人科で必ずはじめに聞かれる質問なので、しっかりとメモしておきましょう。

もしわからない場合でも、専門の医師が診察すると受精卵の成長からだいたいの受精日はわかるので、安心してください。

風疹の予防接種を受けよう

風疹は、妊娠中とくに妊娠初期にかかるととても危険です。

母体から胎児に風疹ウィルスが感染し、「先天性風疹症候群」となりさまざまなリスクがあります。

風疹の予防接種は、妊娠してからでは受けることができません。

今まで風疹の予防接種を受けたことがない人は、早めに受けることをオススメします。

また以前に受けたことのある人でも抗体がなくなっている場合もあります。

不安な場合は、医療機関で抗体検査をするといいでしょう。

もし妊娠してから風疹の抗体がないことに気づいたら、できるだけ感染しないよう、家族に予防接種を受けてもらうなど予防策を取りましょう。

オススメの過ごし方


妊娠0週はまだ妊娠前ですが、妊娠するために身体は準備中です。

卵子と精子がいい状態だと、胎児にもいい影響があります。

卵子のもととなる細胞が成長するのに、約90日かかります。

原始卵胞から排卵まで成長するのには、なんと5ヶ月以上も。

妊娠を望んでいる場合、日頃から生活習慣を整える必要があります。
オススメの過ごし方を紹介します。

食生活や生活習慣を見なおす

妊娠を望んでいる人は、この時期から食生活や生活習慣を見直しましょう。

ストレスや不規則な生活はホルモンバランスが乱れ、妊娠しにくい身体になる可能性があります。

バランスのとれた食事をとり、規則正しい生活を送るように意識しましょう。

すべてを急に変えていくのは難しいかもしれませんが、少しずつ自分のできること始めていきましょう。

身体を冷やさない

妊娠0週は妊娠するかもわからない時期ですが、子宮では着々と妊娠の準備が始まっています。

冷えは万病のもととも言いますが、冷えることによって血流が悪くなり、子宮や卵巣に十分血液を届けられなくなると機能が低下します。

そうなると排卵がなかったり、着床しにくい身体になる可能性があるのです。

冷え知らずの身体を目指して、下半身を中心に温め、できるだけ身体を冷やさないよう努力しましょう。

葉酸を摂取しよう

葉酸とはビタミンB群の一種で、妊娠初期の期間に積極的にとるよう、厚生労働省からすすめられている栄養素です。

妊娠を希望している人ならば、聞いたことがあるかもしれませんが、葉酸には生まれてくる赤ちゃんが先天性障害になるリスクを下げる効果があることが研究でわかっています。

また妊娠前から子宮内の環境を整えるためにも葉酸が必要です。

しかし葉酸は熱に弱く水に溶けやすいことから、食事からうまく吸収しづらい栄養素です。

葉酸サプリメントなどをうまく活用して摂取するといいでしょう。

葉酸について詳しく知りたい方は「妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?妊娠中に摂取すべき理由まとめ」の記事をご覧ください。

参照:厚生労働省「神経管閉塞障害の発症リスク軽減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の促進について」


今できることを楽しもう


妊娠し、出産するとノンストップで育児が始まります。

かわいい赤ちゃんとの生活も楽しみですが、今しかできないこともたくさんあります。

赤ちゃんを迎えるための体づくりをしたり、趣味や自分の時間を有意義に過ごし、赤ちゃんが来るまでの時間を楽しみましょう。

まずはマタニティ雑誌で妊娠・出産の知識をつけよう↓

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...