【妊娠7ヶ月】お腹が張りやすい?【24・25・26・27週】

「お腹が目立ってきた」
「なんか、最近お腹が張る」

安定期後半の妊娠7ヶ月では、赤ちゃんとママはどんな風に変化していくのでしょうか。

先輩ママの体験談や、気になる赤ちゃんとママの身体の状態などをご紹介します。

先輩ママの体験談

妊娠7ヶ月の赤ちゃんの状態は?

妊娠7ヶ月には、男の子か女の子かの性別がもうわかっているころです。

お腹の中では、赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか。

赤ちゃんの大きさはどれくらい?

赤ちゃんの大きさは、身長35センチくらい、体重1000グラムくらいにまで成長しています。

妊娠7ヶ月のエコー写真では、目鼻立ちまでわかってきます。

お腹の中で赤ちゃんはどう成長している?

器官の成長はほとんど終わり、身体の筋肉の成長が発達する時期で、体を伸ばしたり縮めたり、手を握ったりと動きも活発です。

脳も発達し、それに伴い感覚器官も発達していきます。

視覚

光に反応するようになり、朝と夜の区別ができるようになります。

聴覚

外からの音が聞こえます。

血管を流れる血液の音や、ママの声を記憶するそうです。

味覚

味覚も発達し、苦みや甘みの区別がついていきます。

嗅覚

ママの好きな香りや、嫌いな匂いにまでも反応するほど発達します。

鼻の穴も通り、肺呼吸の準備ができ始める時期です。

妊娠7ヶ月のママの状態は?

妊娠7ヶ月目にはいると、4週間に1度だった検診が2週間に1度になります。

お腹も大きくなってきたママの身体とココロの状態をまとめました。

体の変化は?

お腹がどんどん大きくなり体型の変化がおとずれる、妊娠7ヶ月目。
どんな状態に変わってくるのでしょうか。

息苦しく感じる

お腹が大きくなると子宮が心臓や横隔膜を圧迫するので、日常生活のなかでも、動悸や息苦しさを感じることがあるかもしれません。

また赤ちゃんに栄養を送るため、血液量が増えているので、心臓への負担も大きくなり、少し動いただけでも息が切れたりします。

お腹の張り

7ヶ月になるとお腹が張りやすくなり、腹痛を感じることが多くなります。
陣痛ではないので、しばらく休むとおさまってくるでしょう。

お腹が減る!甘いものが食べたい!

赤ちゃんの成長にともなって、体内のブドウ糖が胎児に優先して送られるので、母体の糖分が不足しがちです。
そのため「甘いものが食べたくなる」、という妊婦さんが多くなります。

過剰な糖分を摂ると、体重が増えすぎてしまうので、体重管理はしっかりと行ってくださいね。
理想の増加体重は7~12kgといわれています。

夜、寝苦しい…

お腹が大きくなっていくこの時期は、寝苦しくなってくるもの。

身体が思うように動かず、寝返りもしづらくなるので、夜に目を覚ましてしまうという人もいるでしょう。
寝苦しいときには、クッションや抱き枕などで、自分に合った寝姿勢をとってみてください。

また妊婦さんにおすすめなのは、「シムスの体位」という寝姿勢です。

「シムスの体位」

「シムスの体位」はイギリスの産婦人科医が考案した寝姿勢のことをいいます。
体の左側が下になるように、横向きに寝ることによって、お腹に負担がかからなくなりリラックスして眠ることができるそうです。

7ヶ月で起こるかもしれない異常

妊娠7ヶ月で起こりやすいといわれる異常について、まとめました。
異常を感じたときは、すぐにかかりつけの先生に相談しましょう。

前駆陣痛

前駆陣痛とはニセ陣痛ともいわれています。
陣痛だと思いがちですが、妊娠7ヶ月で本陣痛が起こることはほとんどありません。

前駆陣痛は、多い場合では1日に4回〜5回起こりますが、しばらく休んでいると自然におさまるケースが多いです。

逆子

逆子とは子宮内で頭が上で、足が下を向いた状態になることです。
逆子のまま臨月を迎えると、帝王切開になる可能性もあります。

胎動が激しくなる、妊娠7ヶ月。
赤ちゃんは子宮の中で動き回り、頭が上になることもありますが、赤ちゃんの頭が重くなり、自然に元の場所に戻ることが多いといわれています。

前置胎盤

前置胎盤とは、胎盤が正常より低い位置で形成され、子宮の出口にかかっていることです。

胎盤が子宮にかぶさり、ふたをしてしまっているような状態で、痛みなどの症状はありません。
前置胎盤が起こる頻度は、全体の0.3~0.6%といわれています。

進行すると早産の原因にもなり、リスクの高い帝王切開での分娩となります。

突然出血するなどした場合には注意が必要です。
産婦人科を受診してください。

メンタルの変化は?

妊娠7ヶ月は安定期ということもあり、体調面でも精神面でも落ち着いている時期といえるでしょう。

しかしお腹が大きくなりはじめ、身体が動かしづらくなるなど、体型が変化する時期でもあり、気持ちが不安定になってしまうママもいます。

妊婦さんにストレスは禁物!

胎動を感じると、ママになる実感が湧いてくるともいいます。
お腹の赤ちゃんに話しかけたり、リラックスする時間を大切にしてくださいね。

妊娠7ヶ月でしておきたいことは?

妊娠後期になると、ますますお腹は大きくなり、身体もつらくなる時期です。
そうなる前の、妊娠7ヶ月にやっておいた方がいいことをまとめました。

赤ちゃんを迎える準備も万全に!

妊娠後期になるとお腹はさらに大きくなり、動くのも大変になるため、買い物するのもツライかもしれません。

生まれてくる赤ちゃんに必要なものは、この時期にそろえておくことをオススメします。

産休申請はこの時期に

勤務先への産休の申請方法や、仕事を休む期間などをチェックしておくことも大切です。
出産手当金などの公的制度への申請もこの時期にしておきましょう。


妊娠線ケアも欠かせない!

妊娠線は、おなかが大きくなり始める6ヶ月ごろから出始めます。
一度できてしまうと消えないので、予防することが大切です。
お腹が大きくなる前から臨月まで、マッサージでケアしましょう。

妊娠線ができてしまったら…
あきらめて、何もしないのはNGです。
これ以上増やさないためにも、毎日保湿ケアとマッサージを続けてくださいね。

妊娠線クリームを選ぶポイント

妊娠線ケアのクリームを選ぶポイントは、以下の2つです。

  • 保湿効果:しっかり保湿し、乾燥を防ぐことで肌の潤いと弾力がアップ
  • 低刺激:妊婦さんは肌が敏感になりやすいので、刺激の少ないもの

妊娠線ケア専用のものを選びましょう。
通常のクリームよりも保湿力に優れており、伸びも良く、マッサージしやすいのでおすすめです。

よくあるマイナートラブル

妊娠中に悩まされる、マイナートラブル。
マイナートラブルとは、妊娠中に起こる不快な症状のことです。

治療の対象とはならないですが、やはりツライので、できる限り避けたいものです。

よくあるマイナートラブルと対処法をまとめました。
あまり我慢せず、上手に乗り切りましょう!

胃が痛い

子宮が胃を圧迫するするため、「胃が痛い」「むかむかする」など、妊娠中に胃のトラブルに悩む妊婦さんは多いでしょう。

そんな時はムリをせず、少しずつ食べるようにしましょう。

一回あたりの食事の量を減らし、食事の回数を5回くらいに増やすなど工夫します。

消化のよい、バランスのとれた食習慣も心がけてくださいね。

便秘

妊婦さんが経験するマイナートラブルの中でも多いのが便秘ではないでしょうか。

「妊娠前とは違って、市販の便秘薬は飲めないし…」という声もよくききます。

安易に薬には頼らず、食物繊維を意識的に摂ったり、こまめな水分補給を心がけましょう。

乳酸菌やオリゴ糖は善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれるのでオススメです。

妊娠中でも飲める便秘薬としては、酸化マグネシウムがあります。
どうしてもツライという方は、医師に相談してみましょう。

皮膚のかゆみ

妊娠によるホルモンバランスの変化が原因で起こる生理的な現象です。
産後には元通りになるので、あまり心配はいりませんよ。

気になるときは、保湿剤などを塗ってあげるといいでしょう。

妊娠7ヶ月、オススメの過ごし方

妊娠7ヶ月、オススメの過ごし方を紹介します。

旅行でリフレッシュ

体調も安定しているこの時期は、旅行もちょっとした気分転換になるのではないでしょうか。
飛行機など長距離の移動は、身体に負担がかかってしまうかもしれません。
あまりムリをしないように、ゆったりしたスケジュールをたててくださいね。

  • 旅行先にある産婦人科や救急病院など調べておく。
  • 母子手帳と保険証も忘れずに持参する。

など、いざというときのためにも、万全に準備しておきましょう。

ヘアサロンに行っておこう

妊娠後期、さらにお腹が大きくなってくると、長時間同じ姿勢でいることが苦しくなります。
そして出産後は、忙しく美容院に行く余裕もなくなってしまうかもしれません。

体調も比較的安定している7ヶ月は、美容院に行っておくベストタイミングではないでしょうか。

軽い運動で体力作り

急激な体重増加を防ぐためにも、適度な運動はオススメです。

ウォーキングやストレッチ、ヨガなど、負担がかからない程度の運動を心がけましょう。
マタニティヨガは、安産にも効果があるそうですよ!

妊娠7ヶ月を乗り越えよう!

妊娠7ヶ月をすぎると、出産まであと少し。
お腹もどんどん大きくなり、身体のマイナートラブルも多くなりがちです。

ムリをしないで休みながら、出産への準備を整えてください。
赤ちゃんに出会えるのも、もうすぐです!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク