【医師監修】「妊娠15週」お腹の大きさは?腹痛や出血は?体重って増加する?

妊娠15週目は、妊娠4ヶ月の最後の週です。
あと1週間で「安定期」とよばれる時期に入ります。

個人差はありますが、安定期はつわりや流産のリスクが少なくなるママが増えます。
そのため、妊娠15週は、妊娠の分岐点といわれることもあるようです。

とはいえ、安定期を目前に新たな悩みや体調の変化も出てきたりと、心配ごとを抱えているママも多いようです。

また、出生前診断のひとつである羊水検査ができるのも、妊娠15週からです。

ここでは、妊娠15週ならではの気になる症状や身体の変化、赤ちゃんの様子などについて解説します。

妊娠15週目のお腹の大きさ

妊娠15週のママの子宮は、グレープフルーツくらいの大きさです。

妊娠15週を過ぎると、赤ちゃんはどんどん大きくなります。
個人差がありますが、ママのお腹のふくらみは服の上からわかることもあるようです。

衣服によるお腹の締め付けを避けるために、マタニティウエアやマタニティブラなどを揃えましょう。

妊娠15週目の体重の増加は?

妊娠15週目は、赤ちゃんも子宮もこれから急激に大きくなる前の段階で、体重の増加量は、妊娠前と比べてまだ2kg未満くらいのようです。

妊娠15週以降の1週間あたりの増加量は、0.3~0.5kgほどが目安です。

妊娠15週目で体重が妊娠前より5kg以上増加している妊婦の場合は、このままのペースで体重が増え続けると、妊娠高血圧症などのトラブルが起きる可能性が高くなるので注意が必要です。

つわりで体重が妊娠前より低下している場合は、母体の脂肪が落ちていると考えられます。
妊婦検診で赤ちゃんが順調に育っていれば、問題はありません。

食欲が増す時期!? 体重の増えすぎに要注意

妊娠15週目の子宮の中では、胎盤が完成するようです。

胎盤が完成すると、赤ちゃんへの酸素や栄養を運ぶ役目を胎盤が担うため、ホルモンの変動が少なくなります。
それに伴って吐き気などのつわり症状が少なくなり気分が安定するママも増えるでしょう。

つわりがある時期は、吐き気によって食欲がなくなるため体重の増加が抑えられていました。
つわりの軽快とともに、食欲が増して食べ過ぎてしまうケースが多くみられます。

母体に脂肪がつきすぎると産道にも脂肪がつき狭くなるため、出産時の負担になる場合があるようです。

1週間に1回は体重を測ってみるなどして、体重管理を意識しましょう。

実際のお腹の画像

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 15週目の体重
    49.9kg
  • 妊娠前からの増加体重
    1.4kg
  • コメント
    体調最悪で…ツワリピークの時と同じくらいしんどい。

  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 15週目の体重
    49.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    800g
  • コメント
    唾の出る量が少なくなりだいぶ楽になったが、夜は唾の量が増えるのでなかなか寝付けません。

  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 15週目の体重
    45.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -1.7kg

  • お名前
    Malikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 15週目の体重
    43.2kg
  • 妊娠前からの増加体重
    200g

  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 15週目の体重
    47.6kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -7.2kg
  • コメント
    つわりの影響で体重減。

実際のお腹の画像

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠15週の赤ちゃんの大きさや成長は?

妊娠15週の胎児は、ほんの小さな受精卵だったころからみると、ずいぶん人間らしく成長しています。

ここでは、妊娠15週の赤ちゃんがどのくらい成長しているかについて、紹介します。

赤ちゃんの大きさと形

妊娠15週の赤ちゃんの身長は約15ⅽm、体重は40~100gです。

児頭大横径(たいじじとうだいおうけい)は、約25mm~35mmです。
児頭大横径とは赤ちゃんの頭部を計ったもので、最も広い幅の長さです。

大きさは個人差があります、経過が順調であれば心配はいりません。

妊娠15週の赤ちゃんは身体の骨や筋肉が目覚ましく成長して、身体の細部まで形ができあがります。
妊婦検診のエコー検査で、背骨が1本1本できているのがわかることもあるようです。

赤ちゃんの皮膚や産毛の様子

透き通っていた胎児の皮膚は不透明になり、皮膚に厚みが出てくるようです。
胎児の身体には産毛、頭には髪の毛がはえてきます。

吸啜反射・探索反射・嚥下反射が上手になる

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)は、赤ちゃんが自分の親指に吸い付く反射です。
赤ちゃんは、指をなめるだけではなく、チュパチュパとしっかり指に吸い付きます。

探索反射(たんさくはんしゃ)は、赤ちゃんが自分の唇に何かが触れたときに、その方向を向く反射です。
産まれてきた赤ちゃんが、お母さんの乳首を探す反応もこの探索反射のひとつです。

嚥下反射(えんげはんしゃ)は、飲み込む反射です。
赤ちゃんはお腹の中で、羊水を飲んでおしっことして排出します。

気になる赤ちゃんの性別は?

赤ちゃんの性別は、精子と卵子が受精したときから決まっています。
しかし、男の子の身体は、はじめは女の子の形に見えているようです。

男の子の場合、妊娠12週頃に精巣がつくられ、精巣から男性ホルモンが分泌されることにより、赤ちゃんの性器が男の子らしく変化します。

妊娠15週は、妊婦検診で身体の外から性別を確認することはほとんどできません。
一般的に性別がわかる時期は、早くても妊娠18~20週で、30週に入ってからわかることもあります。