妊娠26週

妊娠26週は妊娠7ヶ月の第3週目です。

妊娠26週目のママの様子

そろそろおなかに張りを感じるようになってきたママもいるでしょう。

おなかが張ってきたら、まずは体をやすめましょう。

妊娠をすると、胎盤からのホルモンがインスリンの働きを抑えるため、糖尿の傾向になります。

できるだけ、赤ちゃんにエネルギー源となる糖分を供給するため、血液中の糖分を自分の肝臓や筋肉などに取り込まないようとする合目的で生理的な変化です。

妊娠26週前後は妊娠ホルモンの影響を一番受けやすい時期なので、妊婦健診で、おしっこの中に糖が続けて出る場合などは、糖負荷試験を受けることになるかもしれません。

もし、血糖値が基準を超えた場合は、妊娠糖尿病と診断されます。妊娠糖尿と診断されると、食生活、栄養についての指導を受けて、体重管理を試みます。

それで、血糖値がコントロールできれば大きな問題にはなりません。コントロールできない場合は、赤ちゃんの体重が増え巨大児になったり、呼吸障害が起こる可能性も高くなりますので、その時には、自己採血して食後血糖を調べ、その値によりインスリン量を調整して注射することがあります。

妊娠糖尿病になるママがいる一方、食事がなかなか進まず体重が増えてこないお母さんもいるでしょう。

それでも、健診の超音波で、赤ちゃんが小さすぎたり、羊水が少なめではなければ、赤ちゃんに大きな影響はないでしょう。食べられるものを、小分けにしながらが基本です。

妊婦さんはホルモンバランスの影響で歯ぐきにトラブルが起こりやすくなっています。
歯ぐきの腫れや炎症で出血しやすい状態です。

これらの症状を治療せずに放置しておくと歯周炎になる可能性があります。

妊娠中、歯ぐきにこのようなトラブルが起こると早産になったり低体重児を産んだりするリスクが増えるます。歯のトラブルは予防することができるので、口腔ケアを怠らないよう注意しましょう。

歯や歯ぐきのトラブル予防は以下の通り

  • 食後はすぐ歯磨きをしましょう。もし磨けない場合はシューガーレスガムを噛むようにしましょう
  • 歯ぐきからの出血を防ぐためにビタミンCを摂り、丈夫な歯にするためにカルシウムをとりましょう
  • 歯にトラブルがなくても、妊娠中に一度は歯科検診を受けましょう

歯周病・歯肉炎は自覚症状がなく進行していくので、日ごろからのメンテナンスが重要という事になります。妊娠中の虫歯治療についての詳しい解説はこちら

妊娠26週目のお腹の画像

妊娠26週目のママのお腹の様子を紹介します♪
お腹の大きさや体重の変化は人それぞれ♪つわりで体重が減ったママもいればつわりの影響をあまり受けないママも!
お腹の大きさや体重増加も人それぞれです♪
※fujikoママの場合は食事をとることができないつわりで体重が最大7.6kg減り、安定期入るまでほぼ寝たきり生活で、動くとすれば点滴を受けに病院に行く日くらいというよにつわりの症状がひどい特殊なケースです。
妊娠41週で誘発分娩が決定し、無事健康なお子さんを出産しました。
こういったトラブルによる体重の変化は様々です。
今のご自分にあった推奨体重を知りたい方はこちらの「妊娠中の体重管理」をご覧下さい

あみんママの妊娠26週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 26週目の体重
    53.6Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    5.1kg
  • コメント
    腰の痛みはあったり、なかったりで結構慣れてきました。寝る態勢が難しくてなかなか寝付けないの継続中。

あみんママ2人目妊娠26週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 26週目の体重
    53.4Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    4.9Kg
  • コメント
    便秘気味なので次回検診で相談してみようと思います。

ちえママの妊娠26週目のお腹の大きさ
  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47Kg
  • 26週目の体重
    49.7Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    2.7Kg

Marikoママの妊娠26週目のお腹の大きさ
  • お名前
    Marikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43Kg
  • 26週目の体重
    49.3Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    6.3Kg

ふじこママの妊娠26週目のお腹の大きさ
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8Kg
  • 26週目の体重
    52Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -2.8Kg
  • コメント
    服を着ていても妊婦だと気付いてもらえるようになってきた。

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

みつごママの妊娠・出産・産後の記録はこちらをご覧下さい

まりこママ

あみんママ

肩こり

妊娠して肩こりに悩むママも少なくありません。
胸が大きくなって肩への負担を増す事やおなかが大きくなること、体重増加による姿勢の変化で、首・肩・背中に負担がかかり、肩がこるようになってしまいます。

肩こりを解消するには、肩こりに効くツボを押したり、肩を回すようにしたり、上半身をストレッチして血液のめぐりをよくするようにしましょう。

さらに、血液のめぐりがよくなることで、母乳もよく出るようになるといわれていますので、是非試してみましょう。

フケが出たり髪がパサつく

妊娠中、髪の毛をケアしても、パサついたりフケが出やすくなったり、頭皮がかゆかったりする事があります。

これは、妊娠によるホルモンの分泌量の変化の影響や栄養が赤ちゃんへ優先的に送られるために起こる現象です。

髪の毛や頭皮の性質が変わってくるために起こったりします。

ベタついたり抜け毛が増える人もいますが、これは一時的な症状で、たいていの場合、出産後に生理が再開するころまでにはホルモンバランスも妊娠前に戻るので、落ち着いてきます。

髪がパサついてきたりごっそり抜けてしまうと驚いてしまいますが、そんなに心配しなくても大丈夫です。

出産してしばらくして、抜け毛がひどくなることもありますが、こちらも数ヶ月すると治まります。

胎教

『胎教』とよく耳にすることも多いことでしょう。
胎教といっても、特別なことをするのではありません。

いちばん簡単で、何より大切なことは、あなたがおなかの赤ちゃんにやさしく声をかけてあげることです。

赤ちゃんはママの声が大好きなので、赤ちゃんの聴く力が発達してくるこの時期から、積極的に話しかけましょう。

ママがリラックス出来る音楽を聴くと、おなかの赤ちゃんにもそれが伝わるので、好きな音楽を聴くことも、ひとつの胎教ですね。

また、あなたがパートナーと話す様子も、赤ちゃんにはしっかり伝わっていますよ。
あなたやパートナーが心穏やかに楽しく過ごすことが、赤ちゃんにとって、いちばんの胎教なのでしょうね。
胎教についてはこちらのコラムがオススメです

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...