【妊娠34週】胎児の体重は?赤ちゃんのエコーは?腹痛や陣痛はある?

妊娠34週は、月で数えると妊娠9ヶ月の3週目となります。

出産、産後の準備をし始め、お腹の膨らみは著しくなり赤ちゃんに出会えるのが待ち遠しいママも多いことでしょう。

働いているママは、今週から産休に入ります。
産休中も定期的に上司と連絡をとっておくと、職場復帰もスムーズにいくことが多いようです。

妊娠34週目のママに腹痛や陣痛などはあるのか、赤ちゃんはどのくらいの大きさになっているのか、など、妊娠34週目の様子をみていきましょう。


妊娠34週目のママの変化


妊娠34週目では、あまりお腹が大きくなかったママでも「急にお腹が出た気がする」と感じることがあるようです。

お腹が膨らみ妊婦らしい姿に

ママのお腹が外から見て目立つようになり、妊婦らしい姿になります。

気分の変化

一般的には、お腹が大きくなったり胎動を感じることで、ママ自身が「お母さんになる」という自覚が強くなるようです。
この時期は出産への楽しみがあるいっぽう、近づく出産への不安を感じる方もいるようです。

実際のお腹の画像

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 34週目の体重
    57.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.9kg
  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 34週目の体重
    57.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.9kg
  • コメント
    ここにきてまた体重管理が難しいです。
    10kg増まであと1kgです(^^;
    相変わらず胃は気持ち悪くあまり食べれていませんが体重だけは増え続けています。
    腰は今までと違った位置が痛み出しました。
  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 34週目の体重
    52kg
  • 妊娠前からの増加体重
    5kg
  • お名前
    Malikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 34週目の体重
    51.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.3kg
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 34週目の体重
    54.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -500g

妊娠中お腹が大きくなる様子

妊娠34週目の赤ちゃんの変化

妊娠34週目では、赤ちゃんがお腹を蹴ったり、動いたりする胎動を強く感じることが増えてきます。
この時期は、赤ちゃんの大きさも日に日に増していきます。

お腹の中でおこっていること

妊娠34週目の胎児の発達は、最終段階に入り、身体の機能はほぼ産まれても問題ない程度に近づきます。

平均的な赤ちゃんの大きさは45cmくらい

  • 身長 約40~47cm
  • 体重 約1,400~2,900g

個人差はありますが、およそこのくらいのようです。

多くの産婦人科では、妊婦健診の際にエコー写真を渡してもらえます。

エコー写真の端には、その日の胎児の体重や身長が記されていますので、お腹の赤ちゃんの今の大きさが分かります。

内臓機能の発達

妊娠34週になると赤ちゃんの内臓機能が発達するので、肺機能の発達により肺呼吸ができるようになります。

また、脳の発達により感情も発達しているので、外からの声に反応します。
声をかけるとお腹を蹴ったり動いたり、といった反応をする赤ちゃんもいるようです。

徐々に骨もしっかり強くなってきます。
始めは頭蓋骨から硬くなりますが、34週になると身体全体の骨が丈夫になってきます。

ママの身体には皮下脂肪がつき始めて、ふっくらしてきます。

万が一、早産で赤ちゃんが外に出ても、生きていける機能が備わってきます。

神経系が発達する

今まで以上に赤ちゃんの中枢神経や末梢神経が発達し、表情を変えたり指を動かしたりできるようになります。

自律神経も発達し、体温調節機能も充実してきます。

交感神経、副交感神経のバランスも整い、心拍や呼吸の働きも安定しています。

生活リズムがつき始める

赤ちゃんは昼夜の感覚はありませんが、20~30分おきに寝たり起きたりしています。

起きているときは、手や足を動かしたり、身体の向きを変えたりします。
このときに、ママは胎動を感じることがあります。

また、赤ちゃんはママのお腹の中で、排泄の練習をしています。
そのため、羊水を飲んで排泄することを繰り返します。

妊娠34週の赤ちゃんのエコー

このころの赤ちゃんの姿は超音波検査(エコー検査)では、どのように見えるのでしょうか。

妊娠初期では経膣超音波検査ですが、34週目ではお腹の上からエコーをかける経腹超音波検査で赤ちゃんの様子を見ます。

妊娠中期までは胎児の身体全体がエコーで写し出されますが、34週目では身体の一部分だけが写ることが多いようです。

それだけ赤ちゃんが大きくなっているのです。

エコーから見える赤ちゃんの様子

妊娠34週目のエコー写真では、身体の細かい部位を見れます。

赤ちゃんが手を開いていたり、指しゃぶりをしていたりといった様子をリアルタイムで見られるので、ほほえましく感じるママもいるようです。


このエコー写真では、赤ちゃんの大腿骨の部分が写っています。
大腿骨の長さから、おおよその体の大きさを判断しています。

頭から背の部分です。

背中の方をママのおへそ側にして、頭を上の方を向けています。
このエコー写真では逆子のため、頭が子宮口の方にありません。

3Dエコーは表情まで分かる

医療機器の発達によって、現在では3Dエコーを導入している産婦人科があります。
3Dエコーでは、赤ちゃんの顔や形の凹凸、表情まで見ることができます。

この写真では、左目の近くに左手を置いているのがわかります。
目、鼻、口、唇の輪郭もはっきり見えています。