【医師監修】「妊娠10週」つわりは終わる?胎児の大きさは?下腹部痛やおりものは?

妊娠10週は妊娠3ヶ月の3週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠10週目のママの変化

流産しやすいと言われる「妊娠9週目の壁」を超え、ホッとひと安心の人も多いはず。
お腹の大きさはまだ目立ちませんが、人によっては下腹部の膨らみを感じることもあり、ママになったという実感と嬉しさが沸いてくる楽しい時期でもあります。

一方でつわりがおさまらない人や、腰痛、むくみなどに悩まされる人も多く、まだまだ油断は禁物です。

体調の変化

  • つわりがひどくなる、もしくは山場をこえてラクになる
  • 下腹部痛、腰痛、股関節痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 胸のはり
  • むくみの悪化
  • 血管の浮き
  • 色素沈着(しみ、そばかす以外に、乳首、外陰部など)

気分の変化

  • エコー写真の様子、母子手帳の受給、出産予定日の確定など、ママになったことをより実感
  • つわりがピークの人は体調不良によるイライラ、不安感
  • つわりのヤマを抜けた人は精神的にとても楽になる

妊娠10週目の赤ちゃんの変化

この頃の赤ちゃんは、いっきにヒトの形になっていきます。
エコー画像を確認して感動する人もいることでしょう。
具体的な変化は次のようになります。

「胎芽」から「胎児」へ“ヒト”デビュー!

いままで胎芽という小さなかたまりのように見えていた赤ちゃんが、胎児と呼ばれる状態にぐんぐん成長していきます。
見た目も2頭身から3頭身へと変化し、ヒトになっていく様子がわかります。

平均的な赤ちゃんの大きさは3~5cmくらい

10週目の赤ちゃんの平均的な大きさは3~5cm、重さにして5~12gです。
体型が3頭身になってくるため、実際の大きさ以上に存在感が増す時期でもあります。

神経系統が発達し手足がしっかり動くように

この時期の赤ちゃんは神経系統が発達してきます。
そのため、いままでよりしっかりと手足を動かせるようになります。

ただし、まだ胎動が小さいため、胎動として実感することはできません。

心音もハッキリ聞こえます

心臓がほぼ完成形に近い状態になり、心拍も今まで以上にはっきり確認することができます。

1分間の心拍数は、平均的な赤ちゃんで170回前後にも及びます。

あと1ヶ月ほど経つと「ドップラー聴診器」を用意すれば、ご家庭でも赤ちゃんの心音を確認することができます。
胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ Angelsounds JPD-100S mini (ピンク)

骨格がしっかりし、歯や髪もできてくる

軟骨状態だった骨が成長し、まっすぐの姿勢を保てるようになります。

歯や髪、爪、まぶたもどんどん発達。日を追うごとに人間らしい見た目になっていきます。

性別ごとの成長がはじまります

10週目になった赤ちゃんは、性別にそった成長をスタートさせます。
男の子なら睾丸が、女の子なら膣が作られていきます。

ただしエコーで性別が確認できるほどの成長ではありません。
楽しみはもう少し先にとっておきましょう。

妊娠10週目のマイナートラブル

まだまだ不安定さの残る妊娠10週目。
どんなマイナートラブルがあるのでしょうか。

つわり

個人差がありますが、10週目はつわりがピークという人が多いようです。
つわりの原因は、hCGホルモンの影響によるものと言われています。

症状にもやたら眠い、においに敏感になる、おなかがすくと気持ち悪くなる、など個人差があります。

つわりについて詳しく知りたい人はこちら↓

下腹部痛、腰痛、股関節痛

どんどん大きくなる赤ちゃんを子宮のなかにかかえるために「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンには関節を緩めるはたらきがあるため、体をささえる力が弱まります。

そのため腹部に負担がかかり、下腹部痛、腰痛、股関節痛といった痛みの症状が出やすくなります。

便秘・下痢

この時期活発に分泌される女性ホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」のはたらきにより、腸の蠕動運動が低下。
赤ちゃんの成長で腹部が圧迫されることとあわせ、便秘になるママが多くなります。

人によってはつわりで食べられず、栄養バランスがかたより、逆に下痢になることもあります。

むくみ、血管の浮き

妊娠10週目は、血液がどんどん作られる時期。
32週目までに、妊娠前より40%から50%の血液が増えます。
これは子宮や胎盤に血液を供給するために必要なことです。

急激に増える血液によって血管が押し広げられ、血管が浮いたり、足がむくんだりします。
この時期分泌がすすむ「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンのはたらきによっても水分が保持されやすくなり、ますますむくみやすくなります。

胸の張り

黄体ホルモンのはたらきにより、胸が大きくなってきます。
人によっては胸のはりで痛みを感じることもあります。

色素沈着

黄体ホルモンとは別に、妊娠中に分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」には、メラニン色素を刺激する作用があります。
このはたらきにより、シミ、そばかす、アザが目立つだけでなく、乳首、外陰部などの黒ずみがひどくなる人もでてきます。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分