【医師監修】【妊娠4週】生理っぽい症状?検査薬は反応する?赤ちゃんの状態は?

妊娠4週は、妊娠2ヶ月の1週目にあたります。

この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠4週目のママの変化

妊娠4週目は、ちょうど生理予定日の時期です。

妊娠検査薬を使えば、陽性反応が出はじめるころでもあります。

妊娠1ヶ月から妊娠2ヶ月
妊娠4週目では、ママの体調や気分にどのような変化がみられるでしょうか。

体調・気分の変化

個人差もありますが、代表的な変化は次のとおりです。

  • 熱っぽさ
  • 倦怠感・眠気
  • 便秘・下痢
  • 腹痛・下腹部痛
  • むくみ
  • 胸の張り・痛み
  • つわり・吐き気・胃もたれ
  • 味覚の変化
  • 頭痛
  • 少量の出血
  • おりものの変化
  •     

  • 情緒不安定

妊娠4週目の赤ちゃんの変化

赤ちゃんのほうには、つぎのような変化がみられます。

赤ちゃん=“胚”!器官がつくられはじめます

この時期の赤ちゃんは、“胚”と呼ばれます。

身体の器官がどんどん作られていく「器官形成期」にあたり、つぎの3パーツの胚葉ごとに成長していくわけです。

  • 【外胚葉】
    身体の外側部分をつくる。
    ※脳・神経・脊髄・皮膚・髪の毛・目(水晶体)・歯(エナメル質)な
  • 【中胚葉】
    身体の中心部分をつくる。
    ※骨・筋肉・リンパ組織・血管・心臓・肺・腎臓など
  • 【内胚葉】
    身体の内側部分をつくる。
    ※消化器官(胃腸など)・舌・扁桃腺・尿道・膀胱など

平均的な赤ちゃんの大きさは1~2ミリくらい

妊娠4週目の赤ちゃんは、まだ1ミリに満たない大きさしかありません。

そのため、それぞれの器官を肉眼で確認するのは難しい状態です。

「胎嚢(たいのう)」も、ふつうはまだ確認できません。

※「胎嚢(たいのう)」=赤ちゃんが入っている袋。

ママとのネットワーク“胎盤”が準備をスタート

この時期になると、胎盤が作られはじめます。

胎盤が完成するにはまだ2ヶ月ほどかかりますが、赤ちゃんの糞尿を排出したり、ママから酸素や栄養を受け取ることができるのです。

妊娠4週目のマイナートラブル

急激なホルモン変化がはじまるこの時期には、身体の不調を感じる人も多くなります。

具体的に、どのような症状があるのかみていきましょう。

便秘やむくみに悩まされる

妊娠によって発生する“ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)”というホルモンが、女性のホルモンバランスに変化をうみだします。

この時期は、女性ホルモンのひとつである“プロゲステロン(黄体ホルモン)”が活発化。
それによって体内に水分がためこまれやすくなり、むくみやすくなります。

腸内の水分まで栄養として身体にとられてしまうため、便秘を経験する人も多いようです。

なかには、便秘で腸内環境が悪化して下痢になったり、便秘と下痢を繰り返す人もいます。

その他生理と間違いやすい諸症状がでることも

胸の張りや痛み、ひどい眠気やだるさを感じる人もいるようです。
生理前の症状と似ているものが多いので、妊娠していても、生理と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

おりものが増えて不快に感じる場合もある

水っぽいサラサラのおりものが増え、不快に感じる人もいるようです。

また、妊娠中は身体の抵抗力がおち、感染症にかかりやすくなります。

もしおりものが臭かったり、色がついていたり、陰部にかゆみを感じる場合には、病気の可能性も考えられるため注意が必要です。

人によっては“つわり”がはじまるケースも

妊娠初期につきものの“つわり”は、多くの場合、妊娠5~6週目ごろからはじまるといわれています。

しかし早い人では、4週目のこの時期からおこることもあるようです。

つわりには何種類かあり、食べると気持ちが悪くなる「吐きづわり」以外にも、空腹だと気持ちが悪くなる「食べづわり」や、眠くてしかたない「眠りつわり」などさまざまあります。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分