【医師監修】「妊娠34週」胎児の身長と体重は?妊婦の体調の変化と過ごし方

【医師監修】「妊娠34週」胎児の身長と体重は?妊婦の体調の変化と過ごし方

妊娠34週は、妊娠9ヶ月の4週目にあたります。

お腹も大きくなり、赤ちゃんに出会えるのが待ち遠しいママも多いことでしょう。

この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

【この記事で分かること】

  • 妊娠34週目のママの様子
  • 妊娠34週目の赤ちゃんの様子
  • 妊娠34週目マイナートラブル
  • 気をつけたい病気・トラブル
  • 妊娠34週目の過ごし方

妊娠34週のママと赤ちゃんの様子や、この時期の過ごし方をまとめました。

それぞれ確認していきましょう!

妊娠34週目のママの変化

妊娠34週目のママには、以下のような変化があります。

お腹のふくらみが目立つようになる

ママのお腹が外から見て目立つようになり、妊婦らしい姿になります。

子宮底長は28〜31cmほどになり、羊水の量も多くなる時期です。

お腹が少しずつ下がってくる

妊娠34週目の時点で、お腹が少しづつ下がりだすママもいます。

これは、赤ちゃんが骨盤に向かって降りてくるからです。

お腹が下がることで、いままでの圧迫感が和らぎ、呼吸が楽になるでしょう。

一方で、膀胱が圧迫されるようになるため、次は頻尿や尿漏れといったおしっこのトラブルに悩まされるようになります。

お腹が張りやすくなる

妊娠34週目に入ると、お腹が張りやすくなります。

出産に向けて、子宮が収縮を繰り返すのが理由の一つです。

お腹の張りを感じた場合は、ムリをせず安静にしてください。

様子をみても治まらず、痛みが強くなる場合は病院を受診しましょう。

出産への不安を感じるように

この時期は出産への楽しみがあるいっぽう、近づく出産への不安を感じるママも多いようです。

これは、お腹が大きくなったり、胎動を感じることで、「お母さんになる」という自覚が強くなるからでしょう。

実際のお腹の画像

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 34週目の体重
    57.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.9kg
  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 34週目の体重
    57.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.9kg
  • コメント
    ここにきてまた体重管理が難しいです。
    10kg増まであと1kgです(^^;
    相変わらず胃は気持ち悪くあまり食べれていませんが体重だけは増え続けています。
    腰は今までと違った位置が痛み出しました。
  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 34週目の体重
    52kg
  • 妊娠前からの増加体重
    5kg
  • お名前
    Malikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 34週目の体重
    51.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.3kg
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 34週目の体重
    54.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -500g

妊娠中お腹が大きくなる様子

【妊娠34週目のママの変化まとめ】

  • お腹が大きくなり、妊婦らしい見た目になる
  • お腹が下がり、尿もれに悩まされるようになるママもいる
  • お腹の張りを感じるようになる
  • 「お母さんになる」ということを実感し、不安になることも

妊娠34週目の赤ちゃんの変化

続いて、妊娠34週目の赤ちゃんの変化について確認していきましょう。

妊娠34週目の赤ちゃんの変化は、以下の通りです。

平均的な赤ちゃんの身長は40~47cmくらい

妊娠34週目の胎児の身長は40~47cm、体重は1,400~2,900gほどです。

この時期は個人差も大きいので、医師から注意されない限り、特に心配する必要はないでしょう。

また、多くの産婦人科では、妊婦健診の際にエコー写真を渡してもらえます。

エコー写真の端には、その日の胎児の体重や身長が記されていますので、お腹の赤ちゃんの今の大きさが分かりますよ。

見た目が新生児に近づいてくる

妊娠34週目にもなると、見た目も新生児に近づいてきます。

皮下脂肪がつき始めて、ふっくらとした赤ちゃんらしい体つきになりますよ。

また、徐々に骨も丈夫になってくるでしょう。

最初は頭蓋骨から硬くなり、34週目になると身体全体の骨が丈夫になってきます。

内臓機能が発達する

妊娠34週目になると、赤ちゃんの内臓機能が発達します。

お腹の外に出ても生きていけるように、準備をしている最中です。

まず、肺機能が発達することで、肺呼吸ができるようになります。

また、また、脳の発達により感情も発達しているため、声をかけるとお腹を蹴ったり動いたり、といった反応をする赤ちゃんもいるようです。

神経系が発達する

今まで以上に赤ちゃんの中枢神経や末梢神経が発達し、表情を変えたり指を動かしたりできるようになります。

また、自律神経も発達し、体温調節機能も充実してくるでしょう。

交感神経、副交感神経のバランスも整い、心拍や呼吸の働きも安定していますよ。

生活リズムがつき始める

妊娠34週目の赤ちゃんは、一定の生活リズムを送りはじめます。

赤ちゃんは昼夜の感覚はありませんが、20~30分おきに寝たり起きたりしているのです。

起きているときは、手や足を動かしたり、身体の向きを変えたりするため、ママは胎動を感じることがあります。

【妊娠34週目の赤ちゃんの変化まとめ】

  • 赤ちゃんの身長はは40~47cm、体重は1,400~2,900gくらい(※個人差あり)
  • ふっくらとした新生児らしい見た目に近づく
  • 内臓機能が発達し、外の世界で生きていく準備を始める
  • 中枢神経や末梢神経が発達する
  • お腹の中を一定の生活リズムで過ごすようになる

妊娠34週目の赤ちゃんのエコー写真

妊娠34週目の赤ちゃんの姿は、超音波検査(エコー検査)ではどのように見えるのでしょうか。

妊娠初期では経膣超音波検査ですが、34週目ではお腹の上からエコーをかける経腹超音波検査で赤ちゃんの様子を見ます。

妊娠中期までは胎児の身体全体がエコーで写し出されますが、赤ちゃんが大きくなった34週目では身体の一部分だけが写ることが多いようです。

エコー写真から見える赤ちゃんの様子

妊娠34週目のエコー写真では、身体の細かい部位を見ることができます。

赤ちゃんが手を開いていたり、指しゃぶりをしていたりといった様子をリアルタイムで見られるので、ほほえましく感じるママもいるようです。


上のエコー写真では、赤ちゃんの大腿骨の部分が写っています。

大腿骨の長さから、おおよその体の大きさを判断できるのです。


こちらのエコー写真は、頭から背の部分です。

背中の方をママのおへそ側にして、頭を上の方を向けています。

このエコー写真では逆子のため、頭が子宮口の方にありません。

3Dエコーは表情まで分かる

医療機器の発達によって、現在では3Dエコーを導入している産婦人科があります。

3Dエコーでは、赤ちゃんの顔や形の凹凸、表情まで見ることができます。

上のエコー写真では、左目の近くに左手を置いているのが分かります。

目、鼻、口、唇の輪郭もはっきりと見えますね。

妊娠34週目のマイナートラブル


次に、妊娠34週目に起こりやすいマイナートラブルをみていきましょう。

マタニティライフも終盤に差し掛かり、様々なトラブルに悩まされることになります。

妊娠34週目にみられるマイナートラブルは、以下の通りです。

【妊娠34週目のマイナートラブル】

対処法もあわせて解説するので、参考にしてください。

足の付け根の痛み

足の付け根が痛むのは、妊娠後期によくみられる症状のひとつです。

リラキシンと呼ばれるホルモンの影響で、じん帯や関節がゆるむため、内臓や身体を支える力が弱まり、骨や筋肉に大きな負荷がかかります。

そして、ゆるんでいる恥骨結合部や股関節が子宮の重さによって圧迫されるため、足の付け根が痛くなるのです。

解消には適度な運動が最適ですが、痛みがひどい場合はムリしないように。

マタニティヨガやストレッチのような軽い運動から取り入れましょう。

骨盤ベルトの使用もおすすめですよ。

手足のしびれ

この時期になると手足がしびれるケースがあります。

多くは軽度のしびれですが、モノがつかめない、手足がうまく動かせないといったしびれの場合はただちに受診が必要です。

しびれの原因は、主に4つ考えられます。

  • 子宮がまわりの臓器や血管を圧迫する
  • 自律神経の乱れ
  • ビタミンB1不足
  • リラキシンの影響

手足のしびれの対処法は、なんといっても血流をよくすることです。

グーチョキパーを繰り返すだけでも楽になりますよ。

また、レッグウォーマーや腹巻といった冷え対策も効果的です。
ただし、きゅうくつなものは、逆に血行を悪くしてしまうので自分に合ったサイズを使うとよいでしょう。


乳首がかゆくなることも

妊娠34週目ころは「乳首がかゆくてたまらない」というママもいます。

これは、ホルモンバランスが変化し、赤ちゃんが生まれたあと、おっぱいをあげられるように乳腺や乳管が発達しているからです。

妊娠中はいつもより乾燥しやすくなるため、化粧水や乳液を使って乳首も保湿するようにしましょう。

また、にじみ出た乳汁を放置しているとかゆみの原因になるため、定期的にふき取るようにしてください。

【妊娠34週目のマイナートラブルまとめ】

  • 痛みがひどいときは安静に!マタニティヨガや骨盤ベルトを試してみる
  • 血行をよくして手足のしびれを解消
  • 妊娠中は乾燥しやすい!乳首もしっかり保湿してかゆみ対策

妊娠34週目の注意点


妊娠34週目に気をつけたい病気・トラブルを確認していきましょう。

妊娠34週目の注意点は、以下の通りです。

切迫早産

お腹の張りが10分間隔になり陣痛がおこる、安静にしていてもお腹の張りが収まらないなどの場合は、切迫早産の可能性があります。

切迫早産は、早産になりかかっているということです。

切迫早産の特徴は以下のとおりです。

  • お腹が張り続ける、または頻繁に張る
  • 安静にしていても痛みが治まらない
  • 痛みが強くなる
  • 不正出血
  • 破水

切迫早産かもと感じたら、迷わず病院を受診しましょう。

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

激しい下腹部痛をともない、固く張ったままの状態が続く場合は、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)になっている可能性があります。

常位胎盤早期剝離は、まだ赤ちゃんがお腹の中にいるにも関わらず、胎盤がはがれてしまうトラブルです。

常位胎盤早期剥離の要因は、大きく分けてふたつのケースがあります。
交通事故などの外傷によっておこるケースと、自然におこる場合です。

赤ちゃんは胎盤を通して酸素や栄養を受け取っているので、母体だけでなく、赤ちゃんの生死にも関わります。

医療機関に運ばれた時点でお腹の赤ちゃんが弱っている場合は、緊急帝王切開になるケースもあるため、早期に発見することが重要ですよ。

激しい腹痛を感じたら、すぐに病院へ向かいましょう。

妊娠後期の下腹部痛は、前駆陣痛の場合も

妊娠後期である34週目は、前駆陣痛が起きることも。

前駆陣痛は本陣痛とは異なり、赤ちゃんが出てくるものではありません。

本陣痛が始まる前に、子宮を収縮させることで、赤ちゃんが通る「子宮頚管」や「子宮下部」を柔らかくする働きがあります。

痛みの強さや感じ方は人それぞれで、眠れないほどの痛みを感じるママもいれば、ほとんど痛みを感じないママもいるようです。

前駆陣痛は不規則なので、本陣痛のように、一定の間隔での痛みはありません。

「お腹が張ったな」と何回か感じると、いつの間にか感じなくなっている、ということの繰り返しです。

前駆陣痛と本陣痛の違いを頭に入れておきましょう。

【妊娠34週目の注意点まとめ】

  • お腹の張りが収まらないなどの場合は、切迫早産の可能性
  • 常位胎盤早期剝離は赤ちゃんの命に関わる!早期発見が大事
  • 前駆陣痛と本陣痛の違いを理解しておこう

妊娠34週目の過ごし方

妊娠34週目は妊娠後期になり、臨月まであと少し。

出産に向けての準備をする期間です。

切迫早産などのリスクが大きくなる時期なので、お腹が張ったら横になるなど、できるだけ無理をしない生活をしましょう。

妊娠34週目の過ごし方は、以下の通りです。

外出はできるだけ近所で済ませる

何が起きても大丈夫なように、外出はできるだけ最寄りで済ませましょう。

遠出をした先でトラブルが起きた場合、かかりつけの産科医で診てもらえないこともあります。

まずはお腹の赤ちゃんと母体を一番に考えて過ごすことが大切です。

万が一のときを考えて、外出時には母子手帳や保険証を持ち歩くようにするとよいでしょう。

適度な運動と休息をする

適度な運動をすることで、安産につながりやすくなります。

出産には、体力と筋力、身体の柔軟性が必要です。
ママの体力があると産後の回復も早くなります。

雑巾がけをする、家の周辺を散歩する、ストレッチや柔軟体操をするなど、日常生活に運動を取り入れるとムリなく続けられますよ。

ただし、やりすぎは厳禁です。
疲れを感じたり、体調が悪くなったら、しっかり休養しましょう。

働いているママは産休に入る

働いているママは、妊娠34週目から産休に入ります。

出産手当金や育児休業給付金などの手続きについて、事前に確認しておきましょう。

また、産休中も定期的に上司と連絡をとっておくと、職場復帰もスムーズにいくことが多いようです。

入院の準備を始める

妊娠後期には、いつお産がきてもおかしくないため、早めに入院の準備をしておきましょう。

病院からもらったリストを確認して、必要なものをそろえましょう。

また、ご主人などご家族と入院中の家事や生活について話し合っておくと、安心して入院できますよ。

出産時の呼吸法を練習しておく

出産時の呼吸法の練習や出産のイメージトレーニングをして、出産の準備を始めましょう。

一般的には、深く呼吸すると陣痛の痛みをやわらげ、スムーズなお産になりやすいようです。

出産時の呼吸法は、「胸式呼吸」「腹式呼吸」などがあります。

病院によって異なるため、呼吸方法は病院の指示に従いましょう。
どちらの呼吸法でも、息を吐いてから吸うのがポイントですよ。

特に初めてお産をするママは、不安や痛みなどで緊張して体がこわばってしまいます。

事前に息を吐くことを練習しておいて、お産にのぞみましょう。

【妊娠34週目の過ごし方まとめ】

  • 何が起きても対処できるように、買い物などは近所で済ませる
  • マタニティヨガのような軽い運動を日常に取り入れる
  • 働いているママは育休に入る
  • 入院の準備は早めに済ませておく
  • 本番の出産位備えて、呼吸法を練習しておく

妊娠34週目は体調の変化に気をつけて


妊娠34週目は、ママも赤ちゃんも出産に向けてどんどん準備を進めています。

体調の変化やマイナートラブルに悩まされることもあると思いますが、長かったマタニティライフもあとひと踏ん張りです。

きたるべきお産に備えて、規則正しい生活を心掛けましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...