【妊娠31週】逆子体操は必要?胎児の大きさや体重、胎動はどうなる?

妊娠31週は妊娠8ヶ月の4週目にあたります。

おなかの赤ちゃんは、どんどん成長を続けますが、嬉しさと同時に不安なこともたくさんあるでしょう。
この記事では、胎動や胎児の成長、ママのおなかの様子など妊娠31週のママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのかまとめました。

31週によくあるトラブルや、注意することについても紹介しているので合わせてご覧ください。

妊娠31週目のママの変化


妊娠31週目に入ると、ママにはどのような変化があるのでしょうか?

ママの体調や気分の変化について調査しました。

体調の変化

妊娠31週になると、これまでよりもおなかが張りやすくなります。

人によってはおりものが増えることもあります。

この場合の張りは痛いというよりも、おなかが硬くなる感じです。
横になり安静にすれば治まるので、体調第一でやすみやすみ過ごしましょう。

出血や痛みがあったり、安静にしていてもだんだん間隔が短くなる、頻繁に張るような場合は、緊迫早産の傾向があるため、かかりつけ医に相談してくださいね。

また、大きくなった子宮に血管が圧迫され血液の流れが悪くなるため、むくみやすくなります。

気がつくと「静脈瘤ができていた」なんてこともあるようです。

朝になっても翌日のむくみが取れない場合は、妊娠高血圧症候群の疑いがあるので医師に相談しましょう。

気分の変化

息切れ・動悸がしたり、しんどいと感じることが増えてきます。
子宮が大きくなり、その結果肺が押し上げられることや、血液量の増加、ストレスなどが原因だと考えられます。

子宮が大きくなることで、肺だけではなく胃なども押し上げられるため、胃の圧迫感や気持ち悪さを感じたり、食事が難しくなることもあるようです。

実際のおなかの画像

「ほかの妊婦さんに比べて、おなかが小さいような気がする」
「体重が増えすぎたかも…」

このような悩みは、妊娠中のママであれば誰でも感じることです。

個人差があるとはわかっていても、周りのママたちの妊娠経過や体重の増減って気になるものですよね。

ここでは、妊娠31週目ママのおなかの写真と、体重変化を紹介します。

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 31週目の体重
    55.8Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    7.3Kg

  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 31週目の体重
    55.2Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    6.7Kg
  • コメント
    後期悪阻なのか、気持ち悪かったり眠たかったりだるかったりします。お腹の子は1,5キロにまで大きくなりました。上の子の時もそうでしたが、お腹や背中が痒くて痒くて仕方ないです。

  • お名前
    Marikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43Kg
  • 31週目の体重
    51.4Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.4Kg

  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8Kg
  • 31週目の体重
    54.1Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -700g

同じ31週でも、「ちょっとおなかが出てきたかな?」というくらいのママもいれば、「結構おなかが目立ってきてる」というママもいます。

もともとの体重や生活スタイルによっても体重の増減は変わるものです。

あくまで目安として参考にしてくださいね。

妊娠中お腹が大きくなる様子

続いて、妊娠中のおなかの成長を記録した動画をご覧ください。

実際のおなかの変化やママのコメントも参考になりますよ。

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)



まりこママ


あみんママ


妊娠の経過は人それぞれですが、31週前後を境に、おなかの成長とともに体重の増加や不安・イライラといった気持ちの変化を感じている人が多いようですね。

妊娠31週目の赤ちゃんの変化


エコーで確認できる部分はもちろん、エコーではわからない部分でも、赤ちゃんは成長しています。

妊娠31週の赤ちゃんには、どんな変化があるのかまとめました。

聴覚がほぼ完成するので、たくさん話しかけよう

31週頃の赤ちゃんは、

  • 聴覚が発達し、ほぼ完成する。
  • 内臓器官や中枢神経機能が発達する。
  • 横隔膜を上下させて、肺呼吸の練習をする。
  • 身体の向きが、頭を下にした縦向きになる。

このように成長をしています。

聴覚が発達するので、話しかけたり音楽を聞かせてあげたりするといいですね。

また、逆子と診断された場合でも、赤ちゃんが体の向きを替えることにより、自然になおることがあるようです。

平均的な赤ちゃんの大きさは1600gくらい

胎児発育曲線によると、31週0日の赤ちゃんの大きさは1231g~2039g程度のようです。(平均値は1635g)

この胎児発育曲線には、95.4%の赤ちゃんの推定体重が当てはまります。

ただし、成長の度合いには個人差があります。
残りの4.6%の赤ちゃんは胎児発育曲線に当てはまらず、推定胎児体重には誤差もあるのです。

そのため、推定体重が少ないまたは多いからといって、問題があるとはいえません。

心配な場合は、かかりつけ医に相談してくださいね。

参考:日本産科婦人科学会


逆子体操は必要?


このころの赤ちゃんは頭が重くなるため、身体の向きが、頭を下にした縦向きになります。

しかし、なかには頭を上にした縦向きのままの赤ちゃんもおり、逆子と呼ばれます。

逆子と聞くと「大変!治さなければ」と慌てるママもいますが、逆子だからといって赤ちゃんの成長に支障はありません。

ただ逆子の場合は、出産時のリスクを抑えるため、帝王切開での出産になるケースが多いようです。

逆子を治すのに効果があるといわれている逆子体操も、「必ずおこなわなくてはならない」というわけではありませんが逆子体操で頭の位置が下向きになったという先輩ママもたくさんいるので、体調がよければ医師と相談してチャレンジしてもいいでしょう。


胎動はどうなるの?


赤ちゃんが成長するつれ、胎動の感じ方が弱くなっていきます。

31週ころは、まだ胎動が強く感じられるママもいれば、弱くなったと感じるママもいるでしょう。

胎動が弱くなったからと言って、とくに不安になる必要はありません。

感じ方に個人差があるため、出産直前まで胎動が強かったというママもいるようです。

妊娠31週目のマイナートラブル


妊娠31週に起こりやすいマイナートラブルのひとつに腰痛があります。

おなかが重くなるにつれ、姿勢が悪くなりやすく、腰痛などのマイナートラブルに繋がるのです。

歩くときは、背筋を伸ばしてゆっくりと一歩ずつ重心をかけて歩くようにしましょう。

またイスに座るときは、ひざを曲げながらゆっくり腰を下ろして、深く腰かけるようにします。

おなかの重さにあわせて体を反りたくなりますが、まっすぐ立つことを意識するだけで、腰痛の予防になるでしょう。

妊娠31週目で気を付けたいこと


妊娠31週目の生活における注意点をまとめました。

階段に気をつけて

おなかが大きくせり出してくるため、足元が見えづらくなります。
転落したら一大事なので、手すりを持つなどして、ゆっくりと降りましょう。

塩分のとりすぎに注意

赤ちゃんが大きくなるにともない全身の血液循環量が多くなるため、妊娠後半期は血圧の上昇に注意しましょう。

妊娠中以降に、最高血圧140mmHg以上・最低血圧90mmHg以上になる、もしくは高血圧で尿たんぱくがみられると妊娠高血圧症候群と診断されることが多いようです。

妊娠高血圧症候群と診断された場合、管理入院や帝王切開になることもあります。

血圧を上げないためには、塩分を控え、バランスのよい食事をとることも大切なので、普段の食事にも気をつけましょう。

ストレスをためないことも大切です。

参考:女性に優しい職場作りナビ「妊娠高血圧症候群」

おかしいと思ったら病院に相談を

いつもと異なるおなかの張りおりもの変化、出血や水が流れ破水してしまった場合は切迫早産、早産の可能性があります。
すぐに、病院で診察を受けましょう。

また、赤ちゃんを守るために、定期健診には必ず行きましょう。

おすすめの過ごし方


妊娠しているからといって、ずっと家で過ごさなければならないなんてことはありません。

体調のよい日は外に出て、体調の悪い日はゆっくり休み、充実したマタニティライフを送りましょう。

体調がよければショッピングやランチもOK

体調のよい日は、ショッピングやランチに行くのもOKです。

妊娠中は、これからの出産や子育てに不安になることがあります。
そんなときは一人で家にいるより、外にでかけたりお散歩などの適度な運動をしてストレス発散するとよいでしょう。

休憩を多めに入れて、ムリしないようにしてくださいね。

急に体調が悪くなる可能性があるため、出かけるのであれば誰かと一緒に行くか、一人にならない場所がオススメです。

シムスの体位で体を休める

おなかが大きくなるにつれて、きちんと寝られない、眠りが浅いといった悩みがでてきます。

疲れやすいので、休めるときはきちんと休むのがよいでしょう。

おなかが大きく、横になるのがしんどい妊婦さんにオススメの寝方は、抱き枕を使ったシムスの体位です。

横になって楽な姿勢で抱き枕を抱え、上になった足を少し前に出して曲げましょう。

リラックスして眠れるようになるだけではなく、「むくみが取れた」という先輩ママの声もあります。

試してみてはいかがでしょうか。


赤ちゃんを迎える準備を進めよう

赤ちゃんは出産予定日に生まれてくるとは限らないので、入院準備や育児用品の準備は余裕をもって進めましょう。
出産前は前駆陣痛や本陣痛の痛みで準備どころではありません。
しっかり準備して、落ち着いて分娩に臨めるといいですね。

入院準備用品は、産婦人科によって指定がある場合もあるので、病院の指示にしたがいましょう。

体調が悪ければムリをせず、体調のよい日におこなってくださいね。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...