妊娠初期のパパは妻を守る存在!妊婦に接する心得とは

妊娠初期のママの見た目は、妊娠前と変わりません。
パパはいつも通りに接してしまいがちです。

妊娠初期は、妊娠期間中もっとも体の変化や不調の多い大変な時期です。

ママの変化を受け止めてあげる、気遣ってあげられるかが、今後の夫婦生活にも大きく関わってきます。

ママは妊娠でホルモンバランスが乱れてしまい、ちょっとした事でもイライラしがちです。

「前はこんな事くらいで怒らなかったのに・・・」と、パパとしては戸惑ってしまったり、逆にイライラが感染して、喧嘩になってしまう事もあるかと思います。

仕事から疲れて帰ってきたのに、ママに八つ当たりされたりイライラ話を永遠聞かされたりと、パパとしても大変な日を過ごすことになるかもしれません。

ですがママ自身もツライ思いをしていると忘れないようにしましょう。

「イライラしたくないのにイライラが治まらない」
イライラしている自分に対してイライラしてしまったり、怒りっぽい自分に自己嫌悪に陥ってしまうママも多くいるのです。

妊娠期間中は、自分で自分の気持ちをコントロールすることが難しいのです。
イライラしている原因を聞いてあげ、受け止めてあげるだけでもママ達の気持ちは落ち着きます。

男の度量(器の大きさ)を、奥さんに見せるチャンスです!

「こんな事で怒らなかったのに・・・。ママも大変なんだなぁ。」と受け止めてあげてください。

匂いに敏感なので、食べ物などには気をつけて!

ママはつわりなどで、食べ物の匂いに敏感です。
人によっては、匂いを嗅ぐだけで吐いてしまうママもいるでしょう。

妊娠前とは食の好みなどが変わり、今まで「食欲をそそるいい香り!」だと感じていたものが、最大の敵になってしまったりします。

好きだったものをまったく体が受けつけなくなり、食べたくても食べたり飲んだりできない苦しい時期です。

  • 匂いがするものは、ママの近くで食べない。
  • ママが嫌がる匂いのするものは近づけない。

などの配慮が必要です。

できる事からお手伝いを!

つわりの時期に、ママにとって大変な家事といえば料理です。
つわりといえば、炊き立てのご飯の匂いで気持ちが悪くなるママが多いようです。

しかし炊き立てのご飯の匂いは平気だけど、生のお肉の匂いで気持ちが悪くなる・・・など、調理前の食材でも、同様に不調を訴えるママさん達もいます。

ようやく料理が完成しても、味見が出来ない(食材を口に入れると気持ちが悪くなる)ママもいるようです。

料理は、つわりのある時期のママにとっては、とても過酷な家事となります。
時間のある時は、一緒にキッチンに立ってあげましょう。
ママの代わりに味見をしたり、気持ち悪くなるので触ることの出来ない食材を切ってくれるだけでも、ママ達は大変助かります。

タバコは、ママから離れた場所で!

タバコの副流煙や呼出煙は、吸っている本人よりも倍以上に害があることが分かっています。

妊娠中にママがタバコの煙を吸ってしまうと、お腹の中の赤ちゃんへもタバコの害が及ぶといわれています。

タバコは、マタニティママや他人の迷惑にならないような場所で吸う、またはママが愛煙家だった場合は、一緒に禁煙に挑戦してみるのもいいですね♪タバコの害に関する詳しい記事はコチラから

つわりにはいろいろな種類があることを知ろう!

妊娠してから、ママがダラダラと昼寝ばかりしている。
常に何かを口に入れていて、どんどん太っている・・・など、色々とマイナス面ばかりに目がいってしまうかもしれません。

つわりと言えば、男性が一番真っ先に思い浮かべるのが「吐きづわり」です。
ドラマなどでも、よく目にするパターンです。
ですが実際つわりの種類は吐きづわりだけではありません。

  • <食べづわり>
  • 常に胃袋に食べ物が入っていないと吐き気を催す、

  • <眠りづわり>
  • 何をしていても意識が飛んでしまうくらい眠くなる

  • <よだれづわり>
  • 唾液の量が多くなりすぎて、自分の唾液で気持ちが悪くなる

つわりの出方にも個人差があり、食べづわり+吐きづわりの両方の症状が出る方や、吐きづわりの症状は一切無く、眠りづわりだけの症状が出る方もみられます。

いっぽうで、まったくと言っていいほどつわりの症状がでない方もいて症状はさまざまです。

「○○さんの奥さんは妊娠中にしっかりと料理や家事をこなしていた」なんて、比較するような言葉を投げかけられたら、ママとしては「やりたくても出来ないのに!なぜ分かってくれないの?!」という気持ちになってしまいます。

妊娠中の体調や症状、つわりのパターンは、人によって個人差があるので他の方の奥様と比べてもしかたがないのです。

ママを悲しませるだけの発言なので、他人との比較は止めましょう。

1人目を出産した際は「眠りづわり」だったからといって、2人目の時も同じつわりの症状がでる訳ではありません。

つわりは、妊娠する度に毎回パータンが変わると覚えておきましょう。つわりに関しての詳しい記事はコチラから

続けて、妊娠中の夜の仲良しについてみていきましょう!

妊娠中の夜の仲良しについて

夫婦生活
妊娠期間中、夜の仲良しをしてはいけないとはいわれていません。
ですが妊娠初期に関しては胎盤が未熟なので流産などの危険性もあります。
注意点をしっかりと守りましょう。

妊娠初期は、つわりなどで体調が優れない時期です。
ママの体調がいい時に行いましょう。

妊娠初期に望ましい体位

妊娠中
「浅めに、優しく、短めに」この3点を心がけましょう。
長い時間してしまうと母体に大きな負担がかかります。
長時間ママの体が冷えると、つわりが重くなってしまったり、お腹が張りやすくなるなどのマイナートラブルを招きやすくなります。

夜の仲良しは思いやる気持ちがとても大切です。
ママの体調を見ながら、時には中断または中止を余儀なくされることもあるでしょう。

出来るだけ中断・中止をしたくないというのが男性側の気持ちですが、妊娠前とはママの体は変わっていると理解した上で、夫婦の時間を楽しむようにしましょう。

育メンもどきが増えている!?

子守をするパパ
「育メン」「家事メン」など、パパに対してもさまざまな言葉が生まれている時代です。

そもそも育メンというのは、育児を積極的に協力してくれるパパの事を言いますが、最近では「育メンもどき」という言葉が生まれています。

育メンもどきは、外では育メンを気取り積極的に育児を手伝っているようにふるまいます。
家に帰ると中途半端に育児を手伝うようです。

家に帰ると家事をまったくやらないパパに比べると、中途半端にでもやってもらえた方が助かるような気もしますが、ちょっとだけを手伝って「手伝ってる!」という感じを出されることに、世の中のママ達はお怒りのようです。

夫婦生活をうまくやっていくには、お互いが思いやる気持ちが大切です。

ご近所さんからの評判が上がったからと言って、パパにとって得るものがあるのでしょうか。

思いやりや気遣いを注いでくれたパパには、今後もママの気持ちがしっかりとついてきます。
近年増え続けている「産後クライシス」にならないように、夫婦一緒に努力できるとよいでしょう。

産後クライシスはマタニティ期間中に、パパからの思いやりを感じられなかったママに多いようです。

妊娠中はママを思いやる気持ちを大切にしましょう!産後クライシスについての記事はコチラから

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...