【医師監修】「妊娠11週」お腹は大きくなる?出血は?腹痛や腰痛はある?

妊娠11週目は妊娠3ヶ月最後の週です。

個人差はありますが、つわりのピークを迎えるママが多いいっぽう、つわりが終わるママもいます。
また、ホルモンの影響を受け、ママの心身ともに変化が起こります。

妊娠11週目のママと赤ちゃんの変化や、出血や腹痛があるときはどうしたらいいのかなど、この時期に気をつけたほうがよいことをまとめてご紹介します。

妊娠11週目のママの変化について

妊娠11週目はママの体調に、どのような変化があるのでしょうか。

つわりの具合やメンタル面に変化も

妊娠11週目では、つわりがピークになるか、人によっては落ち着いてくる人もいます。
つわりがつらいときは、食べられるものを食べましょう。

つわりが軽くなると、いつも以上に食欲がわいてくることも。

妊娠高血圧や、妊娠糖尿病などに気を付けて、食べ過ぎにならないようバランスのよい食事をとりましょう。


つわりの原因はホルモンバランスの影響やアレルギー反応など、いくつかの説があります。

また、妊娠中のホルモンバランスの変化はメンタルにも影響を及ぼします
気持ちがブルーになる、ささいなことでイライラするなど不安定になるケースも。

あまり深刻にならずにゆったりとした気持ちで過ごすとよいでしょう。

お腹やバストに変化が

この時期、お腹の大きさはまだ小さいようです。
体型はあまり変わらなくても、下腹部や胸がつっぱるような感覚があるママもいます。

子宮の大きさの変化や子宮の収縮が影響しているようです。
服などであまりを締め付けないほうがよいでしょう。

胸が張るのは黄体ホルモンの分泌される量が増え、乳腺が発達することが原因といわれています。

サイズにゆとりがあるハーフトップやマタニティブラをつけると痛みが軽減する場合があります。
寝るときには横向きになるのも、対策のひとつです。

また、妊娠11週目頃には以下の変化が起こることがあります。

  1. 乳首が黒ずむ
  2. 正中線が目立ってくる
  3. お腹の毛が目立ってくる

黄体ホルモン(プロゲステロン)や卵胞ホルモン(エストロゲン)が皮ふや体毛に影響するようです。

対処法はありませんが、産後は少しずつに元に戻りることがほとんどです。

妊娠11週目の赤ちゃんの変化

妊娠11週目の赤ちゃんは胎芽から胎児へ「ヒト」として成長し、胎内で動きはじめます。
赤ちゃんの変化をみていきましょう。

ママのお腹の中でおこっていること

妊娠11週目の子宮は、握りこぶしくらいの大きさです。
胎盤ができあがりに近づいてきます。

はじめは「卵黄のう」から、赤ちゃんへ栄養が送られていました。
「卵黄のう」は受精卵から作られる小さな袋のようなものです。
胎盤がつくられ、だんだんと「絨毛(じゅうもう)」から赤ちゃんへ栄養が運ばれます。

赤ちゃんの成長について

赤ちゃんの身体は3頭身に成長しています。

妊娠11週目の赤ちゃんはおよそ5~9cm

赤ちゃんは5~9cmの大きさになり、体重は20~30gでイチゴくらいの重さです。
この頃に赤ちゃんの大きさを測定した結果で、出産予定日が修正されることもあります。

内臓ができ、尿を出す

妊娠11週目は赤ちゃんの内臓は土台ができあがり、肝臓や腎臓、胃が働きはじめます。
赤ちゃんは羊水を飲んで尿を出すサイクルを、繰り返しおこないます。
妊娠11週の終わり頃までが赤ちゃんの「器官形成期」です。

赤ちゃんの身体は3頭身へ

妊娠11週目で赤ちゃんの身体は3頭身になり、お尻にあったしっぽがなくなります。
しっぽは尾骨の延長といわれています。

皮ふの階層や手足の指、爪が作られはじめます。
赤ちゃんの性別はまだわかりませんが、男女それぞれの生殖器が形成されます。

歯や唇、まぶたといったパーツができ、顔がはっきりしてくるのもこのころです。

妊娠11週目のエコー写真はどう見える?心音は?

妊娠11週目のエコー写真は、発達した赤ちゃんの背骨や手足が見えるようです。

ママのお腹の中で身体を動かし、脚を交互に動かし歩くようなしぐさを見せることも。
このしぐさを原子反射といい、反射行動のひとつです。

エコー検査では赤ちゃんの心拍がしっかり見えることが多いようですが、心音は聞きとれないケースもあります。

妊娠11週にできる出生前診断

妊娠11週に受けられる出生前診断は以下です。

胎児超音波スクリーニング(NT)

胎児超音波スクリーニング(NT)は、ダウン症などの染色体異常や心臓病の確率を調べます。

超音波を使用して、赤ちゃんの頸部浮腫(けいぶふしゅ)というむくみががあるかをみる検査です。
調べる場所は、赤ちゃんの首の後ろです。
むくみの厚さによってダウン症などの染色体異常や心臓病の確率がわかります。

とはいえ、赤ちゃんのむくみは、その後の再検査で正常な厚さに戻るケースもあるようです。

新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断(NIPT)は母体血胎児染色体検査ともいいます。
ママの血液の中から胎児のDNAを採取して、ダウン症の確率を調べます。
21トリソミー症候群、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群を検出します。

絨毛検査

絨毛検査は胎盤の絨毛を採取して、染色体異常を調べます。
検査をおこなうことで、早産や流産のリスクが0.3~0.5%あるといわれています。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分