【医師監修】「妊娠9週」胎児の大きさは?出血やおりものは?腹痛や下痢はある?

妊娠9週は妊娠3ヶ月の2週目にあたります。
この時期、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠9週目は子宮が大きくなるにつれ、頻尿や便秘が起こります。
さまざまな体調の変化に「赤ちゃんに影響があるのでは」と心配になる方もいるでしょう。

また、「妊娠9週の壁」といわれるほど流産の可能性が高い時期なので、不安な気持ちになりやすいものです。

出血、腹痛はどのような状態に気を付けるべきか、つらいつわりを乗り越えるコツなどを見ていきましょう。

妊娠9週目のママの変化


妊娠9週目のお母さんは、つわりの症状がひどくなり、なかにはピークをむかえる人もいます。

胸が張ってきたり、下腹部や腰に痛みがある、頻尿や便秘に悩まされるなど、妊娠による身体への影響は人それぞれです。
つわりが全くなく、変化があまりみられない場合もあります。

また、ママのお腹の膨らみは、周りからはまだ気づかれないことがほとんどです。
周りの人が見ても妊婦さんだと分かるように、マタニティマークをつけて歩きましょう。

体調・気分の変化

妊娠9週には、以下のような体の変化が見られます。

  • つわりがピークになるケースが多い
  • 胸がぱんぱんに張って重たくなり、触れると痛むこともある
  • トイレが近くなる
  • 便秘がちになる
  • 子宮が大きくなり周りの臓器を圧迫し、下腹部や腰がチクチクする

また先輩ママは、以下のような気持ちの変化がある人も多かったようです。

つわりが続くのは、心身ともに疲れたわね…。
一日中眠くて家事や仕事がはかどらず、落ち込むこともあったわ。

妊娠9週目の赤ちゃんの変化


妊娠8週では、赤ちゃんの脳や臓器が働きはじめ、身体を動かせるようになってきました。
妊娠9週目の子宮の大きさは小型のオレンジ程度になります。
胎芽から胎児になり、胎盤の形成が進んでいる時期です。

お腹の中でおこっていること

妊娠9週の赤ちゃんは、自分で動けるようになり、ママのお腹の中で元気に動き始めます
赤ちゃんの動きはまだ力強くありません。
妊娠中期に入るまでは、お腹の赤ちゃんの動きを感じることは難しいでしょう。

この頃は胎盤がつくられている最中です。
胎盤が完成するまでは、卵黄嚢いう栄養の入った袋のようなものから胎児に栄養を送られます。

また双子など多胎妊娠の場合、心拍や各胎児の発育を見て週数(予定日)や「膜性」を判断するのが妊娠8~9週頃になります。

膜性によって早産や胎児発育不全などのリスクが高まる場合もあるので、妊娠初期での確認が必要です。

参照:日本産婦人科学会「いまでしょ!膜性診断」

妊娠9週目のエコー検査で赤ちゃんらしい姿が見え始める

エコー検査(超音波検査)で見ると、今まではぼんやりとした赤ちゃんの形でした。
妊娠9週目では、頭と胴体の差がわかるようになり赤ちゃんらしい姿が見え始めます。

3Dエコーはエコー写真より立体的に見えるので、赤ちゃんの顔立ちも写りやすいようです。
4Dエコーでは動作がわかるので、身体のパーツが出来上がるとあくびの様子が見られることもあります。

病院やクリニックによってエコーの設備や費用が異なります。

エコー写真だけではなく、3Dエコーや4Dエコーを希望する方は問い合わせてみましょう。

赤ちゃんの大きさは19mm~27mmくらい

胎芽の頭殿長(赤ちゃんの大きさ)は19mm~27mm、胎嚢(赤ちゃんが入った袋)は50mmほどです。

妊娠9週目の赤ちゃん手足が伸びてきて、指や爪もでき始めます。
目や耳といった顔のパーツも作られ、どんどん変化していきます。
お尻のしっぽはなくなり、頭、胴体、足の区別がはっきりしていきます。

脳ができてきて、エコー検査で脳の一部が見えることがあります。

まぶた、唇が作られます。
歯胚という歯の元になるものができてきます。

手足

指の1本1本がはっきりしてきて、爪が生え始めます。

生殖器

まだ性別はわかりませんが、赤ちゃんの身体の中では生殖器が形成されます。

参照:日本歯科医師会「歯とお口の発生と育ち方」

妊娠9週目のマイナートラブル

妊娠9週目ではつわりがピークの方もいれば、つわりが終わる方もいるようです。
おりもの、腹痛、出血、下痢、便秘、胃痛、頻尿などのマイナートラブルが起こることがあります。

つわりがしんどくなる

妊娠9週目には、つわりの症状がどんどん重くなることが多いです。

下記のように、日常生活にも多かれ少なかれ支障が出るママが多いのですね。

ムリをせずに、できる範囲で栄養補給を心がけましょう。

おりものの量が増える

妊娠9週目はおりものの量がいつもより増えることがあります。
おりものシートは通気性を悪くして、おりものが逆に増えやすくなるため使用を避けましょう。

また白く細かいかたまりのようなおりものは、カンジタ膣炎のサインかもしれません。

外陰部にかゆみやただれが起きることもあります。
カンジタ膣炎は再発率が高いので、白いかたまりやかゆみやただれの症状があるときは、治療を受けましょう

腹痛や出血が起こることも

この頃はチクチクと下腹部が痛くなったり、出血が起こることがあります。
腹痛や出血があると流産ではないかと心配になりがちですが、問題ない場合もよくみられます。

腹痛は赤ちゃんの成長によって子宮が大きくなり、周囲を圧迫することが原因になり得ます。

子宮の入り口にできたポリープから出血した例もみられます。

声をだすのもつらい腹痛、大量の出血や鮮血があるときは、注意が必要です
流産の可能性がありますので、医師の診断を受けましょう。

妊娠9週は流産する割合が高いといわれているので、注意すべき症状を「【医師監修】初期流産の症状は?出血がある?いつ頃おこる?」から確認しておくとよいですね。

便秘に悩まされる妊婦さんも多い

妊娠9週などの妊娠初期は、腸の水分量の調整がうまくいかず、便秘になることも多いようです。

便秘にはオリゴ糖やヨーグルトを食べるのがおすすめです
また、腸の水分量が足りずに便が硬くなっていることもありますので、水を飲むようにしましょう。

参照:大阪母子医療センター「妊娠中の便秘と痔」

下痢は流産の心配はありません

この頃は妊娠によるホルモンの影響を受けて、水分吸収のバランスが崩れやすくなり下痢の原因になることも。

下痢は流産につながる可能性が極めて低いため心配いりませんが、長引くようでしたら医師の診察を受けましょう。

妊娠初期にあるお腹のトラブルについて、もっと知りたい方は、「【医師監修】妊娠初期に腹痛…注意すべき症状は?流産の可能性は?」を参照ください。

胃痛

妊娠9週は胃痛を訴えるケースがみられます。
胃痛の原因として、次のことが考えられます。

  • 吐きつわりで食べられず胃が荒れている
  • 食べつわりで少量づつ何度も食べるので胃が休まらない
  • ストレスによる胃痛
  • 胸やお腹が張ってきて、衣類でしめつけられる

胃痛のときは消化のいいものを食べ、しめつけない下着や洋服を選びましょう
衣類がきついと呼吸がしづらい場合もあるようです。
マタニティブラやマタニティウェアを揃えるのもよいころです。

妊娠9週目の腰痛の原因はホルモン?

妊娠9週目頃から、妊娠中に多く分泌されるリラキシンというホルモンの影響で、腰痛が起きやすいようです。
足の付け根部分に痛みを感じることもあります。

リラキシンとは、卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンの 1 つです。
主に妊娠中に分泌量が増え、関節や靭帯を緩める作用があります。このリラキシンの作用によって、分娩時に狭い骨盤を赤ちゃんが通りやすくなります。
一方で生理中にも多く分泌され、腰痛の原因となることも知られています。

引用:災害科学国際研究所「第 75 回日本癌学会学術総会にてストレスと女性ホルモンに関する研究を発表しました

  • 長時間立った姿勢でいないこと
  • 足に合わない靴やヒールの高い靴は避ける
  • 重いものを持たない
  • 身体を冷やさない

上記のような対策が大事です。

妊娠9週目は頻尿になりやすい

妊婦さんは膀胱が子宮で押されることで頻尿になってしまうことがあります。

夜中に何度も起きてしまったり、外出するとすぐトイレに行きたくなることが頻繁に起きるようです。

妊娠9週目は乳輪にモントゴメリー腺があらわれることも

乳輪にプツプツした小さな突起ができることがあります。
これはモントゴメリー腺という皮脂腺で、乳輪を守るために皮脂を分泌します。

突起から汚れのようなものが出る場合がありますが、心配しなくて大丈夫です。
妊娠中にモントゴメリー腺が目立つようになるのは、授乳の準備のためといわれています。

妊娠9週目の妊婦さんの過ごし方

この時期は家事が今までのようにできないママも多くいるようです。
頑張りすぎないように利用できるものをご紹介します。

また、第2子の妊娠の場合の上のお子さんとの過ごし方についてパートナーや家族の協力を得られるようにしておくと安心です。

つわりのピークを乗り切りましょう

妊娠9週は、つわりが一番つらいときである方が多いようです。

食事や飲み物を工夫したり気持ちを切り替えて、つわりを乗り越えましょう。

ビタミンB6でつわりを軽減

ビタミンB6は嘔吐を軽減する効果があるため、つわり対策に効果が期待できるのです。

ビタミンB6はバナナ、玄米、あさり、豚肉、ブロッコリーなどに含まれています。

先天性障害のリスクを減らす「葉酸」はサプリで摂取

この時期の妊婦さんにぜひ意識してほしいのが「葉酸」の摂取です!

赤ちゃんの命さえおびやかす「神経管閉鎖障害」は、妊娠初期に葉酸をしっかりと摂取することでリスクを減らすことができます。

厚生労働省では、妊娠1か月以上前から妊娠3か月の女性に対し、毎日食事からとる葉酸にプラスして、栄養補助食品(サプリメント)から400㎍の葉酸をとるように推奨しています。


水もつらいときは氷で水分補給。ハーブティが効くことも

つわりがひどく、水を飲むときも吐き気がするという方もいます。
その場合は氷を口に含んで、少しずつ水分をとりましょう。

また、カフェインレスのハーブティでやわらいだというママも。

これなら飲める、食べられるといったものを見つけ乗り切りましょう。

ピークを越えてだんだんと楽になったり、つわりが終わる方もいます。
症状は人によって違いがあり、当サイトにもさまざまなつわり体験談が寄せられています。

お弁当や宅配サービスを利用しましょう

妊娠9週目では、ごはんの炊けるにおいで気持ち悪くなってしまうこともあるようです。
食事の支度をするのもつらい状態であれば、お弁当や宅配サービスの利用を検討しましょう。

お弁当のヨシケイ、セブンミールや、宅配のコープデリやオイシックス、イトーヨーカドーのネットスーパーなどがあります。
生鮮品や日用品を宅配できるサービスも多いです。
地域によって異なる場合があるので、お住まいの地域が対象か調べてみるとよいでしょう。

体調がよくて料理ができそうであれば、まとめてつくりおきしておくのも便利です。

上の子どもと遊べないときの工夫

第2子以降の妊娠の場合、妊娠9週目は上の子どもと遊んであげられないケースもあります。
公園で一緒に走ることや、お腹を気づかって抱っこの回数を減らすママが多いようです。

外遊びの代わりに、自宅でDVDを見たりして妊娠初期のツラい時期を乗り越えましょう。

ママが遊んでくれなくなりお腹の赤ちゃんに嫉妬するケースもありますが、お腹をなでさせて説明してあげると落ち着く場合もあるようです。

禁酒禁煙!アルコールは発育不全の要因になることも

妊娠がわかったら、お酒とタバコはすぐにやめましょう。

お酒は量にかかわらず悪影響

板橋区によりますと、少量の飲酒でも赤ちゃんに影響があるようです。
胎児性アルコール症候群(FAS)や成長の阻害、発育障害、流産や早産を引き起こす恐れがあります。
ちょっとならお酒を飲んでもいいかな、と油断しないようにしてください。

参照:板橋区「気をつけよう!女性の飲酒~妊娠・出産・アルコール依存症~」

タバコは赤ちゃんへの危険性が高い

タバコはがん、心臓病、脳卒中、肺気腫、喘息などの原因になり得ます。
喫煙は妊婦さん自身だけでなく、赤ちゃんにも悪影響があります

厚生労働省が発表しているデータでは、妊娠中の喫煙は非喫煙者より高い危険性があるとされています。

  • 低出生体重児…非喫煙者の1.3倍~2.5倍
  • 早産…非喫煙者の1.5倍~2.5倍

副流煙も害がありますので、ママ本人が禁煙するのはもちろん、ご家族がタバコを吸っている場合は禁煙してもらいましょう。

普段よりも多めに睡眠時間をとる

妊娠9週目は、妊娠中は疲れを感じやすく、一日中眠気があるという方も多いでしょう。
通常より多い睡眠時間を確保して体調を整えることが大切です。
いつもの就寝時間より1時間早く休んだり、昼寝の時間を作りましょう。

妊娠中は女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増え、眠気に影響しています。
ママと赤ちゃんに必要な睡眠と心得て、適度に休むようにしましょう。

お風呂でのぼせないようにしましょう

妊娠中は湯船につかるのは10分程度にして、長風呂は避けましょう。
長風呂をしてのぼせてしまうと、立ちくらみの原因になることがあります。

お風呂から上がる時は急に立ち上がらず、ゆっくり出るようにしたり、上がる時に冷水シャワーを足元にかけるようにしましょう。

妊娠中は身体を冷やさないことも大事ですので、寒い季節は時間に気をつけて湯船に入り温まるとよいでしょう。

参照:松戸市「赤ちゃんが出来たら~妊娠編~」

お風呂上りのスキンケアで妊娠線予防を

妊娠線の予防は、お腹が大きくなる時期から始めるのでは遅いことがほとんど。

お腹が目立たない妊娠初期から保湿ケアをはじめ、大きくなる時期に備えましょう。

とくにお風呂上りは皮膚に水分がふくまれています。
そのタイミングで専用クリームやオイルを使用することで肌内部の水分を閉じ込めながら保湿できます。

妊娠線の予防クリームランキングはこちら♪


妊娠9週目で気を付けたいこと

この時期は妊娠初期に必要な血液検査をおこないます。
出生前診断が可能になるのもこの頃です。

仕事をしているママは、つらいときの対策を考えておきましょう。

定期健診は必ず行きましょう

妊娠9週目で心拍確認ができていると一安心です。
安心してしまい、その後の定期健診(妊婦検診)に行かない妊婦さんもいるようです。

心拍確認後の流産は、妊婦さん本人ではわからない場合もあります。
気づかないうちに切迫流産になっていることもありますので、医師から指示された定期健診に必ず行きましょう

血液検査や子宮頸がん検診があります

妊娠9週目頃から、初期の血液検査がおこなわれます。
初期の血液検査は、血液型のほかに、血算や血糖を調べます。
風疹、エイズウイルス(HIV)、C型肝炎の抗体、B型肝炎抗原、梅毒血清反応、子宮頸がんの検診も含まれます。

母子手帳が交付されるタイミングで妊婦健診補助券が配布されますので、母子手帳をもらう日を確認して、検診の日にちを確認しましょう。

参照:サイト厚生労働省「妊婦検診を受けましょう」

出生前診断は妊娠9週目頃から

先天性の病気などが赤ちゃんにないか調べる検査を出生前診断といいます。
赤ちゃんの染色体の異常や奇形の有無をチェックすることもできます。

胎児超音波スクリーニング検査(NT超音波検査)、絨毛検査、羊水検査、母体血清マーカーテストなどがあります。
超音波検査や絨毛検査は妊娠9週から11週頃に受けられます。

赤ちゃんの染色体異常の可能性を、出生前診断で知ることができます。

ほとんどの方は「異常がいないことを確認するため」に受けますが、万が一異常があった場合も事前に知ることで、気持ちの整理もできるでしょう。

ただ、「知らないままでいる権利」もあります。
出生前診断を受けるかどうかは、必ず検査前に遺伝カウンセリングを受けて検討する必要があります。

検査については、ママとパパがよく話し合い、医師や専門のカウンセラーと相談しましょう。
参照:日本医師会「出生前診断」

妊娠9週目の仕事で気をつけること

妊娠9週目は、仕事をしている妊婦さんも多いでしょう。
仕事で周りに迷惑をかけたくないと頑張りたいところですが、無理は禁物です。

母性健康管理指導事項連絡カードを医師に作成してもらい、勤務先に協力してもらうことも検討しましょう。

満員電車を避けて時差通勤

通勤ラッシュの満員電車は、気分が悪くなったり、お腹を押されてしまうことがあります。
上司に妊娠を報告して、時差出勤できるように相談するのもよいでしょう。

車通勤の方は、運転中に体調不良になったら無理して運転を続けずに、休憩して様子をみましょう。

仕事中につらいときの対策

長時間立ちっぱなしの仕事の場合、こまめに休憩を取って体調を整えましょう。

つわりがつらいときは、デスクワークばかりだと気持ちがめいることもあるようです。
ほかの仕事を手伝う、軽いストレッチなど気分転換することをおすすめします。

つわりで周りのにおいが気になるときはマスクをする、食べつわりの場合は小さいチョコレートやキャンディを常備する、身体を冷やさないようにするなどの対策もよいでしょう。

参照:兵庫県立大学「自分に合ったつわり軽減方法が、きっとある! 」

妊娠9週目はつわりを乗り越えましょう

妊娠9週目は、下痢、出血、胃痛や腹痛が起こることがあります。
問題のないケースも多いので、慌てずに症状を確認してください。
多量の出血や腹痛があるようなら、流産の心配があるので医師に相談しましょう。

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わりますので、おりものが増えたり強い眠気に襲われる場合もあります。

赤ちゃんをお腹の中で育てるための変化ですので、つらいときは休めるように周りにも相談しておきましょう。

つわりなど、しんどい思いをしているママも多いのが妊娠9週です。
妊娠9週で起こることや、乗り越えるコツを正しく知って、妊娠期間を乗り越えてください。

妊娠初期の記事一覧

妊娠初期の症状やつわりなど、妊娠してすぐ知っておきたい情報はこちらです!

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...