妊娠発覚前の飲酒!妊娠初期のアルコール、赤ちゃんに影響はある?

妊娠超初期といわれる妊娠4週前は、、ほとんどの人が妊娠に気づいていません。

妊娠に気づかずに「飲酒してしまった…」という人もいるようです。

赤ちゃんに影響が出るのではないかと、心配しているママもいるでしょう。

妊娠に気づかずに飲んでしまったけど大丈夫?」「妊娠初期の飲酒は赤ちゃんにどんな影響があるのか知りたい
というママのために、妊娠中にアルコールを摂取した場合、胎児にどんな影響があるのか、注意点などをまとめました。

妊娠中の飲酒にはどんな影響があるの?

妊娠発覚前の飲酒!妊娠初期のアルコール、赤ちゃんに影響はある?
妊娠中は母体から、へその緒や胎盤を通じて、栄養分や血液を送り届けています。

飲酒すると、アルコールが含まれた血液がそのまま、胎児へと送られてしまいます。

つまり妊婦さんの飲酒は、赤ちゃんの飲酒にもつながるのです。

胎児はまだ、肝臓の機能が未熟なため、アルコール分解能力がありません

体内にアルコール分がとどまり、影響を強く受けて、胎児の正常な発達が阻害されるといわれています。

妊娠中の飲酒は、流産や死産、胎児性アルコール症候群などの先天性疾患を引き起こす可能性があり危険です。

胎児性アルコール症候群とは?

アルコールの影響で、胎児の形成不全や奇形、発達の遅れを引き起こすことを「胎児性アルコール症候群(FAS)」といいます。

「胎児性アルコールスペクトラム障害」ともいわれます。

胎児性アルコール症候群のおもな症状

  • 胎児の発育の遅れ:低体重
  • 中枢神経系障害:ADHD(注意欠陥・多動性障害)・精神発達の遅れ
  • 赤ちゃんの容姿への影響:平らな顔面・目や鼻、耳が小さい・人中が浅い・小頭症・上唇が薄い

中枢神経障害が主体の不全型は「胎児性アルコール効果」といいます。

参照:サイト:厚生労働省「胎児性アルコール症候群」

どのくらいのアルコールで影響が出るの?

胎児性アルコール症候群は、1日に純アルコール摂取量が60ml以上だと、高頻度で発症するといわれています。

【アルコール量60mlってどのくらい?】

  • ビール:中瓶約2.5本(1,250ml)
  • 日本酒:約2合(400ml)
  • ウイスキー:ダブル2.5杯(150ml)
  • ワイン:グラス4杯(500ml)

ただし、これ以下の摂取量であれば大丈夫という、安全性は確認されていません。

一日のアルコール摂取量と胎児への影響の発生率
15ml以下 胎児への影響は少ないといわれています。
90ml以上 心奇形の発生率が高くなります。
120ml以上 胎児性アルコール症候群発生率が、30~50%に上がります。

参照:日本産婦人科医会「妊娠飲酒、喫煙と先天異常」

アルコール依存症の母親からは、胎児性アルコール症候群の子どもが生まれる可能性がさらに高くなります。

胎児性アルコール症候群の治療法はありませんが、アルコールを摂取しないことで100%防げます

妊娠中は、飲酒を控えることが大切です。

参照:厚生労働省「たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう」

妊娠時期別のアルコール摂取のリスク

妊娠発覚前の飲酒!妊娠初期のアルコール、赤ちゃんに影響はある?
アルコールは、妊娠全期間を通して、胎児に影響が出る可能性があります。

妊娠時期別にどんな影響が出るのか見ていきましょう。

妊娠時期 アルコールの影響リスク
妊娠超初期(妊娠0~4週) 妊娠の兆候はまだあらわれない時期です。
アルコールの影響は、はっきりわかっていません。
妊娠初期(妊娠4~15週) 赤ちゃんの器官形成期で、奇形などのリスクがあります。
妊娠中期(妊娠16~27週)~
後期(妊娠28~39週)
成長障害や中枢神経障害があらわれる時期です。

胎児に影響が出はじめるのは、胎盤が形成される妊娠初期からで、妊娠超初期はアルコールの影響は少ないといわれていました。

しかし、海外のの研究では、妊娠の時期に関係なく、細胞分裂や胎児の発達に影響する可能性が示されています。

これから生まれる赤ちゃんのためにも、妊活中の女性は妊娠する前から、禁酒したほうが安心でしょう。

参照:サイト:公益社団法人日本産婦人科医会「妊娠中の飲酒について」

妊娠はいつから?

生理がはじまった週が、妊娠0週です。

排卵・受精があり、着床するまでを0週から4週として、妊娠超初期といいます

この時期に妊娠の兆候はなく、妊娠に気づく人はほとんどいません。

妊娠4週目である、生理予定日を過ぎたあたりから、体調に変化があらわれはじめます。

妊娠検査薬で検査できるのが、妊娠5週以降です。

産婦人科の超音波検査で、心拍が確認できたら正式に妊娠が確定します。

妊娠に気づかずに飲酒してしまったら

妊娠発覚前の飲酒!妊娠初期のアルコール、赤ちゃんに影響はある?
妊娠超初期に妊娠に気づかず、お酒を飲んでしまったら不安になるかもしれません。

対処法はあるのでしょうか。

アルコールは1日で代謝されるので、妊娠がわかる前にビール1杯程度飲んだだけでは、そんなに心配することはないでしょう。

妊娠がわかったら、すぐに飲酒を控えて、健康的な生活を心がけることが第一です。

妊娠中の飲酒が、必ずしも流産や疾患を引き起こすわけではありません

気にしすぎて、ストレスにならないようにしてくださいね。

妊娠したけどお酒が飲みたいときは

妊娠中にお酒が飲みたいときは、市販のノンアルコール飲料なら安心して飲めるでしょう。

ノンアルコール飲料の中にも、1%未満のアルコールが含まれているものがありますのでしっかり確認してくださいね。

ほかにもある!妊娠中に控えたいもの

飲酒のほかにも、胎児に悪影響を及ぼす可能性のあるものを紹介します。

たばこ

たばこの煙には、ニコチン・一酸化炭素などの有害物質が数多く含まれています。

その影響で胎児は低酸素状態になり、発育障害などが引き起こされることもあるので妊娠中の喫煙は避けましょう。

【タバコが胎児に与える影響】

  • 発育障害
  • 早産
  • 前置胎盤
  • 常位胎盤早期剥離
  • 低体重

副流煙による受動喫煙の危険もあるので、妊娠中のママだけでなく、周りも禁煙に協力してもらうことも大切です。

参照:サイト:厚生労働省「最新たばこ情報~妊娠・出産への影響」

カフェイン

コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインが含まれているドリンクは、なるべく控えましょう。

胎児は自力でカフェインを排出できず、体内に溜まってしまいます。

体内に高濃度のカフェインが溜まることで、発達が遅れたり、流産や早産などのリスクが高まるのです。

飲み物は、ノンカフェインドリンクに変えることをオススメします。

【妊娠中におすすめのノンカフェインドリンク】

  • タンポポコーヒー
  • ルイボスティー
  • 麦茶

薬の服用

妊娠初期の薬の服用には、注意が必要です。

器官形成している時期であれば、催奇性という、胎児の奇形が引き起こされる危険性があります。

服用するときは、産婦人科の先生に相談してください。

妊娠中でも服用できる薬を処方してくれるでしょう。

どの薬を服用しても赤ちゃんに影響を及ぼす、というわけではありませんので、あまり心配しすぎないでくださいね。

参照:サイト:日本産婦人科医会「妊婦の薬物服用」

赤ちゃんのために妊娠中の飲酒は控えましょう

妊娠発覚前の飲酒!妊娠初期のアルコール、赤ちゃんに影響はある?
妊娠中の飲酒について紹介しました。

妊娠中の飲酒は量や時期にかかわらず、胎児の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠がわかったら、早めに禁酒することが大事です。

お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠中はアルコールを摂取しないようにしてくださいね。

診断テスト