【妊娠33週】胎児の体重は?前駆陣痛がはじまる?逆子はどうしたらいい?

妊娠生活中には嬉しいこと、楽しいことがたくさんありますが、さまざまな変化に戸惑いや不安を感じることも多いでしょう。

この記事では、妊娠9ヶ月の2週目にあたる妊娠33週のママや赤ちゃんに、どのような変化が起こるのかをまとめています。

起こりやすいマイナートラブルと対処法や、オススメの過ごし方、前駆陣痛などについても紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠33週目のママの変化

この時期、ママの体調と心がどのように変化をするのか、まとめました。

体調の変化

妊娠33週になると、みぞおちあたりまで大きくなった子宮に内臓器官が圧迫されるため、

  • 胃のむかつき、胃もたれ、吐き気(後期つわり)
  • 頻尿・尿漏れ
  • 動悸・息切れ

といった症状が出やすくなります。

お腹の張りも頻度が増えるでしょう。

疲れると、お腹が張りやすくなるため、こまめに休憩をとるのがオススメです。

体重の増加によって、妊娠前より身体が疲れやすくなっていますので、予定は余裕をもって組みましょう。

気分の変化

おなかの重みや出産への不安で、睡眠不足になるママが増えます。

いままで仰向けで寝られていたママも、寝つきにくかったり、寝苦しくなってはいませんか?

妊婦さんが寝やすいとされるシムスの体位もあります。
抱き枕を使って体重を分散しつつ、楽な姿勢を探すなど工夫しましょう。

日中は適度な運動をしたり、お風呂のときにアロマや入浴剤を使ってリラックスするなど、眠りやすい環境を整えるといいですね。

実際のお腹の画像

個人差があるとわかっていても、先輩ママがどんな経過だったのか気になるママも多いでしょう。

実際のおなかの画像と、体重の変化をご紹介します。

あみんママの妊娠33週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 22週目の体重
    56.6Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.1Kg
あみんママ2人目妊娠33週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5Kg
  • 22週目の体重
    56.8Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.3Kg
  • コメント
    赤ちゃんは1800gまで大きくなりました。
    胎動は痛いくらい激しいです。尿漏れが気になる様になりました。
    体重管理がなかなか難しいです。
Marikoママの妊娠33週目のお腹の大きさ
  • お名前
    Marikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43Kg
  • 22週目の体重
    50.5Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    7.5Kg
ふじこママの妊娠33週目のお腹の大きさ
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8Kg
  • 22週目の体重
    54.3Kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -500g

妊娠中お腹が大きくなる様子

妊娠から出産までの、お腹と体重の変化を動画でまとめています。

これからの変化の参考にもなるので、チェックしてみてくださいね。

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠33週目の赤ちゃんの変化

33週の赤ちゃんは、どのような成長をしているのかまとめました。

お腹の中で赤ちゃんはどう成長している?

妊娠33週の赤ちゃんは

  • 脳の発達にともない、頭位が大きくなる
  • 皮下脂肪がつき、ふっくらとした体つきになる
  • 胎脂でおおわれる
  • 髪や爪が伸びる

このような成長がみられます。

エコー写真も、だいぶ赤ちゃんらしくなったのではないでしょうか。

ただ正産期は37週0日~41週6日までとされています。

36週6日までは早産となるため、もう少しおなかの中にいてくれるといいですね。

五感も発達し、外の光を感じたり、音を聞いたりしています。
たくさん話しかけてあげましょう。

出産予定日が近づくにつれ、スペースがなくなり赤ちゃんが動きにくくなるため、胎動を感じにくくなります。

逆に胎児が動こうとするときは、おなかの表面に手や足の形がくっきりと出て、痛みを感じることもありるでしょう。

胎動がまったく感じられず、いつもと違う様子があれば、病院に相談してください。

平均的な赤ちゃんの大きさは1509~2451gくらい

胎児発育曲線を確認すると、33週0日の赤ちゃんの大きさは1509g~2451g程度のようです。
平均値は1980g。

この胎児発育曲線には、95.4%の赤ちゃんの推定体重が当てはまります。

ただし、残りの4.6%の赤ちゃんは胎児発育曲線に当てはまらないようですし、推定体重には誤差があるものです。

成長の度合いには個人差があるため、平均的な大きさと違うからといって、赤ちゃんに問題があるとは判断できません。
心配な場合は、かかりつけ医に相談してくださいね。

参照:日本産科婦人科学会

前駆陣痛がはじまる?

前駆陣痛は、子宮の筋肉が収縮することで起きる、分娩につながらない痛みのことです。

「偽陣痛」と呼ばれることもあります。

はじまる時期には個人差があり、妊娠9ヶ月ころから感じるママもいれば、感じずに出産を終えるママもいるようです。

前駆陣痛には

  • 痛みの間隔が不規則である
  • 横になったり安静にすると、おさまったり弱くなる
  • 痛みの強さが弱くなったり、強くなったりと不規則

このような特徴があります。

本陣痛であれば、痛みの間隔は規則的で、徐々に短くなっていきます。痛みの強さは、徐々に強くなっていくでしょう。

本陣痛なのか、前駆陣痛なのか迷った場合は、陣痛の間隔を測ると判断しやすいですよ。

不安な場合や、ほかに出血などの症状がある場合は、病院に連絡しましょう。

逆子はどうしたらいい?

妊娠33週ころになると、羊水が減り、赤ちゃんが動けるスペースも小さくなるため、逆子が治りにくくなります。

とはいえ、33週以降に逆子がなおったという先輩ママもおり、なおる可能性はあるようです。

ただ、逆子体操は自己判断でおこなわないようにしましょう。
医師と相談して、進めてくださいね。

逆子は、「必ず治さなければいけない」というものではありません。

逆子のまま帝王切開などで、元気に生まれてくる赤ちゃんも多くいますよ。

妊娠33週目のマイナートラブル

よく起こるマイナートラブルと、その対処法をまとめました。

腰痛・足のむくみ

体重の増加により、足や腰への負担が増加します。

そのため、腰痛や足のむくみ、足の付け根の痛みに悩むママも多いようです。

腰痛は、背骨をそらさず、正しい姿勢を心がけると起こりにくくなります。

休息を多めにとり、足や腰にかかる負担を少なくしましょう。

ひどいむくみのときは、妊娠高血圧症候群の疑いがあります。

痛みが大きい場合は、医師に相談してくださいね。

後期つわり

子宮に胃が圧迫されるされるため、吐き気や胃もたれ、胃のむかつきなどの後期つわりとも呼ばれる症状が出てきます。

  • 食事の回数を分け少量ずつ食べる
  • 消化のよいうどんやおかゆに切り替える

このように対処しましょう。

個人差がありますが、妊娠10ヶ月頃になると、赤ちゃんが骨盤の中まで下りてくるため、胃の圧迫がなくなり、症状が落ち着くことが多いようです。

頻尿・尿漏れ

膀胱が子宮に圧迫されるため、頻尿・尿漏れが起こりやすくなります。

こまめにトイレに行き、我慢しないようにしましょう。

尿漏れ対策には、消臭効果のあるマタニティ用の吸水シートが販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。

出産が近づくと、より膀胱が圧迫され、症状がでやすくなります。

妊娠33週目で気をつけたいこと

妊娠33週目の注意点や、おこなっておきたいことをまとめました。

バランスのよい食事をとろう

赤ちゃんに栄養を送るためには、ママの食生活が重要です。
バランスのよい食事を心がけましょう。

つわりで食事の回数を分けることもあるかと思いますが、1日のトータルカロリーが多くならないよう気をつけてくださいね。

お産の流れを把握する

出産方法とお産の流れを把握しておきましょう。

出産方法には、自然分娩や帝王切開、無痛分娩などがあり、自然分娩の予定でも緊急的に帝王切開になるケースもあります。

お産の流れには個人差がありますが、知っておいて損はないでしょう。

入院グッズなどの出産準備用品だけでなく、ママの気持ちも、出産に向けて準備しておくと安心感がありますよ。

陣痛の痛みの逃し方や、呼吸法をチェックして、シミュレーションしてみるのもオススメです。

保育園の情報をチェック

産休・育休後に仕事復帰するなど、早めに保育園に入れる予定のママは出産前に情報収集しておきましょう。

保育園に入りにくい地域だと、保育園探しに苦労することもあります。

出産後、ゆっくりと赤ちゃんと関わるためにも、先に準備しておくといいですね。

不安なことは医師に相談する

妊娠期間中は、不安になることもあるでしょう。

ママの体調や赤ちゃんの様子、エコー検査の様子から「ダウン症かも」といった不安まで、感じることはさまざまです。

気になったことはひとりで抱えず、医師や看護師さんに相談してみましょう。

オススメの過ごし方

妊娠33週にオススメの過ごし方についてまとめました。

名前を決めよう

赤ちゃんの名前は決まりましたか?

名前はパパとママ、家族からの最初の贈り物です。

手続き上、はじめに必要となる出産届は、出産後14日以内に提出と定められています。

出産まであと少しのこの時期、そろそろいくつかの候補に絞ってもみてもいいかもしれませんね。

女性に比べ男性は身体の変化がなく、パパになる実感が沸かないという人も多いようです。

名前を考えることで、少し実感が得られるかもしれません。

適度に運動をしよう

出産には体力・気力が必要になるため、体調が許すならば、適度に運動しておくとよいでしょう。

この時期にオススメの運動は、

  • マタニティヨガ
  • ウォーキング
  • 雑巾がけ
  • スクワット

などです。

腹痛やおなかの張りを感じたら中止し、体調を第一にして、ムリなく行ってくださいね。

体調第一で過ごそう

おなかが大きくなることでマイナートラブルも増える時期です。

後期つわりや前駆陣痛でしんどいときは、安静するなどゆっくり過ごしましょう。

体調がよいときは、赤ちゃんを迎える準備をすすめてもいいですね。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...