【妊娠32週】胎児の体重は?後期つわりやお腹の張り、出産準備はいつから?

妊娠32週目


日を追うごとに、おなかの赤ちゃんは成長していきます。

それにともなって、ママのからだや心も変化するので、不安に感じることもあるでしょう。

この記事では、妊娠9ヶ月の1週目にあたる妊娠32週に、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのかをまとめました。

出産準備を始めるタイミングや、この時期に起こりがちなトラブルについても紹介しています。

妊娠32週目のママの変化


妊娠32週のママの体と心が、どのように変化するのかみていきましょう。

体調の変化

後期つわり」と呼ばれる、胃のむかつきや吐き気をもよおす人が増えます。

妊娠初期のつわりと違い、大きくなった子宮に、胃が圧迫されて押し上げられることが原因です。

1度にたくさんの量を食べられなくなるので、1回の量を減らして、食事の回数を増やすといいですよ。

また、胃だけではなく、そのほかの内臓器官も、子宮の成長により圧迫されます。

肺が圧迫されることによる息切れや動悸、膀胱が圧迫されることによる尿漏れが起こりやすいでしょう。

おなかが張る回数も増えます。

運動したり疲れた後は、より張りやすくなるので、適度な休憩を入れながらムリせず過ごすようにしましょう。

張りは、横になって安静にするとおさまります。

出血や痛みなどの症状があるときは、早産や切迫早産などの危険性があるため、病院に相談しましょう。

気分の変化

安定期に比べると、後期つわりなどにより、気分がすぐれないことも増えるでしょう。

出産への期待と不安で、落ち着かないと感じるママも多いようです。

「赤ちゃんの様子や母体がいつもと違う気がする」
「エコーの数値が気になる。ダウン症かも」など、心配になることもあるでしょう。

気になることは思いつめずに、医師や看護師に気軽に質問してください。

ストレスがたまると、おなかの張りにもつながります。

上手なストレス発散法を見つけることも大切です。

おなかが重くなるにつれて、「うまく寝つけない」「楽な体勢が見つからない」という悩みもでてきます。

そんなときは、寝方を工夫してみましょう。

妊婦さんは、抱き枕を使った「シムスの体位」が楽に過ごせるといわれています。

方法は簡単で、横になって楽な姿勢で抱き枕を抱え、上になった足を少し前に出して曲げるだけです。

ぜひ、試してみてくださいね。

実際のお腹の画像

先輩ママの妊娠経過や、体重の変化をご紹介します。

個人差があるため、あくまで参考にしてくださいね。

  • お名前:あみんママ
  • 身長:164cm
  • 妊娠前体重:48.5Kg
  • 32週目の体重:56.0Kg
  • 妊娠前からの増加体重:7.5Kg
  • コメント:最近、たくさんの量を食べれなくなった。すぐに胃がムカムカします。たまに吐きそうになる…
  • お名前:Marikoママ
  • 身長:153.5cm
  • 妊娠前体重:43Kg
  • 32週目の体重:51.7Kg
  • 妊娠前からの増加体重:8.7Kg
  • お名前:fujikoママ
  • 身長:158.5cm
  • 妊娠前体重:54.8Kg
  • 32週目の体重:54.3Kg
  • 妊娠前からの増加体重:-500g

妊娠中お腹が大きくなる様子

妊娠中のおなかの成長を記録した動画を紹介します。

実際のおなかの変化や体験談も参考になりますよ。

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠32週目の赤ちゃんの変化


妊娠32週目の赤ちゃんは、どのような成長をしているのかまとめました。

丸みをおびた体つきに

赤ちゃんには

  • 皮下脂肪が付き、ふっくらとした体つきになる
  • 爪や髪の毛がのびる
  • 排泄運動がはじまり、子宮内でおしっこをする
  • 表情が豊かになる

などの、成長がみられます。

多くの赤ちゃんが、子宮内で頭を下にした状態になりますよ。

頭を上にしている逆子の場合は、32週以降羊水が減り、赤ちゃんの動けるスペースがだんだん減っていくので、自然になおりにくくなります

ただ、32週以降に逆子がなおった先輩ママもいます。

またおよそ3%は逆子のまま37週まで過ごし、そのほとんどは帝王切開分娩で出産されています。

参照:国立研究開発法人国立成育医療研究センター「骨盤位外来」

逆子体操に取り組むときは、かかりつけ医と相談して進めてくださいね。

羊水が減り、赤ちゃんの動くスペースが減ることで、胎動が弱くなったと感じることもあるようです。

赤ちゃんが動くと、おなかがぐにっと波打ち、元気に動いているようすが見られることもあるでしょう。

平均的な赤ちゃんの大きさは1368g~2242gくらい

胎児発育曲線を確認すると、32週0日の赤ちゃんの大きさは1368g~2242g程度、平均値は1805gくらいです。

この胎児発育曲線には、95.4%の赤ちゃんの推定体重があてはまります。

参照:日本産科婦人科学会

ただし、成長の度合いには個人差があります。

残りの4.6%の赤ちゃんは胎児発育曲線にあてはまらず、推定体重には誤差があるものです。

そのため、大きさが平均と違うからといって、問題があるとはいえません。

心配な場合は、かかりつけ医に相談してくださいね。

出産準備はいつから?


32週になったら、赤ちゃんのお世話グッズや服、ママの入院準備などの出産準備を進めていきましょう。

赤ちゃんは出産予定日に生まれてくるとは限らず、妊娠中は何があるかわからないので、準備は早めに進めておくのがオススメです。

産院までの行き方をシミュレーションしておこう

産院までタクシーで行くのか、誰かに連れて行ってもらうのかなど、移動手段をシミュレーションしておきましょう。

都会では陣痛タクシーなどもあります。

日中に陣痛が起きるとは限らないので、深夜に陣痛が来るパターンも考えておくと安心です。

産院やタクシー会社の電話番号を携帯に登録し、さっとかけられるようにしておきましょう。

産後の手続きについても考えておこう

赤ちゃんを出産すると、出生届・児童手当・健康保険の加入・乳幼児医療費助成などの手続きが必要です。

出生届は、誕生した日を含めた14日以内に届ける必要があります。

新生児を連れて期限内に市役所に行くのは難しいため、他の手続きも含めて、パパがおこなうことが多いようです。

必要な持ち物などを先に確認しておけば、スムーズに進むでしょう。

役割分担を含め、パパと情報を共有しておくといいですね。

妊娠32週目のマイナートラブル

32週の妊婦さんに起こりやすい、マイナートラブルと対処法をまとめました。

尿漏れが起こりやすい

子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されるため、尿漏れに悩まされるママが多くなります。

くしゃみをした途端など、ふとした瞬間にでてしまうこともあるでしょう。

尿漏れ対策に、妊婦さん用の吸水ライナーが販売されています。

消臭効果がある商品なら、外出時でも安心ですよ。

おりものの量がふえる

おりものの量が増えます。

通気性のよい下着をつけたり、こまめに下着やおりものシートを変えて、清潔に保ちましょう。

おりものの色は、通常であれば白や無色です。

血液が混ざっている場合は、病院に相談してください。

母乳がでることも

ママの体の中では、着々と出産準備が進められており、乳首から薄い黄色みがかった分泌液(初乳)がでることがあります。

「まだ生まれていないのに」と驚くかもしれませんが、母乳の準備が始まっている証拠なので、とくに問題ありません。

母乳がでたときは、乳首をふいて清潔に保ちましょう。

出産後に母乳が出やすくなるように、おっぱいマッサージにチャレンジするのもオススメです。

ただし、おなかの張りをひきおこすこともあるので、ムリはしないようにしましょう。

妊娠32週目で気を付けたいこと


日常生活での注意点をまとめました。

体重の増え過ぎに注意

体重が増えやすく、体重管理が難しい時期です。

急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病につながります。

妊娠高血圧症候群になると、早産や母体の脳出血、胎児の発育不全、出産時の酸欠などのリスクが高まるので注意が必要です。

対策として、バランスのよい食事を意識しましょう。

食べ過ぎを防止するために、よく噛んで食べるのも効果的です。

お菓子などの甘いものは気分転換程度にしましょう。

定期健診が週2回に

月1回だった定期健診が、2週間に1回に増えます。

仕事や上の子の預け先など、スケジュールの調整が必要な人は、忘れないよう注意しましょう。

早産や細菌感染がないかを検査する大切な検診なので、必ず受診してください。

転倒に気をつけて

大きくなったおなかで、足元が見えないというママもいるでしょう。

赤ちゃんの成長にしたがって、自分で靴下がはけなかったり、足の爪が切れないこともあります。

おなかが邪魔になり足元が見えなくなると、転倒の可能性も高まります。

ヒールのある靴は避け、階段の上り下りはできるだけ手すりをつかむなどして、危険を回避しましょう。

オススメの過ごし方

どんな風に過ごすか迷ってしまうときもありますよね。

そんなときのために、オススメの過ごし方をまとめました。

赤ちゃんとコミュニケーションをとってみよう

胎教のひとつに「キックゲーム」というものがあります。

これは、赤ちゃんの胎動が感じられたら、ママが赤ちゃんの叩いた場所を叩き返すというものです。

慣れてくると、ママが叩いたのと同じ位置で叩き返すようになることもあり、胎児とのコミュニケーション法として人気があります。

このころの赤ちゃんは外の音や光を感じられるので、話しかけたり音楽を聞かせてあげるのもいいですよ。

雑巾がけや散歩で体力作り

出産や育児は、体力勝負な部分もあります。

今後に備えて、体力を蓄えておくのもよいでしょう。

身体を動かすことで、ストレス発散にもなります。

雑巾がけや散歩などがオススメです。

おなかの張りを感じたら休むようにして、ムリのない範囲でおこないましょう。

ゆっくりと食事をする

友人や旦那さんと、ゆっくり食事をするのもオススメです。

個人差はありますが、産後は赤ちゃんのお世話があるので、なかなか落ち着いて外食できません。

食欲があれば、コミュニケーションを兼ねて、行きたかったお店やおしゃれなお店で食事するのもいいですね。

体調を優先しながら残りの妊娠生活を楽しもう


妊娠32週目になると、後期つわりや頻尿・尿漏れ、動悸・息切れなどのマイナートラブルに悩まされるママも多いでしょう。

休憩を多めに取り、おなかが張るときは安静に過ごすといいですね。

体調がよければ、出産準備を進めたり、行きたかったお店で食事をして、残り少ないマタニティライフを楽しんではいかがでしょうか

妊娠31週妊娠33週

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...