【医師監修】「妊娠30週」赤ちゃんの胎動は?エコー写真は?逆子だったら?

妊娠30週目に入ると、出産まではあと10週程度といわれています。
なかには、出産が楽しみである反面、不安な気持ちが多いママがいるかもしれません。

妊娠30週目は、赤ちゃんが大きな成長をします。
また、赤ちゃんの成長に伴い、ママの身体には変化が起きることがあります。

そこで今回は、妊娠30週目の赤ちゃんとママ、それぞれに起きる具体的な変化を中心に、注意点やオススメの過ごし方について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

妊娠30週目を迎えた赤ちゃんの様子

この頃になると、赤ちゃんは見た目が大きく変わるだけでなく、人としての機能も整ってきます。
具体的にどんな成長が見て取れるのかを確認していきます。

成長して体重が増える

赤ちゃんの大きさは410~430mmまでになり、1300~1700gもの重さまで成長します。
ママが、お腹の赤ちゃんがどんな姿勢でいるのかを把握できる大きさといわれています。
この先では、毎週約100~150gずつ大きくなっていきます。

身体の機能が発達してくる

この時期には、やわらかい産毛や眉毛、まつ毛がしっかりと生えてきています。
また骨盤の働きがほぼ完全になります。
その他、どのような機能が発達しているのかみていきましょう。

内臓器官や中枢神経の機能が発達する

心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が備わってきます。
人としての重要な機能が整い、新生児に徐々に近づいていることがわかります。

体温調節ができるようになる

この時期の赤ちゃんは、ママのことを頼らなくても自分自身で体温調節ができるようになります。
もしも、早産になったとしても、適切な処置を行えば、問題なく生きていけるくらいに成長してきています。

呼吸ができるようになる

呼吸機能が整ってくる時期で、出産に備え横隔膜を上下させ、呼吸に似た動き(呼吸様運動)ができるようになります。
そのため、お腹の中で赤ちゃんがしゃっくりをしているのを感じることができるママがいるかもしれません。

聴覚が完成に近づく

この頃、赤ちゃんの五感の発達は著しく、中でも聴覚は、外の音をはっきり聴き取ることができるくらいにしっかりと発達してきています。
本格的な胎教を始めるのに適した時期です。
クラシック音楽を流すことは、赤ちゃんにとっても、ママにとってもリラックス効果があるのでおすすめです。

また、パパが話しかけることで、赤ちゃんに「父親」だということを認識させるチャンスでもあります。

ママに免疫機能を補ってもらう

赤ちゃんは、お腹の中にいるときには無菌状態で安全です。
しかし、お腹の外に出たら有害な物質を撃退する免疫が必要になります。
この時期の赤ちゃんは、免疫機能をすべて自ら確立させることはできません。

ママに免疫機能を補ってもらうことで発達します。

ママにもらった免疫の抗体は、赤ちゃんが完全に自分で抗体を作れるようになる、出産後3ヶ月くらいまで使われ、赤ちゃんを守ってくれます。

胎内での生活の変化

体が大きく成長し、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。
子宮の壁に接近するくらいまで大きくなると、お腹の中で身動きがとりにくくなります。
すると、お腹の中での身体の位置がある程度固定されるため、胎動が減少するといわれています。

睡眠時間が長くなる

これまでは、長くても20分程度の睡眠サイクルで、うたた寝を繰り返していました。
妊娠30週目に入ると、五感が発達しているので、脳がそれらの情報を処理するために、もう少し長く眠ることが必要になってきます。
そのために睡眠時間が長くなるというわけです。

エコーで見た時の赤ちゃんの様子

妊娠30週目に入ったころの赤ちゃんをエコーで確認してみると、赤ちゃんは体をゆったりと動かしています。
体を折り曲げていて、少し苦しそうに見えるかもしれませんが、心配はいりません。

赤ちゃんにとっては一番落ち着く姿勢だといわれていますティヨガ、スイミングなどを普段の生活に取り入れてみるとよいでしょう。
ウォーキングを兼ねて赤ちゃん用品を買いに行ったりすると、ママのストレスの軽減やリフレッシュにもつながるのでオススメです。