【医師監修】「妊娠21週」ママのお腹の大きさは?胎児の大きさや体重は?

妊娠21週は妊娠6ヶ月の2週目です。
出産予定日まで残り2週を切り、妊婦生活もちょうど半分のところまできました。

この時期の胎児は、筋肉の量も増え身体を大きく動かします。

そして、ママの身体にも新たな変化が出てくる頃です。

マイナートラブルが出てきたら早めに対応して、リラックスした気分で過ごしましょう。

妊娠21週目のママの変化


赤ちゃんは、ますます骨がしっかりしてきて筋肉も増えてきます。
それによってママもはっきりと胎動を感じるようになります。

寝たり起きたりのリズムができてくるので、決まった時間に胎動を感じることもあります。

つわりがひと段落したママは、頻度が増えてきた胎動に返事をする余裕もでてくるでしょう。

やさしくトントンとお腹に触れて合図をしたり、声をかけると赤ちゃんにも伝わります。

その他、目に見える変化も出てくる時期です。

体調の変化

具体的にはどのような変化が起こるのかをみていきましょう。

お腹がせりだす

お腹がグッとせりだし始め、目立つようになります。
それによって骨盤や腰椎が前方へ傾き、重心がズレて腰痛の症状が出てくるママもいます。

これは、重心がズレたままだと倒れてしまうので背中の筋肉が後方へと支えをとり、バランスを取っている「緊張状態」が続くことが原因で起こります。

そこで、姿勢に気を付けて過ごしたり、緊張した背中の筋肉がほぐれるよう温めたり、軽いストレッチをおこなうなどのケアをしていきましょう。

妊娠線ができる

お腹がせりだしてくると、腰痛だけでなく妊娠線が出てくることがあります。

妊娠線は、お腹の皮ふが伸び、皮下組織が切れてしまうことが原因でできます。
ケアをしないと出産後に痕が残るので、気になるママは早めに予防しましょう。

妊娠線ができにくい人は、皮ふの伸びがよいと考えられています。
しかし、妊娠中はホルモンの影響もあり、多くのママは肌が乾燥しやすい状態になっています。

妊娠線予防には、皮ふの伸びをよくするために保湿が重要です。

ベビー用品店やインターネットで、妊娠線専用のクリームが種類豊富に販売されています。
しかし、専用品にこだわる必要はありません

今まで使っていたボディーローションやボディーオイルが自分の体にあえば、それでよいでしょう。

ポイントは、保湿効果の高いものや、自然な成分でできているものを選びましょう。

高級なものを控えめに塗るより、出産までたっぷり塗り続けられるものがよいですね。

妊娠線は、太ももやお尻、胸にもできるので全身のケアが大切です


母乳のようなものが出る

乳首から、母乳のような分泌物が出てくることがあります。
これは、「初乳」と呼ばれるもので、おっぱいの準備が進んでいる証拠です。

早すぎるものでも、異常なものでもありませんので安心してください。
逆に、分泌物が出ないからといってこの時期に気にすることでもありません。

基本的には何もせず、そのままで問題ありません。

初乳よりも、乳首の形が陥没していたり、扁平(へんぺい)の場合は、赤ちゃんが吸いにくくなる可能性があるので、助産師さんに相談するとよいでしょう。

乳房のマッサージは、子宮収縮をともなう可能性があるため妊娠初期には控えなければなりません
しかし、妊娠中期の21週は、安定期とも呼ばれておりおっぱいのケアを始めてもよい時期とされています。

母乳は血液からつくられるので、乳房マッサージをおこなうことで血行が促進され、母乳の分泌をよくする効果が期待できます。

また、母乳が出やすくなる効果や、乳首が鍛えられることにより授乳中のトラブルを防げます。

まずは、乳首のお手入れから始め、本格的な乳房マッサージは妊娠後期になってからがよいでしょう。

お腹が張る

この頃の軽度のお腹の張りは、子宮の収縮による生理的な現象です。
子宮も、出産の準備が活発化してきているのです。

お腹の張りを感じたら、無理をせずに静かに過ごしましょう。
少し安静にしていると治まってくることが多いようです。

痛みが強い場合や、何度も痛くなる場合は、生理的な現象以外の原因が考えられるので、早めにかかりつけの婦人科で医師に相談しましょう。

気分の変化

安定期と呼ばれる時期に入り、つわりが落ち着いてくると穏やかな気分で過ごせます。
しかし、ホルモンバランスは整いません。

プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンは、もともと女性にあるホルモンですが、流産を未然に防ぎ、妊娠を安定して継続させるために、妊娠中は多く分泌されるようです。

赤ちゃんを守るために必要なことですが、プロゲステロンの分泌量が増えることで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とのバランスが崩れ、自律神経が乱れやすくなるようです。

イライラしたり、憂鬱になるなど、気分にムラができやすくなります。

マタニティブルーになる?

この時期、マタニティーブルーに似た気分の落ち込みを経験する妊婦さんが多くいます。

マタニティーブルーは、産後2週間程度の時期に現れる、生理的な抑うつ状態ですが、妊娠中から気分が落ち込みやすくなる人もいます。

上記のプロゲステロンをはじめとする、女性ホルモンが胎盤をつくるために活発化するので気分の落ち込みを引き起こす作用が強まるのです。

また、これまで体験したことのないような心身の変化に戸惑ってしまい、それを受け止められない状態が続くと、抑うつ状態につながります

赤ちゃんを授かった幸せな気分から一転、妊娠生活でのトラブルなどで精神的に不安定になってしまうのです。

このようなときは我慢して、ひとりで抱え込まないことが大切です。

  • パートナーや友人に不安な気持ちを話す
  • 身体を適度に動かして気分を晴らす
  • 病院に相談する
  • 我慢していた食事や飲み物を一時的に摂取してリラックスする

飲食に関しては、制限を守れば多少は口にできるものもあります。
体重管理のプレッシャーや、カフェインの制限などがストレスに感じているママは、一時的にそのプレッシャーから解放されると気分が変わるかもしれません。

ただし、タバコとお酒は絶対に摂取しないようにしましょう。

実際のお腹の画像

  • お名前

あみんママ

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5Kg

  • 21週目の体重

52.5Kg

  • 妊娠前からの増加体重

4kg

  • コメント

お腹が張る事も痛みもなく過ごせています。

  • お名前

あみんママ(2人目)

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5Kg

  • 21週目の体重

52.4Kg

  • 妊娠前からの増加体重

3.9Kg

  • コメント

最近疲れやすくなりました。

  • お名前

ちえママ

  • 身長

155cm

  • 妊娠前体重

47Kg

  • 21週目の体重

46.9Kg

  • 妊娠前からの増加体重

-100g

  • お名前

Marikoママ

  • 身長

153.5cm

  • 妊娠前体重

43Kg

  • 21週目の体重

47.3Kg

  • 妊娠前からの増加体重

4.3Kg

  • お名前

fujikoママ

  • 身長

158.5cm

  • 妊娠前体重

54.8Kg

  • 21週目の体重

49.2Kg

  • 妊娠前からの増加体重

-5.6Kg

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)


まりこママ

あみんママ