【助産師が教える】帝王切開で出産したママたちへのメッセージ

自然分娩だろうと帝王切開だろうと、赤ちゃんが元気に生まれてくることがなにより大切だと誰もが知っています。

でも帝王切開で出産したママのなかには、「ママの気持ちが置いてけぼり」になっていることがあるのではないでしょうか。

帝王切開の割合や歴史、帝王切開で出産したママの気持ちなど、帝王切開で出産したすべてのママに伝えたいメッセージをまとめました。

帝王切開 の背景

近年、帝王切開が増えている理由はなんでしょうか。

帝王切開が増加している理由

下記のグラフを見ると、帝王切開で出産する人は、一般病院で全体の20~25%、一般診療所では10~15%(2008年)。

1984年にはどちらも5~10%しかありませんでした。
帝王切開による出産は珍しいことではなくなってきています

不妊治療による多胎の増加や出産年齢の高齢化だけではなく、帝王切開自体が安全になってきたため選択されやすくなったことなどが、帝王切開が増加している背景です。

参照・画像引用:「ママのための帝王切開の本」p3より 竹内正人ら著 中央法規

逆子と帝王切開

逆子の場合は、多くが帝王切開をすすめられます。
逆子は必ず帝王切開にしなくてはいけないというわけではありませんが、多くの医師が安全のために帝王切開を選択します

では、昔の逆子はどのように生まれていたのでしょうか。

戦前の日本では、逆子でも助産師による自宅出産で生まれていたそうです(もちろん医師の立会いなし)。

ご高齢の助産師さんに尋ねたところ、「逆子の出産介助の実技試験もあってね。逆子でもちゃんとつるんと生まれてきたよ」とお話しくださりびっくりしました。

帝王切開になる理由も時代とともに変わってきているようです。