【医師監修】「妊娠9週」胎児の大きさは?出血やおりものは?腹痛や下痢はある?

妊娠9週は妊娠3ヶ月の2週目にあたります。
この時期、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠9週目は子宮が大きくなるにつれ、頻尿や便秘が起こります。
さまざまな体調の変化に「赤ちゃんに影響があるのでは」と心配になる方もいるでしょう。

また、「妊娠9週の壁」といわれ、流産の可能性に不安な気持ちになりやすいものです。

出血、腹痛はどのような状態に気を付けるべきか、つらいつわりを乗り越えるコツなどを見ていきましょう。

妊娠9週目のママの変化

妊娠9週目のお母さんは、つわりがピークでつらい方が多いようです。
胸が張ってきたり、下腹部や腰に痛みがある、頻尿や便秘に悩まされるなど、妊娠による身体への影響は人それぞれです。
つわりが全くなく、変化があまりみられない場合もあります。

また、ママのお腹の膨らみは、周りからはまだ気づかれないことがほとんどです。
周りの人が見ても妊婦さんだと分かるように、マタニティマークをつけて歩きましょう。

体調・気分の変化

  • つわりがピークになるケースが多い
  • 胸がぱんぱんに張って重たくなり、触れると痛むこともある
  • トイレが近くなる
  • 便秘がちになる
  • 子宮が大きくなり周りの臓器を圧迫し、下腹部や腰がチクチクする
  • つわりが続くと心身ともにつらいと感じる
  • 一日中眠くて家事や仕事が思うようにできなくて落ち込む方も

妊娠9週目の赤ちゃんの変化

妊娠8週では、赤ちゃんの脳や臓器が働きはじめ、身体を動かせるようになってきました。
妊娠9週目の子宮の大きさは小型のオレンジ程度になります。
胎芽から胎児になり、胎盤の形成が進んでいる時期です。

お腹の中でおこっていること

妊娠9週の赤ちゃんは、自分で動けるようになり、ママのお腹の中で元気に動き始めます
赤ちゃんの動きはまだ力強くありません。
妊娠中期に入るまでは、お腹の赤ちゃんの動きを感じることは難しいでしょう。

この頃は胎盤がつくられている最中です。
胎盤が完成するまでは、卵黄嚢という栄養の入った袋のようなものから胎児に栄養を送られます。

また双子など多胎妊娠の場合、心拍や各胎児の発育を見て週数(予定日)や「膜性」を判断するのが妊娠8~9週頃になります。

「膜性」とは双子なら3種類あり、2絨毛膜2羊膜双胎(DD双胎)、1絨毛膜2羊膜双胎(MD双胎)、1絨毛膜1羊膜双胎(MM双胎)に分けられます。

妊娠9週目のエコー検査で赤ちゃんらしい姿が見え始める

エコー検査(超音波検査)で見ると、今まではぼんやりとした赤ちゃんの形でした。
妊娠9週目では、頭と胴体の差がわかるようになり赤ちゃんらしい姿が見え始めます。

3Dエコーはエコー写真より立体的に見えるので、赤ちゃんの顔立ちも写りやすいようです。
4Dエコーでは動作がわかるので、身体のパーツが出来上がるとあくびの様子が見られることもあります。

病院やクリニックによってエコーの設備や費用が異なります。

エコー写真だけではなく、3Dエコーや4Dエコーを希望する方は問い合わせてみましょう。

赤ちゃんの大きさは19mm~27mmくらい

胎芽の頭殿長(赤ちゃんの大きさ)は19mm~27mm、胎嚢(赤ちゃんが入った袋)は50mmほどです。

妊娠9週目の赤ちゃん手足が伸びてきて、指や爪もでき始めます。
目や耳といった顔のパーツも作られ、どんどん変化していきます。
お尻のしっぽはなくなり、頭、胴体、足の区別がはっきりしていきます。

脳ができてきて、エコー検査で脳の一部が見えることがあります。

まぶた、唇が作られます。
歯胚という歯の元になるものができてきます。

手足

指の1本1本がはっきりしてきて、爪が生え始めます。

生殖器

まだ性別はわかりませんが、赤ちゃんの身体の中では生殖器が形成されます。