【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠16週は妊娠5ヶ月の1週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょう。

妊娠16週目のママの様子

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠16週目から、いよいよ妊娠中期のスタートです。

安定期へ

妊娠16週は妊娠5ヶ月の1週目に入り、体調が大分落ち着いてくる時期です。
一般的には『安定期』と呼ばれ、周囲への報告を済ませたママが多くなります。
読者のみなさんのなかには、安定期に入ったらやりたいこと、楽しみたかったことを心待ちにしていた方がいるのではないでしょうか。

16週目以降は流産の可能性が低くなりますが、無理は禁物です。
心と身体を休めながら穏やかな時間を過ごしましょう。

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠中の流産について の記事一覧

流産はどんなものがあるのか、種類や症状、予防について紹介しています。

 

お腹が大きくなってくる

妊娠16週目あたりから子宮が大きく広がり始めるため、少しずつお腹の大きさが目立ってきます。
これまで大きめサイズの服を着て問題無かったという方も、お腹の締め付け等に注意して、マタニティ用の衣類を着用しましょう

乳房が張ってくる

締付け感の少ないマタニティ用の下着に替えることをお勧めします。
妊娠中、授乳中は通常時よりも1~2サイズ程大きくなります。
個人差はありますが、締付けがストレスにならないように付け心地の良い物を選びましょう。

胎動は感じられるの?

妊娠16週目になると、胎動を感じることがあるかもしれません。

多くの人は胎動に気付かない時期ではありますが、赤ちゃんの動きが活発になるため、早い人は胎動を感じることも。
妊娠21週目くらいまでに胎動を感じはじめるケースが多いようですが、個人差があるので焦る必要はありません。

初めての胎動は、ママが寝ているときに感じられることが多いようです。
赤ちゃんの存在がより身近に感じられることでしょう。

実際のお腹の画像

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 16週目の体重
    49.9Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    1.4Kg
  • 体調最悪でツワリピークの時と同じくらいしんどい…
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 16週目の体重
    49.5Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    1Kg
  • コメント
    胎動かな?って思う時が多々あります。
    周りから妊娠してると気付かれることが増えました。
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
  • お名前
    Malikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43Kg
  • 16週目の体重
    45.4Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    2.4Kg
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8Kg
  • 16週目の体重
    48Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -6.8Kg
  • コメント
    つわりの影響で体重減…

fujikoママはつわりの症状がひどいケースです。
食事をとることができず体重が最大7.6kg減り、安定期入るまでほぼ寝たきり生活でした。
動くのは点滴を受けに通院する時くらい、というものでした。
妊娠41週で誘発分娩が決定し、無事に健康なお子さんを出産しました。

お腹の大きさや体重の変化は人それぞれです。
つわりで体重が減ることもあれば、影響を受けないママもいます。

推奨体重を知りたい方は、こちらの「妊娠中の体重管理」をご覧ください。

<赤ちゃんの部屋編集部より>
妊娠線の予防はお早めに!

妊娠線は、お腹が大きくなるとともに肌が引き伸ばされ、コラーゲンの層が耐えられなくなり亀裂が生じた状態です。

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

最初は濃い赤紫色で、出産後は少しずつ白くなっていきます。
しかし、妊娠線は一度できると完全には消えず、白い線やたるみとして一生残ってしまうこともあるのです。

妊娠線を未然に防ぐために、お腹が大きくなり始めた頃からケアをはじめましょう。

妊娠線を予防するには「保湿」と「血行促進」が大切!

妊娠線を予防するには以下の2つが大切です。

  • 肌のうるおいを保つ保湿ケア
  • 血行をよくするマッサージを行う

亀裂を防ぐためには、肌の乾燥を防ぎ、血行促進によって肌の弾力・やわらかさをキープする事が大切。

つまり、妊娠線クリームをたっぷりつけてマッサージすると効果的というわけです。

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠16週目の赤ちゃんの様子

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

この時期の赤ちゃんは3頭身の人間らしい形になります。

胎児の体重は?

胎児は平均的に身長15~16cm、体重60~120g程へ成長します。
発育には個人差が出てきます。

妊婦検診のエコー検査では、人間らしく、3頭身になった赤ちゃんの姿が見られます。
エコー写真で見ると、手足もはっきりしてきます。

エコーの角度によっては性別がわかることもありますが、
この時期に性別がわかることはそれ程多くはありません。

胎盤が完成

胎盤が完成し、つわりの症状が落ち着いてくるころ頃です。
母体の栄養が胎盤を通じて赤ちゃんに届くようになります。
バランスの良い食事を心掛けましょう。

ママの声を聞こえるようになる

妊娠16週目頃から聴覚が作られ始め、赤ちゃんの耳が聞こえるようになります
最初に聞こえるのは、ママの心音や血液の流れる音です。

さらに発達してくるとママが料理をしている音や、パパとママが話している声も届くことも。
羊水を通しているので、はっきりとではなく、こもったような聞こえ方のようです。

胎教としてママが赤ちゃんに話しかけたり、お腹をなでることもよいでしょう。
胎教はママが精神的に安定した状態で赤ちゃんによい影響えを与えることです。

赤ちゃんにママの声をたくさん聞かせて、母子ともにリラックス出来るように心掛けましょう。


関節が完成する

妊娠15週までに手首や足首、膝などの大きな関節が出来ていました。
妊娠16週以降になると、指のように細いものを含め、全ての関節が作られます
エコー写真にも、指を曲げている様子が写ることがあります。

関節と同時に、筋肉も一緒に成長するため、赤ちゃんの動きが徐々にスムーズになり、手足が活発に動き始めます。
 

赤ちゃんの記憶ができてくる

妊娠16週目になると、脳の発達により、赤ちゃんが記憶を持つようになります。
まだまだ鮮明な記憶ではありませんが、ママの気持ちやストレスが赤ちゃんに届き、不快感を覚えるといわれています。

赤ちゃんのためにも、ママは大きなストレスを抱えないようにしましょう

妊娠16週目のマイナートラブル

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠16週目からの気になるマイナートラブルは、どのようなことが起こるのでしょうか。

おりものの色に注意

妊娠16週以降、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が続き、エストロゲンの分泌と相まってホルモンの作用は一層強まります。

そのため、おりものの量が増える人が多くなります。
体調の変化や、感染症のトラブルサインがおりものに現れることも。

そこで、おりものの色をチェックしましょう。
おりものの色が白やクリーム色であれば問題ありませんが、血が混ざっていたり、異臭がしたりする場合は医師に相談しましょう

通気性のよい下着や、おりもの用のナプキンを使用して、清潔な状態を保ち、膣炎にならないように気をつけましょう。

お腹の張り、下腹部痛、腰痛

妊娠16週になると流産の可能性は1%程度と、とても低くなりますが、無理は禁物です。
無理をして動きすぎたり、お腹を冷やしたりしないようにしましょう。

長時間同じ姿勢でいると、腰痛やお腹の張りの要因になることがあります。
こまめに休憩を取り、軽く身体を動かすとよいでしょう。

お腹の張りや下腹部痛、少量でも出血があった場合には速やかに安静にし、医師の指示を仰ぎましょう。

乳首に痛みを感じる

個人差はありますが、乳房や乳首が急にムズムズしたり、チクチクした痛みを感じる妊婦さんがいるようです。

これは母乳を作る準備に入り、乳腺の発達から起こる症状のようです。

乳頭から黄色っぽい分泌液が出てくることがありますが、母乳を作ろうとしている準備によるものなので心配はいりません。

ただし、妊娠中に発覚する乳がんもあります。
1年以内に乳がん検診を受けていない方で、乳房にしこり状のものを見つけたり、分泌物に血液が混ざっている場合には、すぐに乳腺外来を受診しましょう。

妊娠16週目で気を付けたいこと

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

なかなか自分では気付きにくい注意点があります。
妊娠16週目に知っておきたいママの身体の変化とは?

運動不足に要注意

この時期は「妊娠したから安静にしなくちゃ…」「つわりが辛い」「お腹がどんどん大きくなって動きづらい」などの理由で運動不足になりがちです。

妊娠中に身体を動かすことに、不安を感じる人はいるようです。
しかし、妊娠中の運動はさまざまなよい効果をもたらしてくれます。

出産に向けての体力強化や、カロリーを消費することができるので、体調管理や体重管理に役立ちます。
また、むくみや便秘、腰痛など等の不快症状の緩和も期待できます。

妊娠中の運動は、ウォーキングやスイミングの有酸素運動がよいとされています。
妊娠中におこなう有酸素運動は、お腹の赤ちゃんにもよい影響があるようです。
有酸素運動でより多くの酸素を取り込むことで、血液の流れがよくなり、血液中の酸素が増えて栄養が赤ちゃんに届きやすくなるためです。

妊娠16週目以降は、妊婦になんらかのトラブルがある場合を除いて、運動しても大丈夫といわれています。
医師に相談の上、運動を始めてみるとよいでしょう。

体重の増加

妊娠16週になると、胎盤の完成に伴ってつわりが軽減したり、便秘が解消されるなど、身体が楽になるのと同時に、精神的も安定した状態に戻ります。

つわりのときに食べられなかったものが美味しく感じられ、食事が楽しくなる時期なので、食べ過ぎには注意が必要です。

妊娠16週目までの体重増加の目安は+1.5~2.5kg程度です。

体重増加の目安は妊娠前時の体重や双子などの多胎妊娠、つわりの程度によってさまざまです。

妊娠中の肥満は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、難産になるリスクが上がります
しかし、体重がまったく増えないと低体重児になる心配がでてきます。

体重の急激な増加や増加がない場合は、医師や助産師へ相談してみましょう。

妊娠中の適正体重は妊娠前の体重で判断出来ます。

BMI [ 妊娠前の体重(kg) ÷ (身長(m) × 身長(m)) ]

  • 妊娠前に18.5未満だった人はやせ形:9~12kg増加が目安。
  • 妊娠前に18.5~25.0未満だった人は標準:7~12kg増加が目安。
  • 妊娠前に25.0をやや超える程度だった人は肥満型:5kg増加が目安。
  • BMIが25.0を著しく超えていた場合は医師や助産師に確認。

※いずれの場合も1週間に500g以上体重が増えないように注意しましょう。

妊娠16週〜摂取すべき栄養素は?

妊娠16週では次の栄養素を摂取がよいとされています。

  • カルシウム…胎児の歯や骨の発達に必要な栄養素
  • 鉄分…貧血予防
  • 食物繊維…便秘予防
  • 葉酸…貧血予防

葉酸はビタミンの一種で、妊婦の身体と赤ちゃんの発育に影響があります。

葉酸は妊娠初期(〜12週まで)には胎児の神経系や脳の発達に大切な役割を果たしているといわれています。
妊娠中期には、貧血や流産の防止、妊婦の免疫力を高める効果があるようです。

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は? 【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は? 【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?
【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠中に必須の「葉酸」 どんな成分?正しくとる方法は?

妊娠中の食べ物・栄養についてご紹介しています。
葉酸はどうして必要で、一日にどれくらいを摂ればいいのでしょうか。

妊娠16週のおすすめの過ごし方

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠16週目は安定期なこともあり、過ごしやすい時期です。
そこでおすすめの過ごし方をいくつかご紹介します。

横向きで寝ると楽

妊娠16週目はお腹も大きくなってくるので、横向きで寝るのがおすすめです。
左側を下にして横たわる姿勢がよいでしょう。
両足の間に長い抱き枕をはさみ、上の足と下の足を交差させると楽に寝られることが多いようです。
横向きで片ひざを少し曲げるシムスの体位もリラックスできる姿勢です。

妊娠中のうつぶせはお腹の上にのる体勢になるので、お腹に負担がかかります。

仰向けは背中や腰、腸、大動脈、大静脈に大きくなった子宮の重みがのしかかります。
大動脈は心臓から血液を全身に送り出し、大静脈は血液を心臓に送り返す働きを担っています。
妊娠中に仰向けの姿勢を続けると、腰痛や痔の悪化、消化不良、呼吸や血液の循環を妨げる、低血圧などの原因になることがあります。

合わない体勢で寝ると息苦しさを感じるケースもあるので、自分に合った楽な姿勢をみつけましょう。

適度な運動

体調が落ち着いているときは、適度な運動をしましょう。

天気のいい日には周りの景色や、空気を感じながらのウォーキングがオススメです。
気分転換やストレス発散、体重管理に効果があります。

「戌の日」に安産祈願しましょう

「戌(いぬ)」は、十二支の11番目にあたり、「戌の日」は12日に一度めぐってくる日のことで、1ヶ月に2~3回あります。

犬は、多産でお産が軽いといわれるため、犬のようなスムーズなお産ができるよう、妊婦と赤ちゃんもの無事を願って戌の日に安産祈願をおこなうようになったとされています。

昔から、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に安産祈願をする習わしがあります。

神社で腹帯(岩田帯)を妊婦さんのお腹に巻き、安産祈願をしてもらいます。
帯を使用することから、「帯祝い」と呼ぶこともあります。

安産祈願は多くの神社で行っており、戌の日に限らず毎日ご祈祷を受け付けている神社も多くあるようです。

事前に予約できる神社や、直接神社に出向いて受付をおこなうケースなど、祈祷する神社によってルールが異なります。
お近くの神社に前もって確認し、ついでに混雑状況を聞いておくとよいでしょう。

「戌の日」のお参りに着ていく服装は、普段着で大丈夫です。
「大安」や「休日」が重なる日程は混み合う可能性があります。
体調が落ち着いているタイミングで安産祈願をし、腹帯を装着するといいかもしれません。

ただし、このような昔からの慣習を守らなくても、安産にすることは可能です。
体調や仕事の状況などと相談して、無理がなければ行うくらいのつもりで大丈夫でしょう。

まとめ

【医師監修】「妊娠16週」胎動はある?お腹や赤ちゃんの大きさは?エコー写真は?

妊娠16週目のママと赤ちゃんの様子についていかがでしたでしょうか。

お腹の中でより活発に動くようになり、初めての胎動を感じられると、ママになったことへの実感がわきやすく、嬉しい気持ちになるという方は多いようです。

安定期に入り、体調がよい日が増えて動きやすくなり、つわりから解放されて食欲が出てきたりと、これまでとは違った妊娠期間を過ごせるようになります。

しかし切迫流産になるかもしれないというリスクはあります。
いつも、心と身体の状態に気をつけながら、無理をせず穏やかに過ごしましょう

診断テスト