【妊娠1週】じつは妊娠しやすい時期?自覚症状は?

妊娠1週目は、妊娠0ヶ月にあたります。

この時期は、妊娠週数のカウントは始まっていますが、まだお腹の中に赤ちゃんはいません

しかし妊娠するためにはとても大切な時期です。

今回は、妊娠週数のカウントの仕方お腹の中で起こっていること過ごし方を紹介します。

妊娠週数っていつから数えるの?

妊娠週数の数え方は、受精後胎齢月経後胎齢があります。

受精後胎齢は受精初日を1日目とし、月経後胎齢は最終月経初日を1日目とします。

日本での妊娠週数の数え方は、後者の月経後胎齢です。

したがって最後の生理開始日が妊娠1日目(妊娠0週目)となります。

妊娠1週目はまだ妊娠している状態ではない

妊娠1週目は、最終生理開始日の翌週です。

じつは妊娠1週目の段階では、まだお腹に赤ちゃんはいません。

妊娠が成立するのはいつでしょうか?

生理周期が28日の人の場合、妊娠2週目に排卵が起こります。

卵巣から飛び出した卵子が、卵管の先端で捕らえられ卵管に進み、ここで精子と卵子がタイミングよく出会えれば「受精」の成功です。

受精卵は1週間ほどかけて細胞分裂をしながら、卵管から子宮へと向かい、妊娠3週目ごろに、受精卵はふかふかの子宮内膜に着床すれば妊娠が成立です。

妊娠1週のお腹の中で起こっていること

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

妊娠1週は生理が終わり、身体の調子がよくなるころです。

生理が終わると、卵巣ではエストロゲンが増加し始めます。

エストロゲンは、排卵にむけて卵子が入っている卵胞を成長させる働きをします。

妊娠1週の後半から妊娠2週にかけて、大きく育った卵子が卵管に飛び出て、排卵が起こります。

そのためこの時期は、赤ちゃんはお腹の中にまだいないですが、妊娠するために重要な時期であるといえるでしょう。

参照:サイト:基礎体温計測推進研究会「基礎体温を測ろう!」

妊娠初期症状はあらわれない

妊娠1週目は妊娠しているという自覚症状はありません。

まだ受精も着床もしていないので、つわりのような妊娠初期症状や、下腹部痛のような妊娠超初期症状も出ないのです。

妊娠超初期症状があらわれるのは、早くても着床が始まる妊娠3週目の後半以降でしょう。


妊娠検査薬は反応しない

妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが急激に増えます。

妊娠検査薬は、尿中に含まれるhCGホルモンに反応して、規定値よりも多く含まれると陽性反応となります。

妊娠1週目はまだ妊娠している状態ではないので、hCGホルモンは少なく妊娠検査薬の反応はありません

妊娠検査薬は、生理予定日から1週間経った妊娠5週目以降から検査することが可能です。


妊娠しやすい貴重な時期

妊娠1週は、妊娠の可能性が高くなる時期です。

生理周期が28日の人の場合、排卵日は妊娠1週の後半から妊娠2週はじめに起こります。
個人差はありますが、一般的に精子の寿命は2〜6日、卵子の寿命は24時間です。

受精しやすい時期としては、排卵日約3日前から排卵日約1日後に性交渉をおこなうと妊娠の確率が高まります。


基礎体温を測ろう

妊娠を望んでいる人は、日頃から基礎体温を測ることで、ある程度排卵日を予測することが可能です。

女性の体温は、ホルモン分泌によって低温期と高温期の2種類あります。

  • 低温期:月経から排卵まで
  • 高温期:排卵日以降

低温期から高温期に変化するタイミングが、排卵日または排卵したという目印になります。

排卵日は、毎日基礎体温を測ることで予想ができ、妊娠しやすいタイミングを把握することができます。

また着床して妊娠が成立すると、高温期が続きます。

高温期が続くことで、妊娠にいち早く気づくことができるので、基礎体温を測る習慣をつけておくといいでしょう。


妊娠できる確率は30〜50%

いくらタイミングがよくても、自然に妊娠する確率は29歳以下の女性の場合で、30〜50%程度です。

この確率は、26歳ごろをピークにゆるやかに下降していきます。

すべての人が妊娠できるわけではなく、他の日と比べて妊娠する確率が高い日といえます。

半年〜1年と長いスパンで、妊娠に備えるようにしましょう。

参照:サイト:ロート製薬「男性も女性も知っておくべき「妊活」の正しい知識」

妊娠1週目で気をつけたいこと

妊娠に気づかないこの時期だからこそ、気をつけたいことが薬の服用です。

妊娠1週目に気をつけたいことを紹介します。

レントゲンや薬の使用に注意する

妊娠1週目は、まだ妊娠している状態ではないので、レントゲンや薬を飲んでも影響はないといわれています。

妊娠4週以降の妊娠初期には、赤ちゃんの大切な器官や臓器、骨などの形成が始まるので、レントゲンや薬の影響を受けやすいので注意が必要です。

妊娠1週目のうちから、自分の判断で市販薬を使用せず、医師に相談してレントゲンや薬の処方をしてもらうと安心ですね。

葉酸をしっかり摂取する

葉酸は、妊活中から摂取することが望ましい栄養素の1つです。

妊活をしていると耳にすることも多くなってきた葉酸ですが、どのような役割があるのでしょうか。
葉酸には、生まれてくる赤ちゃんが胎児神経管閉鎖障害発症という先天性障害になるリスクを下げる働きがあることが研究でわかっています。

厚生労働省によると、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間に、1日0.4mg(400μg) の葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸はほうれん草などに多く含まれますが、食事から多く摂取することが難しい場合は、サプリメントなどを活用しましょう。

研究によると日本は、諸外国に比べ葉酸の重要性に対して意識が低い結果となっています。
生まれてくる赤ちゃんのためにも、積極的に摂取しましょう。

参照:サイト:日本産婦人科医会「葉酸摂取による胎児異常発生予防」


妊娠1週目のオススメの過ごし方

妊娠1週目はまだ妊娠している状態ではないものの、排卵に向けて卵子が急成長している大切な時期です。

妊娠してからの生活を考える上でもこの時期からやっておくとよいオススメの過ごし方を紹介します。

規則正しい生活習慣

自然妊娠の確率は29歳以下の女性でも半分以下と、妊娠自体が奇跡に近いです。

女性の体調によっても妊娠の確率は変化します。

妊娠のチャンスを最大限にいかすためにも、できるだけ万全の体調を保っておきたいもの。

普段から規則正しい生活を送り、健康で元気に過ごすことが大切です。

不規則な生活をしているとホルモンバランスが崩れ、妊娠しにくい身体になったり、不正出血の原因にもなります。

バランスのよい食事を取り、質のいい睡眠を取ることでホルモンバランスを整えましょう。

身体を冷やさない

妊娠しやすい身体を作るためにも、身体を冷やさないようにしましょう。

冷えることで、血流が悪くなり子宮や卵巣に十分に血液が届けられなくなります。

それによって排卵がなかったり、着床しにくい身体になります。

また妊娠中も冷えは大敵です。

冷えることにより、子宮収縮が起こりお腹が張ったり、むくみやすくなります。

さらには筋肉が硬く、血流も悪くなることから陣痛がうまく起こらず、出産に時間がかかる可能性もあります。

早い段階から冷えを取りのぞけるよう、身体を冷やさないようにしたり、軽く運動したり、湯船に使って身体を温めるようにしましょう。


妊娠に向けて身体を整えよう

妊娠1週目は、妊娠するチャンスに巡り会う可能性がある貴重な時期です。

いつ妊娠してもいいように、ストレスを溜めず、身体を冷やず、生活習慣を整えたりと日頃から準備しておくといいでしょう。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...