リラックスできると話題のアロマ分娩とは?芥川バースクリニックの芥川先生にインタビュー!

お産を迎えて緊張したり激しい陣痛で動揺することが、心配な方もいるのではないでしょうか。

リラックスしてお産に臨みたい
陣痛の痛みに耐えられるか不安…

といった悩みを抱えている方もいます。

お産はさまざまな方法があり、アロマ分娩や和痛分娩といった、緊張や痛みを軽くする方法も存在します。

そこで今回は、芥川バースクリニックの芥川修先生に、アロマ分娩和痛分娩についてお聞きしました。

また、里帰り出産や出産後のお祝いサービス、妊婦さんが前向きになれる取り組みについても紹介します。


芥川バースクリニック 芥川修院長

アロマを活用した分娩でスムーズなお産

ーーー芥川バースクリニックではさまざまなお産の方法を用意しています。
そのなかでも「アロマ分娩」は珍しいものだと思いますが、アロマを使ったサービスを考えられたのはなぜですか。

妊婦さんはお産に対して、それぞれに希望するスタイルを持っています。
なるべく希望に近いお産を実現して妊婦さんの満足度を高めるため、アロマ分娩を導入しました。

アロマ分娩は、うまくいけば陣痛を促進してお産の進行もスムーズにします。
リラックスすることで陣痛の痛みを和らげ、妊婦さんの緊張や不安を軽くできるのです。

アロマの香りで癒されるという効果もあるでしょう。

アロマ分娩とは…
アロマセラピーを取り入れた分娩方法。
芥川バースクリニックでは、妊娠後期にアロマセラピストによるカウンセリングを受け、好みや体調に合わせてアロマオイルを調合して分娩時に使用します。

また、妊娠線予防のマッサージオイルについてアロマセラピー講座をおこなったり、産前産後のアロマトリートメントもやっています。

そのためアロマセラピーができるスタッフが在籍していることも、アロマ分娩ができる理由のひとつです。

当院では医師や助産師、アロマセラピストもプロ意識の高いスタッフが集まっています。
妊婦さんのためになにができるかを、みんなで考えて満足度向上に努めているのです。

ーーーアロマ分娩はどのような手順でおこなわれるのでしょうか。

妊娠後期におこなうカウンセリングで、一人ひとりに合わせた香りをブレンドします。

ブレンドにはオキシトシンの分泌を促し子宮収縮を促進する香りや、緊張・痛みを緩和する効果が期待できる香りを使用します。

お産のときにはアロマを芳香し、痛み逃しのマッサージなどをおこないながら陣痛を促進していきます。

効果に個人差がありますが、スムーズにお産が進むことも多くみられます。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...