【医師監修】「妊娠36週」胎児の大きさや胎動は?お腹の張りは?どう過ごせばいい?

妊娠36週で、ついに臨月である10ヶ月をむかえます。

体内で赤ちゃんを感じる大切な時間も残りわずかとなり、そわそわとしてしまうママも多いかもしれません。

母子ともに、お産の準備を本格的に始める妊娠36週目。

この時期に、ママと赤ちゃんに、どのような変化が起こるのかを確認していきましょう。

妊娠36週目のママが気をつけておきたいポイントから、おすすめの過ごし方まで、詳しくご紹介します。

妊娠36週目のママの変化

妊娠36週目のママは後期つわりも和らぎ、赤ちゃんとの対面に向けて気持ちが落ち着かなくなる頃です。

臨月をむかえたママの変化を確認していきましょう。

ママの体調の変化

まずはさっそく、妊娠36週目にママの体調はどのように変化をするかみていきます。

後期つわりが軽くなる

吐き気や胸やけといった後期つわりが軽くなります。

お産に向けて、赤ちゃんの頭が下がってくることで、肺や心臓、みぞおちあたりの圧迫感から解放されるため、吐き気や胸やけが軽減されるというわけです。

体重が増えやすい(食欲が増す)

後期つわりが和らぎ、食欲が戻ることで体重が増加しやすい時期です。

お腹が大きくなり、動きづらくなるためママの活動量も少なくなります。

そのため、急激な体重増加には気をつけてください。

体重増加の目安

妊娠36週の7日間で増える体重は、0.3~0.5kgが目安です。
食欲が戻ることで、食べ過ぎには注意しましょう。

この1週間で1kg以上、体重が増えてしまった場合は、医師に相談のもと食生活の見直しを行ってください。

胎動が感じづらくなる

妊娠36週になると、以前よりも感じる胎動の数が減ります。

出産が近づき、胎児の頭が骨盤に固定されるため、胎動を感じづらくなります。

ただし、手足の動きは活発なままなので、胎動が全くなくなるということはありません。

1時間のうちに、まったく体動をかんじないようなときは、受診が必要です。

36週目のおなかの画像

 

  • お名前

あみんママ

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5kg

  • 36週目の体重

57.8kg

  • 妊娠前からの増加体重

9.3kg

 

  • お名前

Marikoママ

  • 身長

153.5cm

  • 妊娠前体重

43kg

  • 36週目の体重

53.6kg

  • 妊娠前からの増加体重

10.6kg

 

  • お名前

fujikoママ

  • 身長

158.5cm

  • 妊娠前体重

54.8kg

  • 36週目の体重

55.3kg

  • 妊娠前からの増加体重

0.5kg

36週目に向けておなかが大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊婦検診の頻度が週1になる

臨月をむかえると、お産に向けて、詳しく母子の状態をチェックするために、妊婦検診の頻度は週1回になります。
では、どのような検診をおこなうのか内容をみていきましょう。

子宮口の確認をする

基本的に、36週目で子宮口が開くママは少ないようです。
しかし、なかには、36週目で子宮口が開き始めるママもいるようです。
臨月となり、「いつ生まれてきてもおかしくない」とお産の心構えを始めておきましょう。

血圧・尿蛋白の検査

血圧と尿蛋白の検査は、妊娠高血圧症候群妊娠中毒症)の兆候を知るためにおこないます。

NST(ノン・ストレス・テスト)

胎児心拍モニタリングといわれるNSTは、赤ちゃんが元気で、お産に耐えられる状態かどうかを調べる検査です。
ママのお腹に器具をつけて、大事の心拍数や胎動、子宮収縮について詳しく確認します。

赤ちゃんの正確な心拍数を測るため、検査に40分ほどかかる場合もあります。
これは、胎児が20分間隔で眠ったり、起きたりしているためです。
時間に余裕をもって、検診を受けましょう。

ストレスが減り、気持ちも楽に過ごせる

後期つわりが軽くなり、食欲も戻ることで、精神的に余裕を感じやすい時期です。

体調がよいことで「お出かけしたい」と考えるママもいるかもしれません。
ただし、臨月は「いつ出産してもおかしくない」状態。

すぐに病院へ迎える範囲で、お産に向けて穏やかに過ごしましょう。