【妊娠2ヶ月】初期は何に気を付けたい?【妊娠4・5・6・7週】

妊娠2ヶ月は、妊娠4週~7週6日目にあたります。

ママや赤ちゃんに、どのような変化が起こるのでしょうか。

「妊娠がわかったら、まず何をすればいい?」
「赤ちゃんはどんなふうに成長しているの?」

とお悩みの女性のために、妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子や、この時期の過ごし方をまとめました。

先輩ママの体験談


妊娠2ヶ月、先輩ママたちの体験談をご紹介します。

心拍が確認できると、やはりつらいつわりも頑張れるのではないでしょうか。

妊娠2ヶ月の赤ちゃんの状態は?


妊娠2ヶ月、この時期の赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか。

赤ちゃんの大きさはどれくらい?

妊娠2ヶ月の赤ちゃんの大きさは、以下の通りです。

  • 身長:0.3~2.0センチ
  • 体重:3~20グラム

これから細胞分裂を何度も繰り返し、どんどん成長していきます。

お腹の中で赤ちゃんはどう成長している?

エラやしっぽがある魚のような姿から、2頭身となり人間らしい見た目になってきます。

妊娠2ヶ月は「器官形成期」といわれ、胎児の身体の元が作られる、とても大切な時期です。

赤ちゃんの脳や神経細胞、内臓や手足、目や鼻など器官が形成されます。

4週目と6週目の超音波(エコー)写真

このころの赤ちゃんは「胎芽」と呼ばれ、赤ちゃんを包む胎嚢や卵黄のう、心音が確認できます。

週数別のエコー写真で、胎児の様子を見てみましょう。

妊娠4週目のエコー写真

妊娠4sai 週目

赤ちゃんを包む「胎嚢(たいのう)」が確認できます。

胎嚢(たいのう)が子宮内にあれば、妊娠と確認され子宮外妊娠の可能性はなくなり、正式に妊娠と診断されるでしょう。

妊娠6週目のエコー写真

妊娠6週目

丸いリング状の「卵黄のう」が確認できます。

卵黄のうは、妊娠の初期に赤ちゃんに栄養を与えてくれる袋です。
胎盤が完成して、ママから赤ちゃんが栄養をもらうまでの間、卵黄のうから栄養をもらっています。

妊娠週数の数え方をチェック

はじめての妊娠では、「妊娠週数はいつから数えればいいの?」「そもそも数え方が分からない」という人も多いでしょう。

赤ちゃんの成長スピードや、出産予定日を把握するためには、妊娠週数を知っておく必要があります。

そこでまずは、初心者ママさんにもわかるように、妊娠週数の数え方を紹介します。

妊娠週数の数え方

  • 最終月経開始日を「妊娠0週0日」とする
  • 妊娠2週の開始日(妊娠2週0日)は「14日目」
  • 妊娠4週の開始日(妊娠4週0)は「28日目」

妊娠週数は、最後の生理が始まった日を「0週0日」として数えていきます。
妊娠2ヶ月は、妊娠4~7週目となります。

妊娠40週0日(妊娠40週の開始日)は280日目にあたり、分娩予定日となります。
ただし分娩予定日は、あくまでも目安として考えておきましょう。

また妊娠期は、以下のように大きく3つの時期に分けられます。

週数
妊娠初期 4週~15週 2ヶ月~4ヶ月
妊娠中期 16週~27週 5ヶ月~7ヶ月
妊娠後期 28週~39週 8ヶ月~10ヶ月

 

妊娠2ヶ月目は、妊娠初期に当たります。

妊娠2ヶ月のママの状態は?


妊娠すると、ホルモンバランスが乱れがちです。
ママの身体とココロにも、変化が現れはじめます。

体の変化は?

妊娠初期は流産の可能性も高く、つわりも始まり体力的にも不安定な時期です。

妊娠2ヶ月の主な変化

  • 熱っぽく身体がだるい、風邪のような症状がある
  • 胃がむかむかする・吐き気がある
  • 貧血気味になる

妊娠によりホルモンバランスが崩れると、体調がすぐれないことも多くなります。

無理をせず、ゆっくり過ごしましょう。

メンタルの変化は?

妊娠中はホルモンバランスが乱れ、イライラしたり落ち込んだり気持ちが不安定になりがちです。

出産に対しての不安も、徐々に大きくなるでしょう。

マタニティブルー

マタニティブルーは、妊娠初期と後期にあらわれやすいとされています。

イライラしたり悲しくなって泣いてしまったり、自分で感情のコントロールができなくなる状態のことを呼びます。

ホルモンバランスや身体の変化などで、情緒が不安定になってしまうのです。

マタニティブルーの主な症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 気分が落ち込む
  • イライラする
  • 突然泣いてしまう
  • 物事に集中できない
  • 食欲がない
  • 不眠

目にみえる症状ではないため、周囲の理解を受けられずますます不安定になってしまうことも…。

マタニティブルーの症状が出たら、なるべく休んでください。

同時に家族のサポートも大切になってきます。

妊娠中はひとりで頑張りすぎず、不安を口に出したり、相談したりして積極的に周囲の人々を頼りましょう。

妊娠健診で正確な判定を受けましょう


生理が遅れ「妊娠かな?」と思ったら、ドラッグストアなどで手に入る妊娠検査薬で陽性反応が出てから、産婦人科に行くという人が多いようです。

市販の妊娠検査薬では、妊娠中に分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれる女性ホルモンをチェックし、妊娠かどうかを判定します。

しかし、妊娠検査薬での判定は100%正確なものではありません。

子宮外妊娠などの危険にいち早く気付くためにも、なるべく早めに産婦人科で正確な判定を受けるようにしましょう。

産婦人科での妊娠検査

正確な妊娠が確認されるのは、妊娠6週くらいからです。

妊娠3~4週では、まだ胎芽の心拍が確認できません。
あまり早くに受診しても、妊娠確認されないこともありますので、注意してください。

生理予定日から、1~2週間くらいに受診するのがよいでしょう。

着床が終わり、産婦人科での妊娠検査で胎芽の心音が確認できたら、正式に妊娠ということになります。

妊婦検診の内容

妊娠したら定期的に、妊婦検診を受けましょう。

妊婦検診は妊娠時期別に受診間隔が変わり、出産するまでに合計14~15回ほど受診します。

時期 通うペース
妊娠初期 4週に1回
妊娠中期 2週に1回
妊娠後期 1週に1回

産婦人科で行う検査の内容は以下の通りです。

尿検査 尿たんぱくや尿糖・糖尿病の疑いが無いかなどの確認
内診 医師が膣の中に直接手を入れて、子宮や卵巣の状態を診る
エコー検査(超音波検査) 赤ちゃんの発育状況、心拍を確認
血圧測定 妊娠中の血圧の正常値を確認
血液検査 風疹・貧血・梅毒・HIV・肝炎などの感染症や抗体の有無を調べる
問診 過去にかかった病気や妊娠の経験
アレルギーの有無などを確認

妊婦検診時に持っていくもの以下の3つです。

  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 診察券

診察中に指導されたことや、気になったことなどをメモするのに筆記用具やスマホのメモを準備しておくと便利ですよ。

妊娠初期に心配なこと

不正出血を起こしやすい時期です。
腹痛やお腹の張りを伴う出血や、鮮血が大量に出たりしたときには、すぐに病院を受診してください。

流産

妊娠22週未満に、妊娠が終了してしまうことを流産と呼びます。

妊娠初期の流産は、ほとんどが染色体異常など赤ちゃんに原因があるとされており、妊娠初期の8~15%は、自然流産するといわれています。

切迫流産

流産の一歩手前の状態を、切迫流産と呼びます。

切迫流産の時点では、まだ赤ちゃんが生きている状態ですので、妊娠を継続できる可能性があります。

とはいえ危険な状態には変わりないため、入院しなければならない人もいます。

安全な状態になるまで、できるだけ安静に過ごすことが重要です。

子宮外妊娠

「子宮外妊娠」とは、受精卵が子宮内膜以外に着床してしまうことを指します。

子宮外妊娠では妊娠を継続することはできず、放置していると卵管破裂を引き起こすなど、命の危険に関わるとても危険な状態です。

子宮外妊娠でも、正常妊娠したときと同じようにhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌されるので、妊娠検査薬では陽性反応が現れます。

子宮外妊娠の放置を避け、リスクを下げるをためにも、できるだけ早く産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠2ヶ月でしておきたいことは?


妊娠2ヶ月にしておきたいことをまとめました。

妊娠が初めての人は、まず日々の生活で手軽に取り入れられることから、出産に向けた準備を始めていきましょう。

葉酸の摂取はマスト

積極的に取り入れたい、栄養素のひとつに葉酸があります。
葉酸は、ビタミンB群の一種で水溶性ビタミンです。

葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月までに、摂取するのが望ましいとされています。

葉酸が多く含まれている食材には、次のようなものがあります。

  • 緑黄色野菜
  • 果物
  • 納豆
  • レバー

参考 厚生労働省:「葉酸の摂取について」

妊娠中は葉酸をはじめ、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

葉酸はどれくらい必要?

葉酸を1日0.4mg摂取することで「神経管閉鎖障害」のリスクを軽減できるといわれています。

葉酸は水溶性ビタミンで、熱に弱く調理で半分近く失われてしまいますので注意が必要です。

厚生労働省のガイドラインでは、食事に加え栄養補助食品で1日0.4mgの葉酸摂取を推奨しています。

参考 厚生労働省:「葉酸の摂取について」

つわりで無理なときはどうしたらいいの?

つわりも始まる時期なので、食事もままならないという方も多いかもしれません。

葉酸は食材からも摂れますが、食べられないときはサプリで摂取するという方法もあります。

サプリなら摂取量も決められていますし、摂りすぎる心配もなく効率よく葉酸を摂取できるでしょう。

母子手帳をもらう

赤ちゃんの心音が聞こえて妊娠が確実になったら、母子手帳をもらいに行きます。

住んでいる区市町村の窓口で妊娠届出書を提出し、母子手帳の発行を受けましょう。

どんな出産方法がよいか、どこの産院で産みたいかを、具体的に考えるのもこの時期です。

かかりつけの産婦人科を見つけておきましょう。
これから出産まで、安心して通えることが大切です。

里帰り出産の場合も、早めに出産する産院を見つけておきましょう。

タバコとお酒はやめる

たばこやアルコールは、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼします。

流産や早産のリスクも高まるため、妊娠がわかったら禁煙禁酒をしてください。

他にも、生ものやカフェインなど妊娠に良くないとされるものは控えましょう。
とくにマグロは水銀の濃度が高いので危険です。

職場への連絡も忘れずに

仕事をしている人は、職場への連絡をする時期を考える時期です。

妊娠2ヶ月は、まだ流産の可能性が高い時期のため「流産の心配がなくなってから報告したい」という方もいるでしょう。
ですが、つわりもはじまって体力的にもつらい時期です。
周りの人が妊娠を知らなければ、体調が悪いときに理解してもらえないかもしれません。

我慢して体調が悪化してしまっては大変なので、勤務先には妊娠の報告をしておくことをおすすめします。

妊娠2ヶ月目によくあるマイナートラブル


妊娠すると、さまざまなマイナートラブルに悩まさるでしょう。

これらの症状には個人差があり、ひどい人もいれば、ほとんど感じない人もいます。

妊娠2ヶ月目に多い、マイナートラブルについてまとめました。

つわり

妊娠初期のつらい症状の代表的なものに「つわり」があります。

つわりの主な症状

  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 食欲過多
  • 嗜好の変化

つわりにも、さまざまなつわりの種類があります。

種類 症状
吐きつわり 吐き気・おう吐
食べつわり 空腹時・満腹時の吐き気
においつわり においに敏感になり、においを嗅ぐと気分が悪くなる
眠りつわり 常に眠気があり、身体が重い
よだれつわり よだれがいつもより多く出る

実はつわりは、まだはっきりとした原因がわかっておらず、治療法もありません。

  • 食べられるものを食べる
  • 何回かに分けて少しずつ食べる
  • こまめに水分補給をする

どうしてもつらい時は、上記のようなことを心がけましょう。

つわりは安定期である妊娠中期になると、自然におさまります。

つらいときは無理して食べなくても大丈夫です。
食べたいときに食べたい分だけ食べてくださいね。

頻尿・尿漏れ

子宮が圧迫されることで、頻尿や尿漏れに悩まされる妊婦さんも多いです。

膀胱炎になってしまうこともあるので、トイレを我慢するのはよくありません。

就寝前には水分を控える、ナプキンを使うなど工夫してみましょう。

便秘

黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で、便秘がちになります。
黄体ホルモンは妊娠の継続に欠かせないホルモンですが、消化器官の動きが鈍くなってしまいます。

食物繊維や乳酸菌の摂取が効果的なので、葉酸とともにこれらも意識した食事にするのもいいでしょう。

妊娠中でも使える薬もありますので、ひどい場合には、医師に相談してください。

おりもの

黄体ホルモンの分泌が活発になる妊娠初期、おりものの量には個人差があり、少ない人も多い人もいます。

色は白っぽいのが一般的です。

茶色っぽかったり、ピンクがかっているおりものは出血している可能性もありますので、病院を受診してください。

妊娠2ヶ月のオススメの過ごし方


つづいて、妊娠2ヶ月の妊婦さんにオススメの過ごし方を紹介します。

つわりでも食べられるメニュー作り

妊娠中は栄養バランスのよい食事が基本ですが、つわりでなかなか食べられないという妊婦さんも多い時期です。

つわりでも食べられるような、食材やメニューを考えましょう。

うどんそうめんはつるっとしたのどごしで、妊婦さんに人気のメニューです。

梅干しと一緒に食べるのがおすすめ。
酸味がプラスされて食べやすくなりますよ。

フルーツやゼリーなども「さっぱりして食べられた」という先輩ママの意見が多い食材です。

マタニティウェアを準備する

妊娠したら、服装にも気を使いましょう。

身体を締めつける服はNGです。
お腹が大きくなるにつれて、できるだけ腹部を圧迫しないような下着や服に替えていきます。

かわいいデザインのマタニティウェアもたくさん売られていますので、チェックするのも楽しい時間になるかもしれませんよ。

また転倒を防ぐためにも、ヒールの高い靴はなるべく履かないようにしましょう。

妊娠2ヶ月さまざまな変化があらわれます


妊娠2ヶ月はまだお腹も目立ちませんし、妊娠の実感がないという方もいるかもしれません。

しかしエコー写真を見て、小さな小さな赤ちゃんの姿や心拍を確認したら、お母さんになる実感も沸いてくるでしょう。

つわりなどつらい時期ですが、なるべくゆったりリラックスして過ごしてくださいね。

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...