【妊娠27週】安定期の最終週!胎児の大きさや胎動は?

妊娠27週は妊娠7ヶ月の4週目になり妊娠後期に突入する時期です。

妊娠27週目の妊婦さんのお腹の大きさには、個人差がありますが、「大きすぎ?逆に小さくない?」と赤ちゃんの成長具合が気になる人もいるでしょう。

この時期のママや赤ちゃんには、どのような変化が起こるのか、解説します。

妊娠27週目のママの変化

妊娠27週目に入ると、ますますお腹がせり出してくるママが多いようです。

子宮底長は22~26cmほど、子宮底はおへそあたりの高さまで達します。

参照:和光堂「妊娠7ヶ月」

体調の変化

この時期は、大きくなった子宮が、お腹まわりの臓器を圧迫するようになってきます。

とくに、負担がかかりやすいのが、胃や肺など子宮の上にある臓器です。

子宮が大きくなるにつれて、横隔膜が押し上げられます。
その結果下記のような症状を感じることがあります。

  • 動悸や息苦しさ
  • 食欲不振

また、子宮の下にある腸や膀胱も圧迫され、頻尿便秘になるママも少なくありません。

不快に感じるかもしれませんが、赤ちゃんが成長している証でもあります。

前向きに考えながら、心配なときは病院の先生に相談してみましょう。

気分の変化

あと数日でいよいよ妊娠後期に突入します。

出産が近づくにつれ、赤ちゃんとの生活をより具体的に想像できるようになるのではないでしょうか。

この時期、多くのママが出産準備仕事の引継ぎなど、先を見据えて考えることが多くなるでしょう。

とはいえまだまだ身体の不調を感じやすい時期なので、頭や身体を休ませながら、ムリせず過ごしてください。

実際のお腹の画像

27週目のママのお腹の様子を紹介します。

あみんママの妊娠27週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 27週目の体重
    54.5Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    6kg
あみんママ2人目妊娠27週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ2人目
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 27週目の体重
    53.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    4.9kg
  • コメント
    便が出ない日が4日続いたので便秘の薬を飲み始めました。そのおかげか、体重が急に減りました。
Marikoママの妊娠27週目のお腹の大きさ
  • お名前
    Marikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 27週目の体重
    49.4Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    6.4Kg
  •    

ふじこママの妊娠27週目のお腹の大きさ
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 27週目の体重
    52.1Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -2.7Kg
  • コメント
    お腹一杯ご飯と食べると、気持ちが悪くなっちゃう。胃が子宮に押されてるのかも。。

みつごママの妊娠・出産・産後の記録はこちらをご覧ください。

まりこママ

あみんママ

まりこママやあみんママと比べると、やはりみつごママのお腹は大きくなってきましたね。

妊娠27週目の赤ちゃんの変化

それでは妊娠27週目の赤ちゃんは、どのくらい成長しているのかみていきましょう。

平均的な赤ちゃんの大きさはメロンくらい

妊娠27週目ごろの、平均的な赤ちゃんの大きさは38~40cm、重さは約800~1250gです。

さらに身体の内側では、肺以外の機能がほぼ完成し、羊水の中でぐるぐる動き回る様子が見られることも。

今まで以上に、活発な胎動を感じるようになります。

ただし、赤ちゃんの大きさには個人差があります。

あくまで目安ですので、心配しすぎる必要はありません。

参照:和光堂「妊娠7ヶ月」

聴覚機能がほぼ完成

妊娠27週頃の赤ちゃんの大きな変化のひとつは、聴覚機能の発達です。

聴覚機能は、妊娠初期から少しづ作られますが、妊娠27週ごろには音の通り道である外耳道が開通し、大人と同じ機能になるといわれています。

赤ちゃんは、ママの心音や会話などを聞きながらすくすく成長しているので、たくさん話しかけてあげましょう。

参照:日本音響学会誌「72巻3号子どもの聴覚発達と音環境」

外の音にとくに敏感になる

さらに、妊娠24週以降は脳が急速に発達します。

聴覚機能の発達とも関係して、この時期は外の音にとくに敏感になるそうです。

脳は外の音に刺激されて発達するといわれているため、音楽を聞かせたり絵本の読み聞かせをする胎教は、効果的でしょう。

妊娠27週目のマイナートラブル

妊娠27週頃は、乳頭や乳房の黒ずみや妊娠線が気になる、というママが多いのではないでしょうか。

ここでは、おうちでできるケアを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

おっぱいマッサージ

妊娠すると増加する女性ホルモンが、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素を刺激します。

それによって、シミやソバカスが増えたり、肌の黒ずみが気になるようになるのです。

メラニン色素は肌を守るための大事な要素でもあり、このようなトラブルは赤ちゃんが授乳をする準備ともいわれています。

黒ずみは、出産後少しずつ薄くなってくるので、気にしすぎないで過ごしましょう。

とはいえ、少しでも緩和したいという人のために、症状を和らげるのに効果的なおっぱいケアを紹介します。

おっぱいケアのポイント

  • 片手でおっぱいを支えて、手の指の腹で乳頭をつまみ軽く圧迫する
  • 乳頭をつまんで、時計回り、反時計回りにひねりながら軽く圧迫する
  • クリームなどを使って、優しくマッサージ

おっぱいの形によって、必要なマッサージが変わるので、助産師さんに相談しながらおこないましょう。

おうちでマッサージする際、お腹が張っているときは、控えるように気をつけましょう。

妊娠線予防のマッサージ

お腹が大きくなるにつれて、多くの妊婦さんが妊娠線に悩まされます。

見た目は気になりますが、赤ちゃんを守るためにお腹が大きくなるので、100%予防することはできません。

しかしできるだけ妊娠線を予防するためにできることはあります。

  • 体重を急激に増やさない
  • 肌の保湿を保ち乾燥を防ぐ
  • 保湿クリームや乳液、オイルなどでマッサージをおこなう

マッサージの方法を紹介します。
まずはマッサージのポイントを抑えておきましょう。

マッサージのポイント

  • 肌がやわらかいお風呂上りにおこなう
  • 手のひらで優しくなでるようにおこなう

おっぱいケアと同じように、お腹が張っているときは、マッサージはお休みしましょう。


妊娠27週目に気を付けたいこと

妊娠27週に気をつけたいことをみていきましょう。

妊娠高血圧症候群

妊娠中、気をつけたいトラブルのひとつでもある「妊娠高血圧症候群」。

妊娠高血圧症候群は、妊娠中期に起こりやすい胎盤トラブルを引き起こす可能性が高いといわれています。

胎盤トラブル自体は予防することができませんが、妊娠高血圧症候群に対しては、できることがあります。

  • 1日の塩分摂取量を10g以下に抑える
  • 体重を急激に増やさない

ただし塩分やカロリー摂取の極端な制限は禁物です。

この時期は2週に1回妊婦検診があるので、ご自身の栄養状態について、お医者さんに聞いてみましょう。

参照:日本妊娠高血圧学会「妊娠高血圧学会Q&A」

胎盤のトラブル

胎盤のトラブルにはどのようなものがあるのか解説します。

前置胎盤

胎盤の一部が子宮に張りつき、子宮口をふさぐことを「前置胎盤」といいます。

ただし妊娠中期までは胎盤の位置も変わるため、前置胎盤が自然に治るケースもあります。

慌てずにお医者さんの指示に従いましょう。

症状 母体および胎児への影響
  • ほとんどの妊婦さんが無症状
  • 症状がある場合、痛みをともなわない性器出血
  • 胎児発育不全の原因にもなる

参照:日本産科婦人科学会「病気を知ろう!前置胎盤」

常位胎盤早期剥離

「常位胎盤早期剥離」とは、まだ出産時期ではないのに、胎盤が子宮から剥がれてしまう状態のことをさします。

急に多量の出血をするケースが多く、母体・胎児ともに危険がおよぶ可能性が高い危険な疾患です。

原因ははっきりしていませんが、妊娠高血圧症候群による影響が大きいと考えられています。

症状 母体および胎児への影響
  • 急激な下腹部痛
  • 性器出血
  • 強い下腹部痛が続く
  • 胎児機能不全
  • 母体、胎内ともに死亡に至るケースも

参照:日本産科婦人科学会「胎盤早期剥離の成因とその対策」

胎児発育不全

赤ちゃんの発育状態が、妊娠週数に応じた基準に満たない場合、「胎児発育不全」と診断されます。

妊娠中期に発症した場合、原因の特定が難しいとされますが、前置胎盤や妊娠高血圧症候群などが影響している可能性が高いようです。

なかには胎児発育不全のまま出産に至り、脳に障害が残るケースもあります。

ただし治療によって正常に戻ったり、基準より体重が少なくても、超音波検査や染色体検査で異常がない場合、問題ないと判断されることがあります。

妊婦検診のたびに、「自分の赤ちゃんが平均より小さくて不安」と感じる方もいるかもしれませんが、心配しすぎる必要はありません。

早産

妊娠22~37未満の出産は、早産と定義されています。

妊娠27週頃はある程度成熟しているようにも見えますが、肺の機能がまだ完成しておらず自力で呼吸ができないため、お腹の外で生きるのにまだ十分ではありません。

周産期死亡(出産、出産後の新生児の死亡)の半数以上が、妊娠32週未満の早産という研究結果もあるので、できるだけ早めに対処する必要があります。

早産の予防のためにできること

  • お腹の張りや性器出血があったらすぐ病院へいく
  • 栄養バランスのよい食生活
  • 疲れやストレスを溜めない
  • 外陰部を清潔に保つ
  • 身体を温める

食生活を整えよう

ママの食生活は、赤ちゃんの発育はもちろん、妊娠中に避けたいトラブルにも影響するとされています。

次の点に注意しながら、ポイントを押さえて食生活を整えましょう。

  • 体重を増やしすぎない
  • 規則正しい生活習慣
  • 栄養バランスのとれた食事

食生活を整えるためのコツは以下のとおりです。

食生活を整えるコツ

  • タンパク質やビタミン、ミネラルなど赤ちゃんの発育に欠かせないものは減らさず、糖質と脂質でカロリーを調整
  • 朝食をしっかりとり、腸に刺激を与え便秘解消を促す
  • 軽い運動をして身体をほぐす
  • 歯科検診を受けて、歯をきれいに保つ

妊娠27週目のオススメの過ごし方

妊娠後期にはいるまであと数日です。
妊娠27週にオススメの過ごし方を紹介します。

部屋の掃除や模様替え

妊娠後期に入ると、さらにお腹が大きくなりできることも限られています。

その前にオススメなのが部屋の掃除や模様替えです。

思い切って断捨離をしたり、赤ちゃんのベッドの位置を考えて、家具のレイアウトを変えたり、今しかできないことをしておきましょう。

ちょっとした工夫で、素敵なお部屋づくりが楽しめます。

ただし、大きい家具の移動はパパに手伝ってもらうなど、ムリをしないことが大切。

少しずつ赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう。

近所を散歩して公園や施設をチェック

比較的動けるこの時期、近所を散策してみるのもオススメです。

出産後、赤ちゃんとどこへ行こうか考えながら歩いてみるのもよいですね。

公園や小児科、子育て教室をしている施設など、早めに見つけておくと安心です。

外出時に気をつけること

  • 長時間外へ出ない。身体の負担にならないように30分くらいを目安に
  • 母子手帳、健康保険証、診察券は忘れずに

他にも、マタニティフォトや小さな旅行やお出かけなど、今だからこそ楽しめることはたくさんあります。

妊娠27週のまとめ

妊娠後期に入ると、お腹も今より大きくなって動きにくくなるうえに、出産準備などでさらに忙しくなります。

マタニティ期も半分がすぎ、体調も安定しますが、まだ油断はできません。
赤ちゃんのために、健康的で規則正しい生活を心がけましょう。
一番大切なのはママの身体と心のバランスです。

可愛いわが子に会えるまであと少しです。

ママとしてのスタートを気持ちよくきれるように、この時期から準備をしておくといいですね。

周りの人に協力してもらいながら、ムリせず過ごしましょう!