【医師監修】「妊娠8ヶ月」お腹が張りやすい?しておきたいことは?【28・29・30・31週】

妊娠8ヶ月は、いよいよ妊娠後期に入ります。

この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

「妊娠8ヶ月はどう過ごせばいいの?」「赤ちゃんはどんな成長をしている?」

妊娠8ヶ月のママと赤ちゃんの様子や、この時期にオススメの過ごし方をまとめました。

先輩ママの体験談


妊娠8ヶ月を迎えた先輩ママたちの体験談を紹介します。

胎動を強く感じると、赤ちゃんと会えるのがますます楽しみになるようです。

妊娠8ヶ月の赤ちゃんの状態は?


妊娠8ヶ月の赤ちゃんは、どんな成長をしているのでしょうか。

赤ちゃんの大きさはどれくらい?

妊娠8ヶ月の胎児の、平均的な大きさをご紹介します。

体長 35~40cm
体重 1,000~1,800g

皮下脂肪がつき、ふっくらとした赤ちゃんらしい身体つきになってきます。

胎児の成長には個人差があり、成長の幅も大きいものです。

あまり、神経質にならずに成長を見守りましょう。

お腹の中で赤ちゃんはどう成長している?

赤ちゃんはどのように成長しているのか、くわしくみてみましょう。

脳や内臓が完成

脳や内臓などは、ほぼ完成します。

生まれた後の呼吸の練習となる、呼吸様運動もはじめます。

【呼吸様運動とは】

胎児が羊水を飲んだり、吐いたりすること。

羊水量がピークに

妊娠後期は羊水量がピークとなり、700~800mlほどになります。

逆子になっていることもありますが、まだ心配することはないでしょう。

妊娠8ヶ月は、まだ赤ちゃんが動くスペースがあるので、頭位に戻ることも多いのです。

心配なときは、医師に相談してください。

胎動が強くなる

赤ちゃんの成長とともに、胎動はどんどん強くなります。

胎動が激しすぎて、夜眠れないというママもいるようです。

胎動の中で、ピクッピクッと動くときがあります。

これは赤ちゃんのしゃっくりです。

横隔膜が、しっかり発達している証でもあります!

妊娠8ヶ月のママの状態は?


妊婦健診は、2週間に1回のペースです。

妊娠後期となる、妊娠8ヶ月のママはどんな様子でしょうか。

この時期の、ママの身体と心の変化をみていきましょう。

身体の変化は?

子宮底長は、24~28cmくらいです。

ますますお腹が大きくなってきます。

お腹が大きくなることで、さまざまなマイナートラブルに悩まされますが、症状は出産すればおさまります。

それまであと少しの辛抱です!

赤ちゃんに会える日を楽しみに、出産まで乗り切りましょう。

メンタルの変化は?

だんだんと出産が近づく妊娠後期に入ると、赤ちゃんに会える期待とともに、出産や育児への不安も強くなるでしょう。

ひとりで不安を抱え込まないでください。

パートナーや家族に相談したり、家事を手伝ってもらい、リラックスして過ごしましょう

仕事も頑張りすぎないでくださいね。

妊娠8ヶ月でしておきたいことは?


妊娠6ヶ月で、しておきたいことをまとめました。

妊娠線予防ケア

大きくなったお腹に皮膚の伸びがついていけず、皮膚の真皮が断裂してできた線を、妊娠線といいます。

妊娠線は、急激にお腹が大きくなる妊娠後期にできやすくなるでしょう。

一度できてしまった妊娠線は消えないので、できる前に予防しておく必要があります。

妊娠線予防には、毎日の保湿ケアがマストです!

乾燥を防ぎ、うるおいのあるやわらかい肌を保てば、皮膚の伸びもよくなり、妊娠線ができにくくなります。

すでに妊娠線が出来てしまっている人も、できた線を薄くする・新たな線を作らないために、なるべく早くクリームを使い始めることをオススメします。

妊娠線クリームを選ぶポイント

妊娠中は、肌がデリケートになっています。

肌の刺激にならないような成分を選んでください。

使用感も大切なポイントです。

使い心地のよいクリームなら、リラックス効果も期待できます。

【成分のポイント】

  • 保湿力が高い
  • 無添加
  • 低刺激

【使用感のポイント】

  • 香り
  • 肌なじみがよく、塗りやすい

おすすめの妊娠線クリームは「【妊娠線予防クリームおすすめ18選】先輩ママの口コミベスト3は?選び方や使い方も」でチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんを迎える準備をはじめよう!

臨月になると、動くのさえツラいというママも増えてきます。

出産予定日より早く入院する可能性もあるので、まだ動けるこの時期に、出産準備をはじめておくと安心です。

入院グッズのほか、ベビー布団など出産後の赤ちゃんに必要なアイテムのチェックもしておきましょう。

入院生活に必要なものは、病院によって違いがあるので、事前に確認しておいてください。

マタニティパジャマは、妊婦さんのことを考えて作られているので機能性もよく、入院中も活躍するでしょう。

授乳口つきパジャマであれば、着用したままで授乳できるので産後も使えますよ。
入院に必要なものは、1つのカバンにまとめておいて、万が一早めに入院が必要になった時もすぐに持ち出せるようにしておくと安心です。

バースプランをたてよう

バースプランとは、どんなお産にするか計画することです。

ママと赤ちゃんの、はじめての共同作業となるお産。

自分の希望するお産・理想のお産をプランニングして、出産から退院まで、満足のいくお産にします。

【バースプランの内容】

  • 希望する分娩方法
  • 立ち会い出産の有無
  • カンガルーケア など

パートナーや医師、助産師さんと相談して、プランニングしましょう。

妊娠8ヶ月目によくあるマイナートラブル


妊娠8ヶ月に悩まされる、マイナートラブルの症状と対処法についてまとめました。

お腹が張る

子宮の収縮で、お腹の張りを感じます。

妊娠後期になると、一日数回軽く張ることは珍しくありません。

横になり休んでいれば、治まってくるでしょう。

「休んでも治まらない」「痛みをともなう」「おなかがカチカチに硬くなる」などのときは、病院を受診してください。

前駆陣痛

妊娠8ヶ月くらいから、前駆陣痛が起こることがあります。

前駆陣痛とは、陣痛の前段階で起こるものです。

子宮口がまだ開いていないので、すぐに出産にはならず、ニセ陣痛ともいわれます。

前駆陣痛は、本陣痛とは違い、不規則な間隔で起こるのが特徴です。

あせらず、ゆっくり休みましょう。

後期つわり

大きくなった子宮に圧迫されることが原因で、さまざまなマイナートラブルが起こります。

つわりのような症状なので「後期つわり」といわれます。

【後期つわりの症状】

  • 呼吸が苦しくなる
  • 胃もたれ・胸やけ

妊娠後期のつわりでは、胃が圧迫されることで、食べ物があまり食べられなくなります

1度にたくさん食べられないので、1回の食事の量を少なくして、食事の回数を増やすなど、食生活を工夫しましょう。

むくみ

妊娠中は、血液中の水分が増えることで、むくみやすくなります。

妊娠後期は、とくに下半身のむくみがひどくなることが多いです。

【むくみ対策】

  • 塩分を控え、バランスのよい食生活を心がける
  • 適度な運動
  • 冷えを防ぐ
  • リンパマッサージ

妊娠高血圧症候群

妊娠後期のむくみや急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の危険性があります。

常位胎盤早期剥離が起きて、早産になることがあるので注意が必要です。

【妊娠高血圧症候群の症状】

高血圧:最高血圧が140mm/Hg、最低血圧が90mm/Hg以上。
尿タンパク:尿検査で、尿タンパクが2回以上連続して陽性反応が出た場合。

便秘・痔

妊娠中は、黄体ホルモンの影響で便秘がちになります。

多くの妊婦さんが悩まされているでしょう。

肛門部分の血管がうっ血し、になることもあります。

【便秘対策】

  • 十分な水分補給
  • 食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などで腸内環境を整える
  • 適度な運動で身体を動かす

野菜を多めにした食事や、不足しがちな栄養を補うサプリメントもオススメです。

早産の心配

本来であれば、妊娠37~41週に出産しますが、妊娠22~36週に生まれることを早産といい、早産の一歩手前の状態が切迫早産といいます。

【早産の兆候】

  • 子宮収縮が頻繁に起こる(お腹の張り、痛み)
  • 子宮口が開き、破水する
  • 不正出血

早産の兆候があったら、すぐに病院で医師の診察を受けてください。

妊娠8ヶ月のオススメの過ごし方


妊娠8ヶ月の妊婦さんにオススメの、日常生活の過ごし方をみてみましょう。

母親学級に参加する

母親学級は、産婦人科の病院や保健所などで開催されています。

出産の流れや妊娠中の過ごし方・注意点・赤ちゃんのお世話など、出産に関することを学べます。

妊婦さん同士の情報共有もできるでしょう。

母親学級とは別に、旦那さんも参加できる「両親学級」もあります。

沐浴や妊婦体験ができるので、これからパパになる人に人気です。

はじめての出産では、わからないことや不安なこともあるでしょう。

母親学級で学ぶことで、不安も軽減されるのではないでしょうか。

適度な運動はリラックス効果も抜群!

短時間の軽い運動は、出産に向けた体力作りにもオススメです。

安産にもつながるでしょう。

血行もよくなり、便秘やむくみの解消にも効果的です。

身体を動かすことは気分転換にもなり、心身ともにリラックスできるでしょう。

自然の美しい場所でのウォーキングもオススメです。

運動は身体の負担にならないような、軽い有酸素運動にしてください。

マタニティエクササイズなら、妊婦さんでも、安心しておこなえるでしょう。

いよいよ妊娠後期に入りました!


妊娠8ヶ月の、ママと赤ちゃんの様子について紹介しました。

胎動も力強くなり、もうすぐママになる喜びも、いっそう増してくるでしょう!

お腹の赤ちゃんに話しかけたり、絵本を読み聞かせたりして、コミュニケーションを楽しんでくださいね。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...