【医師監修】「妊娠7週」つわりがピーク?腹痛は?心拍確認できる?流産の可能性は?

妊娠7週は妊娠2ヶ月の4週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

この頃、多くの方が産婦人科で赤ちゃんの心拍が確認がされます。
心拍確認ができると「次回までに母子手帳をもらってきてください」と言われることがあります。
だんだんとママの実感も湧いてくることでしょう。

妊娠7週のママの変化と赤ちゃんの様子、つわりや妊娠初期の症状で気をつけることなど、この時期に覚えておきたいことをまとめました。

妊娠7週目のママの変化

赤ちゃんの心拍が確認でき母親になった実感ができる一方で、つわりや体調不調に苦しむ時期でもあります。
外見の変化はない方がほとんどです。

体調・気分の変化

  • 高温期が続き、だるさや頭痛など風邪に似た状態になることがある
  • つわりが始まる
  • つわりが続いている方はピークに入ることもある
  • 乳房が張る
  • 乳頭が洋服にあたるとチクチクする
  • 心拍が確認できると、母親になった実感がうまれる

妊娠7週目の赤ちゃんの変化

この頃の子宮は通常より、一回りほど大きくなります。
子宮の大きさはわずかな変化ですが、トイレが近くなることもあります。

妊娠6週ではお尻のしっぽが目立たなくなり、体の器官が少しずつ形づくられてきました。

7週目の赤ちゃんはどのような変化をしているのでしょうか。

赤ちゃんの大きさは9mm~14mmくらい

妊娠7週になると、2頭身になり脳や心臓など体の重要な部分が形成されます。

胎芽頭殿長は9mm~14mm、胎嚢は25mm~44mmほどになります。
丸まっていた体は少しずつ伸びてきて、2頭身になります。

赤ちゃんの大きさは個人差がありますが、だんだんと人らしい姿になっていきます。

※胎芽…この頃の胎児のこと
※胎嚢…赤ちゃんの入っている袋のこと
※頭殿長…胎芽の頭からお尻のでっぱりの計測値

手足

胴体から出てきた手と足の区別がつくようになります。

絨毛組織

胎盤のもとになる絨毛組織は厚みが出て、エコー写真に白く写ることがあります。

器官の形成

脳や脊髄、目、耳などの神経ができ始める時期です。

心臓

ひとつしかなかった心臓の部屋が4つに分かれ、心拍が確認できます。
心拍は6週目で確認されますが、7週目にはよりはっきり心臓の場所がわかるように確認されます。

心拍確認できるとほとんど良好な妊娠になります

日本産科婦人科学会雑誌によると、心拍の確認によってその後の妊娠は高い確率で良好になるとされています。

一度胎児心拍動を確認できた場合,95~99%の確率で妊娠予後が良好である
といわれている

心拍確認ができないと不安な気持ちになりますが、神経質にならずに過ごしましょう。

また、切迫流産と診断されたら、安静にして医師の指示に従ってください。

妊娠7週目のマイナートラブル

妊娠7週目は、つわり、ホルモンバランスによる軽いうつや肌トラブル、おりものの変化や便秘・下痢などの症状が出ることがあります。
具体的に見ていきましょう。

つわりが始まるのが多い時期です

アンケートによるとつわりが始まった時期は、妊娠6週と7週が最も多く45%を占めます。

次いで8週以降が32%、5週以前が18%です。
つわりはなかったという回答も5%あります。

「つわりに関するアンケート」(赤ちゃんの部屋調べ)

空腹時に胃のムカつきが続いたり、ピーク時は水を飲むこともつらくなる場合があります。

思うように食べられない時は、食べられるものを選んで食べるようにしましょう。
水分すら受け付けない場合は脱水症状に注意が必要です。


ホルモンバランスの変化による軽いうつ、肌トラブル

妊娠すると、ホルモンバランスに変化が起こります。
人によってはホルモンの影響を受けて、軽いうつ状態になったり肌トラブルの要因になります。

ストレスもたまりやすくなる時期なので、自分が安らげる方法を見つけて乗り越えましょう。

妊娠初期のうつの対処法

今までは気にならなかった周りの人の態度にイライラしたり、何をするにも憂鬱で気が沈む…。
それは「妊娠うつ」の症状である可能性があります。

一人で悩まず、まずは産婦人科の医師に相談しましょう。
症状が重い場合、赤ちゃんに配慮された薬が処方されることもあります。

イライラしてしまう自分を責めず、家族や医師に相談をすることが大切です。

低刺激のスキンケアを心がけて

ホルモンバランスの変化により、突然吹き出物が出たり、肌が乾燥してかゆくなるといった肌トラブルが出ることがあります。

妊娠前ならなんでもない刺激にも敏感になっていることがあるので、以下のような工夫をして乗り切りましょう。

  • 洗顔のときに顔をこすりすぎない
  • 低刺激の化粧品ラインを使う
  • スクラブのような肌に負担をかけるスキンケアをひかえる(回数を少なくする)

≫妊娠中にニキビが増えた!妊婦のニキビの原因と治し方

おりものが増える

妊娠7週はおりものが増えてくる傾向があります。

いつもと違うかゆみがあったり、白っぽいカッテージチーズのようなおりものは、カンジダ膣炎の可能性があります。
そのような症状がある場合は医師に相談しましょう。

また、下着をこまめに替えたり、通気性のよい服装を心がけて清潔に保ちましょう。

黄体ホルモンの影響で便秘・下痢になることも

妊娠すると黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になります。
同時に腸の運動を抑制して、腸に蓄積した便の水分量の調整がうまくいかなくなります。

水分量の上下によって、便秘になったり下痢になったりするのです。

つわりによる食生活の変化や免疫力の低下、自律神経の乱れによっても下痢になることがあります。
お腹を温めて安静にしましょう。

下痢や食事摂取不良の症状が続くと母体の体力が落ちてしまう可能性もあります。
また、下痢だけでなく発熱が伴う場合はノロウィルスなどの細菌の可能性があります。

下痢になると下腹部の痛みもあるので流産の原因になるのではと心配する方が多いです。
しかし下痢は流産の原因にはなりません。

ただし下痢と流産のどちらからくる腹痛かを判断するのは難しいです。
下痢が続くと脱水症状の原因にもなります。

激しい痛みがあったり、長引くようでしたら医療機関へ相談しましょう。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分