【妊娠28週】妊娠後期に突入!赤ちゃんの大きさや胎動は?おなかの張りを感じたら

 

妊娠28週は、妊娠8ヶ月の1週目にあたります。

この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠28週のママと赤ちゃんの様子や、この時期の過ごし方をまとめました。

妊娠28週目のママの変化


いよいよ妊婦生活も後期に入ります。

28週目の、ママの身体と心の変化をみていきましょう。

体調の変化

ママのおなかは、さらに大きく重くなってきます。

せり出すようなおなかで、自由に動きづらくなるでしょう。

子宮底が、おへそと心臓の中間くらいのところにあり、妊娠28週の子宮底長は、26~31センチくらいです。

多胎妊娠の方は管理入院する方もいます。

気分の変化

どんどん大きくなるおなか身体の変化に、心がついていかず、ストレスになることもあります。

そんなときは仕事もムリせずゆっくり休んでください。

パートナーや周りの人に頼るのもOK!

なるべく、リラックスできる環境を作りましょう。

実際のおなかの画像

妊娠28週目の、ママのおなかの様子を画像で紹介します。

おなかの大きさや体重の変化は人それぞれです。

つわりで体重が減ったママもいればつわりの影響をあまり受けないママもいます。

  • お名前:あみんママ
  • 身長:164cm
  • 妊娠前体重:48.5Kg
  • 28週目の体重:54.4Kg
  • 妊娠前からの増加体重:5.9Kg
  • お名前:あみんママ(2人目)
  • 身長:164cm
  • 妊娠前体重:48.5Kg
  • 28週目の体重:54.2Kg
  • 妊娠前からの増加体重:5.7Kg
  • コメント:毎日体重をメモしてますが急に三日前から600g増加。本当妊娠中の体重管理は難しいです。
  • お名前:ちえママ
  • 身長:155cm
  • 妊娠前体重:47Kg
  • 28週目の体重:50.2Kg
  • 妊娠前からの増加体重:3.2Kg
  • お名前:Marikoママ
  • 身長:153.5cm
  • 妊娠前体重:43Kg
  • 28週目の体重:49.5Kg
  • 妊娠前からの増加体重:6.5Kg
  • お名前:fujikoママ
  • 身長:158.5cm
  • 妊娠前体重:54.8Kg
  • 28週目の体重:52.5Kg
  • 妊娠前からの増加体重:-2.3Kg

妊娠中おなかが大きくなる様子

妊娠中はどのようにおなかが大きくなっていくのでしょうか。

おなかが大きくなる様子を、先輩ママの動画で紹介します。

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠28週目の赤ちゃんの変化


おなかの赤ちゃんは、身体が完成してきて胎動もさらに活発になってくる時期です。

エコー写真でもよくわかりますが、だんだんと頭を下にした頭位の姿勢になります。

「逆子になってしまった…もう治らないの?」と心配しているママもいるかもしれません。

いま逆子でも、自然と頭を下にした位置に戻ることも多いです。

あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

羊水量がピークに

羊水量は700~800mlで、妊娠後期がピークです。

羊水の量は多すぎても少なすぎても、トラブルの原因になります。

  • 羊水過多:羊水量800ml以上
  • 羊水過少:羊水量100ml以下

羊水過多や羊水過少の根本的な原因ははっきりしておらず、治療も難しいとされています。

あまり身体に負担をかけず、栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活を心がけることが大切です。

内臓が完成する

妊娠28週目になると、心臓や肺などの内臓の機能はほぼ完成します。

生まれたあとの、呼吸の練習もすでに始めています。

横隔膜を上下させる呼吸様運動で、羊水を飲んだり吐いたりして、呼吸の練習をしているのです。

血液も作れるようになり、生殖器も完成に近づきます。

赤ちゃんがしゃっくりすることも

胎動の中で、ピクッ、ピクッという動きを感じることがあります。

これは赤ちゃんのしゃっくりです。

横隔膜が、しっかり発達している証拠でもあります。

平均的な赤ちゃんの大きさは370~400ミリくらい

妊娠28週目の胎児の平均的な大きさを紹介します。

  • 体長:370~400ミリ
  • 体重:1000~1300グラム

胎児の成長には個人差があり、成長の幅も大きいものです。

あまり心配せずに、おなかの赤ちゃんの成長を見守りましょう。

妊娠28週目のマイナートラブル


妊娠28週目に多い、マイナートラブルについてまとめました。

消化器系トラブル

胃が子宮に持ち上げられるため、胸やけや胃もたれが起こりやすくなります。

【あまり食べられないときの対処法】

  • 消化のよいものを食べる
  • 回数を分けて少量を食べる

おなかの張り

子宮の筋肉はこれまで以上に収縮を繰り返すので、おなかの張りを頻繁に感じるようになります。

おなかの張りは生理的なものなので、しばらく休んで治まれば、あまり心配することはないでしょう。

休んでも張りが治まらない場合は、病院を受診してください。

おりもの

出産が近づくにつれて、おりものの量が増えることもあります。

おりものの状態はこまめにチェックしましょう。

においや色、状態などにいつもと違う変化が見られたら、医師に伝えてください。

妊娠28週目で気を付けたいこと


妊娠28週目を過ごす中での、注意点をまとめました。

体重増加に注意

体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群になるリスクが高まります。

塩分を控え、栄養バランスのよい食生活を心がけましょう。

妊娠28週の体重増加のペースは、1週間で300~500グラムが目安なので、体重管理もしっかりと行ってくださいね。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは

妊娠20週を過ぎてから、分娩後12週までに高血圧を発症すると、妊娠高血圧症候群と診断されます。

常位胎盤早期剥離が起きて、早産になることがあり、場合によっては母子ともに命にかかわることもあるので注意が必要です。

【妊娠高血圧症候群の症状】

  • 高血圧
    最高血圧が140mm/Hg、最低血圧が90mm/Hg以上。
  • 尿タンパク
    尿検査で、尿タンパクが2回以上連続して陽性反応が出た場合。

妊娠高血圧症候群が重症化すると、入院して治療が必要になることもあります。

参照:妊娠高血圧学会「妊娠高血圧学会Q&A」

転倒にも注意

妊娠後期になると、おなかはせり出すように、一段と大きくなってきます。

おなかがせり出してくると、足元が見えづらくなり、転倒に注意が必要です。

とくに段差のある場所や階段は、足元をよく見ながら慎重に歩くようにしてください。

切迫早産の心配

本来妊娠37~41週に出産しますが、妊娠22~36週に生まれることを早産といいます。

早産の一歩手前の状態が、切迫早産です。

早産になると赤ちゃんに、障害などの後遺症が残ることもあります。

切迫早産の兆候

  • 子宮収縮が頻繁に起こる
  • 子宮口が開き破水する

ストレスを溜めないことや、体を冷やさないようにすることは、早産予防として効果的です。

おなかの張りや痛みを感じたら、ムリをせず横になって安静にしてください。

休んでもおなかの張りや痛みが治まらない場合や、出血・破水などの症状があるときは、すぐに病院で医師の診察を受けましょう。

オススメの過ごし方


28週を過ぎると、出産まであとわずかです。

ストレスのないように、リラックスして過ごしましょう。

日常生活のオススメの過ごし方をまとめました。

出産・入院の準備を始める

出産が予定日より早くなることも考えられます。

妊娠8ヶ月に入ったら、そろそろ出産の準備をはじめましょう。

入院生活に必要なものは、病院によって違いがあるので、事前に確認しておいてください。

ベビー用品や育児用品、入院グッズなど、出産後の生活に必要なアイテムのチェックもしておきましょう。

後期母親教室に参加してみる

妊娠後期の妊婦さんに向けた、後期母親学級に参加するのもオススメです。

【後期母親学級の内容】

  • 陣痛から出産までのスケジュール
  • 分娩について
  • 出産後の赤ちゃんのお世話の仕方など

パパが参加できる、両親学級もあります。

妊婦の身体の変化や分娩サポート、おむつ替えなどを教えてくれるものです。

パパが、これからの子育てへの心構えができるというメリットもあります。

パートナーと二人で参加するのもいいですね。

いよいよ出産が近づく妊娠後期に入りました


おなかが大きくなるにつれ、今まで以上にママには負担がかかるでしょう。

ですがこれは、ママと赤ちゃんがつながっているということです。

3ヶ月後には赤ちゃんを抱いている自分を想像しながら、ゆったりと穏やかに残りの妊娠生活を過ごしましょう。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...