【妊娠24週】妊婦と胎児の状態は?腰痛や肩こりはどうすればいい?

妊娠24週は、妊娠7ヶ月の1週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠24週のママと赤ちゃんの様子や、この時期の過ごし方をまとめました。

妊娠24週目のママの変化

妊娠中期となる24週目のママのお腹はどんどん大きくなり、周りからも妊婦さんだとはっきりわかるようになります。

この時期の、ママの体調と気分の変化をみていきましょう。

体調の変化

妊娠24週の子宮底長は、22~26センチくらいです。

大静脈が子宮を圧迫し血流が悪くなるため子宮が重くなり、身体への負担も大きくなります。

お腹が大きくなってきて、仰向けで寝ることが苦しくなってくる時期です。

仰向けに寝ると急激に血圧が低下する「仰臥位低血圧症候群」を起こしてしまうこともありますので、注意してください。

横向きになるなど、ラクな寝姿勢をとって休みましょう。

シムスの体位でリラックス

シムスの体位とは、横向きの寝姿勢のことをいいます。
おなかの重みによる体の負担を軽くするのと同時に、胎盤とおなかの赤ちゃんに血液を、スムーズに送ることができるポーズです。
全身の力が抜けてリラックスできるので、寝つきがよくなります。

シムスの体位のやり方

  1. 心臓のある左側を下にして、横向きに寝ます。
  2. 左足を伸ばし、右足は軽く曲げます。
  3. お腹に負担が掛からない程度に、軽くうつ伏せになります。

おなかやひざの下に、クッションなどを挟むと寝やすくなります。
自分なりの、ラクな姿勢を見つけてくださいね。
昼間でも、疲れたなと感じたら、この姿勢を試してみましょう。

参照:和光堂「妊娠7ヶ月」

気分の変化

妊娠初期のツラいつわりなどもおさまり、安定期ともいわれる妊娠中期。
体調も安定しているので、心も落ち着いた状態でしょう。

お腹の赤ちゃんに話しかけたり、コミュニケーションを楽しむのもオススメです。

実際のお腹の画像

妊娠24週目のお腹の大きさを、先輩ママの画像で紹介しましょう。

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 24週目の体重
    54kg
  • 妊娠前からの増加体重
    5.5kg
  • お名前
    あみんママ2人目
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 24週目の体重
    53.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    4.9kg
  • コメント
    食べるとすぐに胃が気持ち悪くなる様になった。あまりたくさんの量や油っこい物が食べれません。
  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 24週目の体重
    48.2kg
  • 妊娠前からの増加体重
    1.2kg
  • お名前
    Marikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 24週目の体重
    48.2kg
  • 妊娠前からの増加体重
    5.2kg
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 24週目の体重
    50.5kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -4.3Kg
  • コメント
    坐骨神経痛?右側の足の付け根が痛い…

体重が増加している人もいれば、つわりが重かった人などはマイナスになっている人もいますね。
個人差が大きいのが妊娠なので、人よりお腹が小さい・大きいからと気にする必要はありません。

妊娠中お腹が大きくなる様子

どんなふうにお腹が大きくなっていくのか、気になりますよね。
妊娠初期からのお腹が大きくなる様子を、先輩ママの動画で紹介します。

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

さすがに三つ子のママは、月数の低い時期からおなかが大き目ですね。
こうして妊娠期を振り返ることができるので、記録用におなかの様子を写真に残すのもいいでしょう。

妊娠24週目の赤ちゃんの変化

妊娠24週目は妊娠安定期の後半に入り、赤ちゃんの胎動も感じられるでしょう。

外性器も発達し、性別が判別できるようになることもあります。

羊水の中でぐるぐる周っている赤ちゃん

この時期の赤ちゃんの動きは、とても活発です。
逆子になっていることもあります。
ですが、この時期の逆子はあまり心配ありません。

羊水の中でぐるぐる回っているので、自然に元の位置に戻っている赤ちゃんも多いのです。

平均的な赤ちゃんの大きさは250~350ミリくらい

妊娠24週目の胎児の平均的な大きさをご紹介します。

体長:250~350ミリ
体重:550~1,000グラム

皮膚は透明で、血管や骨が透けて見えるほどです。
月齢が進むにつれて、大人のような皮膚に近づいていきます。

胎児の成長には個人差があるので、胎児の成長が遅いことや早いことで心配する必要はありません。
あまり神経質にならずに、お腹の赤ちゃんの成長を見守りましょう。

五感も発達してきます

脳が発達し、触覚→聴覚→視覚→味覚→嗅覚の順番で五感も発達します。
触覚で手足を動かしながら、羊水の感触や温度などを感じることもできるでしょう。

この時期の赤ちゃんはお腹の中で、パパやママの声が聞こえているかもしれません。
聞こえてくる音や声に反応して、手足を動かしていることもあります。

音楽を聞かせたり、話しかけたりする胎教をはじめるのもいいでしょう。

生まれる前のことを覚えている「胎内記憶」がある赤ちゃんも、いるそうですよ!



妊娠24週目のマイナートラブル

妊娠24週目に多い、マイナートラブルについてまとめました。

体重が増加しやすい

妊娠中は体脂肪をためる体質なので、体重増加しやすい身体になっています。

1週間に500g以上、増えているようなら注意が必要です。

出産予定日までの体重増加は、BMIの値によって異なります。

BMIの計算方法
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

  • BMIが18.5未満:+9~12kg
  • BMIが18.5~25:+7~12kg
  • BMIが25以上:+5kgが目安(個人差あり)

妊娠前のBMI値を確認しておきましょう。

体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群などの病気のリスクや、出産リスクも高くなります。
バランスのよい食生活を心がけ、体重管理をしっかりしてください。

参照:厚生労働省「妊産婦のための食生活指針」

不快な症状に悩ませられる

ホルモンバランスが崩れやすいので、さまざまな不快症状があらわれることがあります。

むかつき・消化不良

「つわりの時期は過ぎたのに、胃がむかむかする…」
妊娠中期にもつわり症状のような、消化不良や胸焼けに悩まされる人もいるようです。

妊娠によるホルモンの増加で、胃腸の働きが弱くなることが原因で起こります。
便秘気味になってしまうことも…。

不快症状をやわらげる方法

  • 消化のよいものを食べる
  • 回数を分けて少量を食べる
  • 体重が増えすぎないように気をつける(太りすぎると胃が余計に圧迫される)
  • 刺激物は避ける
  • 食後、すぐに横にならない

肩こり・腰痛・頭痛

お腹が大きく重くなったことで、腰痛や肩こりに悩む方は多いでしょう。

痛みはつらいですが、市販薬はなるべく避けたいですよね。

対処法

  • 腹帯や骨盤ベルトを使うことで、腰への負担を和らげる
  • ストレッチやマッサージで、固まった筋肉をほぐす

重いものを持たない、なるべく冷やさないなど普段から気を使うことも大切です。

どうしてもツラくて我慢できないときは、病院で薬を処方してもらいましょう。

むくみ・尿漏れ

黄体ホルモンの影響で、むくみやすくなります。
黄体ホルモンは水分をためる性質があるため、むくみを引き起こすのです。

また子宮が大きくなることで、膀胱が圧迫され尿漏れしやすくなるともいわれています。

対処法

  • 塩分摂取を控える
  • 水分を摂りすぎない(1日1500ml程度)
  • 疲れを溜め込まない
  • 身体を動かす(マッサージも効果的)
  • 就寝時に足を高くして寝る

むくみは多くの妊婦さんが経験する、妊娠時の症状です。
ひどい場合は、医師に相談してください。

切迫早産の心配

妊娠中は、流産早産の心配があります。

本来妊娠37~41週に出産しますが、妊娠22~36週に生まれることを早産といいます。
早産の一歩手前の状態が、切迫早産です。

妊娠22~36週に、「子宮収縮が頻繁に起こる」「子宮口が開き破水する」などの症状があったら、切迫早産の可能性があります。
すぐに、病院を受診してください。

こんな症状があったら注意

  • お腹の張り・痛み(休んでもよくならない)
  • 出血
  • 破水

早産を防ぐために大切なこと

  • 安静にする(重度の場合は入院)
  • 冷えを防ぐ
  • ストレスを溜めない

妊婦検診は2週間に1度のペース


4週間に1度だった妊婦検診が、妊娠24週以降は2週間に1回のペースになります。

検診内容

  • 内診・問診
  • 体重・血圧測定
  • 尿検査
  • 超音波検査(エコー検査)胎児計測と子宮頸管の長さを測定
  • 子宮底長測定
  • 浮腫検査

体力があり健康な状態に思えても、妊娠中に重い病気にかかるリスクはあります。
安全に出産するためにも、妊婦検診はしっかり受けてくださいね。

検診を受けていれば、万が一病気が見つかったときも、病院で適切な治療や指導を受けられます。

妊娠24週目で気を付けたいこと


日常生活での、注意点をまとめました。

バランスのよい食生活をこころがける

毎日の食事にも、気をつけましょう。

主食・主菜・副菜というバランスのとれたメニューで、いろいろな食材を取り入れます。

食欲のないときは、少しずつ食べるのもいいでしょう。
少量で1日5回食にすれば、食べ過ぎも防げます。

この時期に貧血になるママも多いので、鉄分を多く含む食材も意識して摂るようにしてください。

鉄分の多い食材は、

  • レバー
  • 大豆食品
  • 緑黄色野菜

などです。

アルコールカフェインは控えましょう。

妊娠線予防ケア

妊娠線とは、急に大きくなったお腹に対し、皮膚の伸びが追いつかず、皮膚の真皮が断裂してできる線のことです。

お腹が大きくなる、妊娠中期からできやすくなります。

妊娠中は肌のターンオーバーが乱れがちで、肌が乾燥し、弾力も低下するので、保湿することが重要です。
保湿することで、うるおいのある肌になり、皮膚の断裂が起きにくくなります。

妊娠線予防専用のオイルやクリームがおすすめです。


妊娠24週目のオススメの過ごし方


妊娠24週目、赤ちゃんとママにとって心地よく過ごす方法をまとめました。

適度な運動

「妊娠中って運動してもいいの?」と思う方もいるかもしれませんが、妊娠中も、軽く身体を動かすことは有効です。

ムリしない程度の軽めの有酸素運動なら、身体もほぐれてリラックスできるでしょう。

ウォーキングやヨガなどがオススメですよ。

ただしハードな動きはNGです。
あまり負荷のかからない運動にしてください。

無理せずリラックスしよう

妊娠中にストレスは禁物です。
ストレスは身体の負担にもなります。
仕事なども頑張りすぎず、できるだけリラックスして過ごしましょう。

夫婦でゆったりした時間を過ごしてみませんか。
ちょっとした旅行もいいですね。

「臨月になるとヘアサロンで長時間座っているのがつらい」というママの意見もあります。
つわりもおさまり体調が安定しているこの時期に、ヘアサロンに行くのもおすすめです。

赤ちゃんの動きも活発になる妊娠24週目

いよいよ妊婦生活も、7ヶ月目に入りました。

どんどん成長している赤ちゃん、24週くらいからはお腹の中で活発に動きます。

五感が発達する時期なので、胎教やお腹の中の赤ちゃんに話しかけるなど、試すといいでしょう。

ママになる喜びも、実感できるのではないでしょうか。