【妊娠5ヶ月】安定期、性別がわかる?【16・17・18・19週】

妊娠5ヶ月は、個人差はあるものの、お腹が目立ってきて妊婦らしい体型になってくる時期です。

一般的に「安定期」と呼ばれる時期に入り、胎盤が完成することでつわりが軽くなったり流産の発症率が低くなります。

そのため友人や上司など、周りに妊娠の報告をするママも増えてくる頃です。

最近では4Dエコーで、赤ちゃんの顔や姿・形を記録できる産院も増えていて、より赤ちゃんを授かった現実味が湧いてくることでしょう。

ここでは妊娠5ヶ月ならではの、ママの変化や赤ちゃんの様子などを解説します。

先輩ママの体験談

妊娠5ヶ月、先輩ママたちは妊娠したとあらためて実感することが多くなります。

先輩ママ
お腹が出てきて、ちょっと出産が不安になった…
先輩ママ
胎動を感じてうれしかった!
上のように、不安と期待が入り混じる時期ですよね。

また安定期に入り、出産にむけた準備を本格的にはじめるママも多いようです。

妊娠5ヶ月の赤ちゃんの状態は?


妊娠5ヶ月には胎盤が完成しているため、赤ちゃんは直接ママから栄養を受け取り成長します。

赤ちゃんの成長は目覚ましく、からだがどんどん大きくなり、見た目や感覚もどんどん人間に近づいてくるでしょう。

妊娠5ヶ月の時期にみられる、胎児の特徴をみてみましょう。

赤ちゃんの大きさはどれくらい?

個人差はありますが、妊娠5ヶ月の赤ちゃんの大きさは、身長が約18㎝、体重は約150gほどだといわれています。

頭の大きさは、身長の約1/3程度です。

コウノトリ先生
妊娠19週のエコー写真です。
お腹の中にいる赤ちゃんの様子が、はっきりと見えますね。

参照:アスペクト「すべてがわかる妊娠と出産の本」

お腹の中で赤ちゃんはどう成長している?

赤ちゃんは、からだの外観がどんどん人間らしくなるだけでなく、感覚もどんどん発達します。

また手足の動きも活発です。

からだの外見が変化します

生後5ヶ月には、赤ちゃんの主要な器官はすでに出来上がっています。

この時期には下記のような成長がみられますよ。

  • 内臓の発達がすすむ
  • 全身に産毛が生える
  • 皮下脂肪が増え、胎脂がでてくる
  • 頭髪が生える
  • 爪が生える

妊娠5ヶ月には腎臓、肝臓などの器官がほぼ完成し、肝臓も発達がすすみます。

胎脂(赤ちゃんのからだを覆うクリーム状の脂肪)や産毛は、赤ちゃんの肌を外部の刺激から守ってくれますよ

脂肪が増えてくるため、皮膚は透明から、不透明な赤色っぽくなってきます。

感覚が発達します

赤ちゃんの五感は、妊娠5ヶ月の時期にも少しずつ形成されています。
なかでも一番はじめに完成するのが「触覚」で、妊娠5ヶ月の時期にはすでに音を伝える耳小骨が発達し始めているようです。

また超音波のエコー写真では、指しゃぶりの画像が確認できることもあるでしょう。

指しゃぶりは、口に触れる指の感覚を確かめる動きといわれています。

また産まれてきたときにおっぱいに吸い付く(吸てつ反射)ための練習をしているという説もあるようです。

動きが活発になり、胎動を感じることも

妊娠5ヶ月の胎児は骨や筋肉ができあがってくるため、羊水の中で自由に動き回るようになります。
まれに胎動を感じるママもいるようです。

多くのママは妊娠6ヶ月ごろに胎動を感じることが多いので、たとえ胎動をいま感じられなくとも焦る必要はまったくありませんよ。

検診で性別がわかるってホント?

産婦人科の妊婦検診で、性別が確認できるのは、早いケースでも妊娠16週といわれています。

この頃の胎児は、まだとても小さいですが、身体のつくりには男女の差がしっかりでてきているようです。

ただし赤ちゃんの性別がわかる時期には個人差が出ます。
妊娠5ヶ月の時点で赤ちゃんの性別が分からなくとも、心配する必要はまったくありません。

また妊娠中に性別を教えてもらえても100%合っているとはいいきれないことも覚えておきましょう。

妊娠5ヶ月のママの状態は?


妊娠5ヶ月になると、ママの身体の変化もより著しくなってきます。

ママの体の変化は、赤ちゃんが成長しているからこそ起こるものです。
過剰に不安にならずに、ゆったりとした気持ちで受け止めていきましょう。

体の変化は?

妊娠5ヶ月ならではの変化として、からだが丸みを帯びたり正中線がみられるようになります。

体型や乳房の変化

子宮の大きさは、オレンジ1個分くらいになり、服の上からお腹が目立つようになってきます。

また皮下脂肪が全体的に増えるので、ふっくらした体型になり、体重が増加します。

これはどんどん大きくなっていくお腹の赤ちゃんを守るため、ともいわれているようです。

また乳腺の発達により、乳房が大きくなりはじめます。
胸がムズムズしたり、かゆみを感じる女性も多いです。

今まで着ていた服や下着ではからだが圧迫されるため、負担を減らすためにマタニティ用の衣類をそろえる時期でしょう。

くわしくはこちらをご覧ください。

正中線が現れはじめる

正中線(せいちゅうせん)とは、お腹の真ん中に、臍から真っすぐにおりる茶色っぽい線のことです。

皮膚のひび割れである「妊娠線」とは別で、妊娠中にだけ自然に現れるものなので、心配はいりません。

女性のからだは、産まれたときから正中線があるのだそう。
普段は薄くて見えなかったものが、妊娠によるホルモンの影響で、濃くなってくるのです。

正中線以外にも、シミやソバカスが濃くなったり、乳首や外陰部が黒ずんできたりといったメラニンの変化が出ることがあります。

正中線について、詳しく知りたい方は「妊娠中に「正中線」が濃くなった?産後消えるの?対策はある?」をご覧ください。

いっぽう妊娠線は皮膚がひび割れることで出来るので、出産後もシワが残ってしまう可能性があります。
対策についてすぐに知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

メンタルの変化は?

妊娠5ヶ月は、安定期といわれ、ママの体調も心も安定することが多いといわれています。

しかしなかには妊娠中期に入ってイライラしたり、涙が止まらないなど情緒不安定になる妊婦さんもいるようです。

妊娠中期になると、お腹のふくらみが目立ってきたり、妊娠前より身体が動きにくくなったりといった身体の変化が体感できるようになることが原因のひとつかもしれません。

そんなときは、旦那や先輩ママである実母に相談するなど、自分ひとりで抱え込まないことが大切でしょう。

自分が集中できて楽しめることを、見つけるのもよい方法ですね。

引き続き妊婦健診に行きましょう

妊娠5ヶ月は安定期とされ、つわりなどのツライ症状が起きにくいうえに、赤ちゃんの成長への心配もひとまず落ち着きます。

引き続き妊婦健診へ行き、母子のからだが健康かどうか確認しましょう。

妊娠5ヶ月の女性がよく受ける検査の種類は以下の通りです。

  • 体重・血圧測定
  • 尿検査
  • 赤ちゃんの心拍測定
  • 子宮の大きさ
  • 子宮底長
  • 手足の浮腫(むくみ)、下肢の静脈瘤

また妊娠5ヶ月には羊水検査、トリプルマーカー検査などの出生前診断が受けられます。

赤ちゃんが健康なのかどうか、より正確に知るために使われる診断ですが、診断を希望する場合は事前にパートナーや担当医とよく話し合うことが大事です。

詳しくは「【医師監修】出生前診断(NIPT)費用や精度、条件は?デメリットはある?」を参照ください。

参照:アスペクト「すべてがわかる妊娠と出産の本」

妊娠5ヶ月でしておきたいことは?


妊娠5ヶ月になると、いよいよ妊婦生活の折り返し地点を過ぎて、出産を意識するようになるでしょう。

臨月に近くなると、身体が思うように動かなくなることも考えられるので、今のうちから少しずつ出産準備をすることをおすすめします。

里帰り出産のママは転院先の確認を

里帰り出産を予定している妊婦は、医師から紹介状をもらい、出産予定の病院を一度受診しておくことをおすすめします。

病院によっては、初回の受診時期が違うので、事前に確認しておきましょう。

転院先の病院を知っておくことは、出産にむけてイメージがつきやすく、いざというときの安心感につながります。

母親学級・父親学級をしている産院もあるので、とくに初産の妊婦や初めてお母さん・お父さんになるという方は、受けると新しい気持ちや決意が芽生えることもあるようです。

戌(いぬ)の日のお参り

毎月2回の「戌の日」に神社で安産祈願をするという、日本独特の文化があります。

戌は子沢山で安産ということから、母体も産まれてくる赤ちゃんもともに健康であることを祈るというものです。

その際に、事前に購入した「腹帯」を持っていき、安産祈願をします。

ママやパパが仕事をしている場合もあるので、戌の日ぴったりにお参りができなくても、妊娠5ヶ月の月にパートナーと予定を合わせて行くという場合が多いようです。

妊娠線への対策をしておく

お腹がふくらむと、妊娠線ができる可能性があります。

妊娠線は、皮膚が引きのばされることで内側の皮膚(真皮)が断裂してできるシワです。

「できてしまってからのアフターケアには、時間と労力がかかり、思うように治らない」といったママ達の声もあります。

  • 保湿力の高い妊娠線クリームを使用する
  • 体重の増加を管理し、ゆっくりとお腹の皮膚が伸びるようにする

上記のような、普段からの対策が大事ですね。

万が一、妊娠線ができた場合は、専用の浸透力の高いクリームを塗ったり、レーザー治療や血流改善治療などを美容クリニックで受けたりといったケアが注目されています。

妊娠線クリームは妊娠線対策にぴったり!選ぶポイントは?

妊娠線クリームは手軽にママの肌をケアするにはピッタリなアイテムです。

妊娠線クリームを選ぶときは、「塗り心地」「香り」「成分」が自分の好みとあうか確認しましょう。

つわりが妊娠中期に入っても続く場合は、できるだけ香りの少ないものを選ぶのも大切になります。

また「成分」は、

  • 血行をよくする「葉酸」
  • 冷え性を温める「ヘスペリジン」
  • 美容効果の高いビタミンC誘導体

など、含まれる栄養分の種類によって期待できる効果が違います。

からだの調子をみながら選ぶのも楽しいですね。

よくあるマイナートラブル


安定期とはいえ、この時期に現れやすいマイナートラブルがあります。

症状が現れたときに、冷静に対処するためにも、覚えておくとよいでしょう。

お腹のハリ・出血

お腹のハリは、子宮がきゅーっと固くなって締め付けられるような感覚を感じることをいいます。

頻度が低い、身体を休めるとすぐにおさまっていくという場合は、それほど心配はいりませんが、頻繁な張り・休んでもおさまらないという場合は、すぐに病院を受診しましょう。

また、出血がある場合も、切迫早産の可能性があるので、すぐに受診が必要です。

切迫早産とは、「早産」とは別物で、妊娠22週以前に赤ちゃんが産まれそうになる状態のことをいいます。

お腹の痛み

妊娠中期のお腹の痛みの出方は、人それぞれさまざまな原因があるようです。

「チクチク」「ズキズキ」とつっぱるような痛みが部分的に起こる場合は、子宮を支える靭帯が原因で、一時的なものの可能性が高いです。

お腹の赤ちゃんに心配はいらず身体を休めて治まるのを待ちましょう。

ただしお腹のハリをともなう子宮の痛みを感じる場合、すぐに受診しましょう。

「休んでも治まらない」「定期的な痛み」「子宮全体が締め付けられるような痛み」は、注意が必要です。

その際、何分間ほど続く痛みが何回あったか、出血はあるかなどを気をつけて観察しておくと、受診の際にスムーズです。

立ちくらみ・貧血

お腹の中では、小さかった赤ちゃんがぐんぐん成長しています。

そのため血液が足りず貧血傾向で体調に影響がでるケースがあるようです。

鉄分・葉酸・カルシウムなどの栄養素を、積極的に摂ることが大切ですよ。

食事からじゅうぶんな量を摂ることが難しい場合は、サプリメントを飲んで補うこともオススメです。

血液検査の結果や立ちくらみなどの症状がひどいなど、場合によっては、薬を処方されることもあります。

そのほかのマイナートラブル

多くの場合、妊娠5ヶ月のママはつわりの症状が治まっているでしょう。
しかしつわりの症状が続いたり、ぶり返したりするケースもあります。

また子宮が大きくなることで、胃や肺が圧迫され、階段をのぼったり運動時の、動悸や息切れの症状が、気になる方が増えてくるようです。

集中力が落ちたり、目がぼやけるといったマイナートラブルもあります。

妊娠によって、母体にさまざまな影響がでてきますが、赤ちゃんに異常があるわけではない症状もたくさんあるので、心配しすぎる必要はありません

不安に思うことがあれば、先生や助産師に相談してみましょう。

オススメの過ごし方


安定期ということで、お腹の赤ちゃんを感じながら、マタニティライフをたのしむことも大切でしょう。

身体に無理がかからないように配慮しながら、日常生活を過ごすようにしましょう。

赤ちゃんの動きにお返事しましょう

妊娠5ヶ月の赤ちゃんは、羊水の中を動き回ることが多くなります。

赤ちゃんがお腹を蹴るのを感じたら、優しく叩き返してあげるとよいですね。

バランスのよい食事でムリせず体重管理!

今まで吐きづわりやニオイつわりなどで食欲が低下していたところ、つわりが治まることで、「反動から食べ過ぎてしまう」という妊婦さんの声が多いようです。

妊娠中のトラブル予防やスムーズなお産の経過のためには、栄養バランスのよい食事でゆるやかに体重を増やしていくとよいですね。

妊娠中期の赤ちゃんはママから直接栄養をもらうので、鉄分カルシウムを積極的に食事から摂るように意識しましょう。

また体重は、1週間に200~300gずつ増えていくくらいが目安とされています。

食事を我慢しすぎるのはよくないですが、急激な体重増加がないよう、週に1回以上は体重計にのってみることで意識することをおすすめします。


マタニティ服・下着

お腹が大きくなっても、普通の服・下着を着れますが、あまりおすすめはできません。

からだを締め付けると母体に負担がかかるので、ゆったりとしたマタニティ服を用意しましょう。

また普通のブラジャーは締め付けが強く、胸の発達を押さえつけるため、血行が悪くなってしまう可能性があります。

いっぽうマタニティブラは、ノンワイヤーで、カップ部分の素材も柔らかく、身体をしめつけないようにつくられています。

また、ボトムもウエスト部分の締め付けを感じないものにするのがベターです。

妊娠中はサイズの変化も激しいので、自分の身体に合ったものを少しずつ買い替えることをおすすめします。

仕事はムリのない範囲で

妊娠5ヶ月は、まだまだ働くことができる時期ではあるものの、やはり身体に無理がかからない配慮は必要です。

長時間の立ちっぱなし・力仕事・冷暖房の効きすぎた環境は、避けるようにしましょう。

また、長時間同じ姿勢でいるとおなかの血行が悪くなりがちなので、デスクワークの場合でも、適宜歩いたり、伸びをしたりと身体を動かすことが大切です。

旅行や運動を思いきり楽しもう

安定期のうちは、旅行など出産前にやっておきたいことをするのにピッタリの時期です。

身体が疲れやすかったり、普段よりむくみやすいので、適度に休憩を入れるなど身体にムリがかからないような計画を立てましょう。

旅行も運動も、からだに負担をかけることなので、かならず事前に検診を受けて主治医に確認をとってください。
また万が一に備えて健康保険証・母子手帳を、持ち歩く習慣をつけておくとよいですね。

マタニティヨガ

医師の許可がおりれば、マタニティヨガも運動の一環としてオススメです。

マタニティヨガの教室に行くことで、妊婦友達ができたり、同じような悩みを聞いてもらえるため、メンタル部分でもおすすめできます。

もちろんDVDやYoutube動画などで、自宅でマタニティヨガをするのもよいでしょう。

呼吸法などは、出産のときにも役立ちます。

5ヶ月のママは今を楽しんでみて


妊娠中、お腹の赤ちゃんは休むことなく成長・発達を続けています。

赤ちゃんとママは、身体も心もつながっているといわれ、まさに一心同体の状態でしょう。

ママが新しい生命を感じながら穏やかな気持ちで過ごすことは、赤ちゃんにとっても居心地のよい環境になります。

仕事・子育てをしているママも、ストレスがある場合は、自分なりの解消方法をみつけて上手にリラックスして過ごしましょう。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...