【妊娠4ヶ月】つわりや赤ちゃんの変化は?過ごし方は?【妊娠12・13・14・15週】

妊娠4ヶ月になると、つわりが落ち着くママも多く、安定期まであと一歩といったところです。

赤ちゃんの成長も進んで、お腹も大きくなります。

この記事では、妊娠4ヶ月目のママの身体に起こる変化や赤ちゃんの様子、マイナートラブルや過ごし方について詳しく調査しました。

先輩ママの体験談

妊娠4ヶ月のママたちは、どのように過ごしているのでしょうか?

先輩ママの体験談をみていきましょう。

早くも胎動を感じるママもいて、同じ4ヶ月でも、体調や過ごし方には個人差があるようですね。

妊娠4ヶ月の赤ちゃんの状態は?

お腹の中で、赤ちゃんはどのように変化しているのかをまとめました。

赤ちゃんの大きさはどれくらい?

まずは、お腹の赤ちゃんがどのくらいの大きさなのかチェックしましょう。

妊娠週数 胎児の大きさ 胎児の体重
12週 6~7cm
13週 7~8cm
14週 8~9cm 25~60g
15週 10~13cm 40~100g

このように、赤ちゃんはお腹の中で、著しく成長していきます。

1ヶ月の間に、ほぼ倍の大きさになるんですね。

お腹の中で赤ちゃんはどう成長している?

赤ちゃんがお腹の中で、どのように成長しているのかをまとめました。

妊娠週数 胎児の成長
12週 胃や心臓、肝臓、消化器官などがほぼ完成します。
13週 肝臓やすい臓などの消化器官が、働き始める時期です。
14週 気管や咽頭、声帯ができはじめます。
15週 指紋、爪が作られはじめます。

15週ころには胎盤が完成して、ママの体と赤ちゃんがへその尾(臍帯)で結ばれます。

これにより血中から直接送られていた栄養素が、へその尾を通じて直接栄養を送るようになるのです。

妊婦健診のエコー検査で、赤ちゃんが腕をあげたり足を動かしたりと、いろいろなポーズを見せてくれることもあるでしょう。

15週ころには前立腺の発達により性器が見え始めるので、性別がわかることもあります。

妊娠4ヶ月のママの状態は?

生後4ヶ月のママの体は、どのように変化するのでしょうか。

体の変化は?

子宮の大きさの目安を、妊娠週数別にみていきましょう。

妊娠週数 大きさの目安
12週 グレープフルーツくらい
13週 小さめのメロンくらい
14週 新生児の頭くらい

このように、ママの子宮はどんどん大きくふくらみます。

見た目で妊娠していることがわかるようになる人もいるでしょう。

メンタルの変化は?

安定期直前の妊娠4ヶ月ころからつわりが落ちつき、食欲がもどるママが増えてきます。

ただ個人差があるので、まだつわりがひどいというママもいるでしょう。

しんどいときは母体に負担をかけないよう、休憩しながら仕事や日常生活をおくることが大切です。

基礎体温が低温期にはいるため、だるさやほてりから解放されるので、気分よく過ごせる日も増えてくるでしょう。

13週をすぎると、流産の可能性がぐっと減ります

妊娠4ヶ月の健診内容は?

妊娠4ヶ月の妊婦健診では、

  • 尿検査
  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 問診や説明
  • (産院によっては)超音波検査
  • (必要に応じて)血液検査

このような検査をおこないます。

超音波検査の回数など診察内容は、産院によって異なるため、あくまで参考にしてくださいね。

膣に挿入してみていた超音波検査が、11週~12週ごろにはお腹の上から見る経腹法に変わります。

11週までは、1~2週に1回だった検診が、12週に入ると4週に1回になります。

妊娠7ヶ月頃には2週間に1回の頻度にもどります。

受診するときの持ち物は、

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 公費補助券

が必要です。

何か不安なことがあれば、病院で相談してみるとよいですね。

体調がよくても、赤ちゃんの変化を見逃さないために、必ず受診しましょう。

妊娠4ヶ月でしておきたいことは?

妊娠4ヶ月ころに、しておきたいことをまとめました。

体調がいい日に取り組んでくださいね。

理想の体重を把握しよう

妊娠前の体重によって、妊娠中に増えてもよい体重の増加量は変わります。

ここでは、妊娠中にどの程度まで体重が増えてもよいのか、判断する目安となるBMI数値の計算方法をみていきましょう。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

体格区分 妊娠全期間を通しての推奨体重増加量
BMI18.5未満 9~12kg
BMI18.5以上25.0未満 7~12kg
BMI25.0以上 おおよそ5kgを目安
体格区分 妊娠中期から末期における1週間当たりの推奨体重増加量
BMI18.5未満 0.3~0.5kg
BMI18.5以上25.0未満 0.3~0.5kg
BMI25.0以上 医師に要相談

参照:厚生労働省「妊産婦のための食生活指針」

虫歯を治しておこう

産まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因となるミュータンス菌をもっていません。

このミュータンス菌は、大人から赤ちゃんにうつります。

そのため、子どもを虫歯にしないためには、周りの大人が虫歯治療をして、うつす確率を減らすことが大切です。

重度の歯周病になると、早産や低体重児出産のリスクが高まるという研究結果もあります。

妊娠中は女性ホルモンが増加することや、つわりで歯のケアがしにくいことから、歯周病や虫歯になりやすいこともあるでしょう。

つわりが落ち着いたら、歯科を受診し、虫歯や歯周病がないかチェックしてみるといいですね。

参照:北海道歯科医師会「虫歯予防の基礎知識」
参照:日本歯科医師会「母子手帳活用ガイド」

マタニティ下着に切り替えよう

マタニティ下着とは、バストやお腹を締めつけず、やさしく支える下着のことです。

赤ちゃん用品店や通販で購入できます。

ママのバストは母乳の準備をするため、妊娠2ヶ月から徐々に変化していき、個人差はありますが2カップほど大きくなります

お腹も赤ちゃんが成長するにしたがって、大きく膨らんでいくでしょう。

マタニティ下着に変えることで、身体の変化を妨げず、不快感なく過ごせますよ。

洋服もお腹が大きくなってきたと感じたら、締めつけの少ない楽な服装に切り替えていきましょう。

妊娠中しか着ないのでもったいないと感じる場合は、出産後にも使える授乳口つきのマタニティウェアも売られているのでチェックしてはいかがでしょうか。

先輩ママたちの意見をとりいれた、おしゃれで機能性の高いマタニティウェアも増えていますよ。

妊娠線予防をはじめよう

妊娠線とは、皮下組織の一部が急激に引き伸ばされることでできる、赤い筋のことです。

妊娠中にお腹が大きくなることが原因ですが、下腹部以外にバスト、太ももにも出ることもあるでしょう。

妊娠線を予防するには、保湿が効果的だといわれています。

肌の水分を保つことで、柔軟に皮膚が伸びやすく、変化に対応できるのです。

急激な体重増加は、妊娠線ができる原因にもなるので、体重管理も大切です。

推奨体重増加量を目指しましょう。

妊娠線は、一度できると消えないといわれているので、早めにケアをはじめるのがオススメです。

万が一妊娠線ができても、時間の経過にしたがい徐々に薄くなっていくようです。

現状以上に濃くしないためにもケアを続けましょう。

葉酸の摂取はマスト

妊娠中は、バランスのよい食事をとることが大切です。

つわりが落ち着き、食事が食べられるようになったら、貧血や妊娠高血圧症候群、急激な体重増加を防ぐためにも食事の内容に気をつけましょう。

なかでも葉酸は、ママやお腹の赤ちゃんに必要な栄養素であるにもかかわらず、不足しがちです。

意識的に摂取しましょう。

葉酸はどれくらい必要?

成人女性はは、1日240μgの葉酸摂取を推奨されています。

妊娠中は、さらに200μg多い440μgが1日に必要な葉酸摂取の目安にしましょう。

妊娠前や妊娠初期は、胎児に神経管閉鎖障害が発症するリスクを軽減するために葉酸が必要です。

葉酸には、血液を作る手助けをするため、妊娠3ヶ月以降も必要量を摂取しましょう。

参照:厚生労働省「不足しがちなビタミン・ミネラルを、「副菜」でたっぷりと」

つわりでムリなときはどうしたらいいの?

葉酸はブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜や、いちご、納豆に多く含まれています。

水溶性ビタミンなので、調理時に流れ出たり体内に蓄積しにくいという特徴があり、食事だけでは補いきれないこともあるでしょう。

そのため、厚生労働省でもサプリメントなどの栄養補助食品の利用を推奨しています。

つわりで食べられないときでも、サプリメントなら摂取しやすいのでオススメです。

ただし、多く摂取すればよいというものではなく、摂りすぎるとビタミンB12欠乏の診断を難しくするため、1日に1000μgを超えないように気をつけましょう。

心配な場合は、かかりつけ医に相談してください。

妊娠4ヶ月目によくあるマイナートラブル

起こりがちなマイナートラブルと、その対処法についてまとめました。

おりもの

妊娠4ヶ月目を迎えると、女性ホルモンの影響や赤ちゃんを出産しやすくするために膣がゆるくなることによって、おりものが増えてきます

妊娠前に比べると量が多いと感じるかもしれませんが、透明や白色であれば心配はいりません。

サラサラしていて、色が濃くなるのは正常です。

おりものが増えたら、通気性のよい下着を着用して、こまめに交換したり、おりものシートを利用しましょう。

シャワーでさっと洗い流すのも、オススメです。

中まで洗ったり、石鹸で頻繁に洗うと、からだを守る常在菌まで流してしまうので注意しましょう。

においや色に異変を感じたら病院で相談しよう。

おりものの色が黄色や黄緑、灰色の場合には感染症を起こしている可能性があります。

茶褐色、ピンク色も切迫流産の可能性があるので、異常を感じたらすぐに病院で診察を受けましょう。

下着がびっしょり濡れるような場合は、おりものではなく破水の可能性があるため、急いで病院へ行ってくださいね。

下腹部痛

赤ちゃんの成長にしたがい、子宮がのびることで、下腹部痛を感じるケースがあります。

また、ストレスによって痛みが起こることもあるでしょう。

下腹部痛を感じたら、横になるなど楽な体勢で休憩してください。

安静後も痛みが続くときや、出血があるときは、病院に行きましょう。

腰痛

お腹が大きくなると、身体のバランスを保つために背中をそらせたり、腰に負担をかけることが増えてきます。

疲れたら座って休むなど腰に負担をかけないようにしましょう。

お腹の重さにあわせて体を反りたくなりますが、まっすぐ立つことを意識するだけで、症状が出にくくなりますよ。

貧血

胎盤が完成するとへその尾(臍帯)を通じて、たくさんの栄養が赤ちゃんに送られるため、貧血を起こしやすくなります。

つわりがおわり、食べられるのであれば、食生活に気をつけましょう。

赤身の肉や魚には、吸収率の高いヘム鉄が多く含まれています。

鉄分の吸収率を高めるビタミンCや、たんぱく質と一緒に食べるとより効果的です。

卵・肉類・レバー・魚介類・大豆類・緑黄色野菜・果物・海藻類は、質のよいたんぱく質や鉄、ビタミンをたくさん含んでいるので、積極的に献立にとりいれましょう。

妊娠4ヶ月のオススメの過ごし方

4ヶ月のママに、オススメの過ごし方をまとめました。

マタニティヨガをとりいれる

妊娠中のマイナートラブル対策にもオススメなのが、マタニティヨガです。

  • 血流をよくする
  • 姿勢を整える
  • 腰痛やむくみ対策
  • 便秘解消
  • リラックス効果

このように、さまざまな効果が期待できます。

マットがあれば、家でも自分ひとりで手軽にできるのもポイントです。

注意点として、下腹部に張りを感じたら、ムリせず中断してくださいね。

マタニティスポーツにチャレンジ

つわりが落ち着いてきたら、リズムに合わせて体を動かすマタニティビクスやマタニティスイミングをはじめてみるのもよいでしょう。

適度な運動は血流をよくするので、むくみや肩こりなどの妊娠中のマイナートラブルを防いでくれます。

体重管理や出産にむけての体力づくりにもオススメです。

はじめる前は、かかりつけ医に相談してくださいね。

散歩でストレス発散

気分転換に散歩をするのもオススメです。

好きな曲を聴きながらあるいたり、公園や子どもたちの遊び場など子育てが始まったあとの情報収集をかねて歩いてもよいでしょう。

楽しいことを考えながら歩くことで、気分もすっきりするはずです。

妊娠初期は、距離を歩く必要はないので、近距離の散歩にするとよいですよ。

戌の日の計画を立てよう

妊娠5ヶ月目に入った戌の日に、腹帯をしめて、神社で安産祈願をおこなう家庭も多いようです。

犬が安産であることにあやかって「犬のように安全で健康な出産ができるように」という願いを込めておこなう安産祈願ですが

戌の日の安産祈願をおこなう場合は、誰といつ、どの神社に、どのような服装で行くのかを早めに考えておくとスムーズですよ。

性交渉は体調をみながらおこなって

妊娠初期は、流産の心配から性交渉を控えていた夫婦も多いのではないでしょうか。

性生活は、夫婦の大切なコミュニケーションの場でもあります。

感染性予防や精子による子宮収縮を防ぐために、コンドームは必要ですが、体調を見ながらおこないましょう。

妊娠4ヶ月のマタニティライフを楽しもう!

妊娠12週から15週のあいだに、胎児の大きさは倍近く成長します。

それにしたがって、ママのお腹も大きくなるので、妊婦用の下着や洋服なども検討しましょう。

つらかったつわりも、だんだんと落ち着いてくる時期です。

バランスのよい食事を心がけて、母子ともに健康に過ごしてくださいね。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...