母子手帳はいつもらえる?もらう時期やもらい方、書き方まとめ

妊娠すると手にするもののひとつに母子手帳があります。
母子手帳はママと赤ちゃんの健康管理に欠かせません。

しかし、いつどこでもらうのか、どんな時に使うのか知らない方も多くいます。
また、紛失した際や引っ越しの際はどのように対処すればいいのでしょうか。

そこで今回は、母子手帳をもらう時期やもらい方、書き方などをご紹介していきます。

母子手帳とは

母子手帳は正式には「母子健康手帳」と呼ばれており、母子健康法に基づいて自治体から交付されるものです。

妊娠中のママや赤ちゃんの健康状態や、6歳までの子どもの経過を記録することができます。
予防接種や歯科検診、病気の経歴など、あとあと必要になるであろう情報を記録する項目もあります。
乳幼児身体発育曲線や便色の確認表など、育児に役立つ内容も掲載されているのです。

母子手帳が生まれたのは戦後の日本。
子どもの栄養失調や感染症が流行り、健康管理の一環で作られました。
当時は母子手帳を持っていることでミルクや砂糖などを優先的にもらうことができたのです。

今日では、母子手帳はママと子どもの健康管理や健康指導をするために役立っています。

母子手帳の役割

母子手帳ではママの妊娠中・出産の状態や、新生児・乳児・幼児と子どもの各成長ステージの状態を記録します。

妊娠中から出産、育児中は、同じ病院や医師にかかるわけではありません。
別の病院を受診しても過去の記録を参照して、正しい処置を受けられるようにするのが母子手帳の役割です。

また、記載されている項目を目安に、ママ自身で子どもの健康管理を行うことができるようにサポートする役割も担っていると言えます。

母子手帳のメリット

母子手帳を交付される際には、「妊婦健康診査受診票」が一緒に交付されます。
これは病院で妊婦検診を受ける際に、公費補助が受けられるものです。
妊婦さんは最低14回の妊婦検診が必要ですが、それにかかる料金のほとんどを、妊婦健康診査受診票でまかなうことができるのです。

母子手帳を持っていると、自治体の子育て支援サービスを受けることができます。
妊娠中のママを対象に両親学級を開催している自治体は多く、今後の子育ての勉強になります。

自治体でのサービスが受けられるだけでなく、普段の生活でも母子手帳は役に立つのです。
例えば、マタニティグッズやベビーグッズを取り扱っている店舗では、母子手帳の提示があれば割引をしてくれるところがあるのです。

筆者は近所のショッピングモールを利用する際に、インフォメーション窓口に母子手帳を提示して、優先駐車場の許可証をもらいました。
子どもが生後6か月になるまで有効で、店舗の出入り口のすぐ近くに車を停められるので非常にありがたかったです。

母子手帳をもらう時期

母子手帳は病院で妊娠検査を行い、胎児の心拍が確認されてからもらうのが一般的です。
胎児の心拍が確認できるのは妊娠6週~10週頃です。

心拍が確認された際に、医師から母子手帳をもらいにいくように案内されるでしょう。
その際に、医師から妊娠届出書が出される場合があり、それを以って自治体から母子手帳をもらいます。

妊娠届出書が医師から提供されなくても、自己申告で母子手帳をもらうことも可能です。

もし医師から母子手帳をもらってくるように案内されない場合は、妊娠届出書を出さない産婦人科かもしれませんので、聞いてみるといいでしょう。

母子手帳をもらう場所ともらい方

母子手帳をもらう際には、どこでどのようにもらえばいいのでしょうか。

母子手帳の交付は各自治体の窓口で

母子手帳は各市町村の役所か保健センターで交付されます。
医師から母子手帳をもらうように案内があれば、住民登録をしている市町村の窓口にいきます。

母子健康法第15条では、妊娠したら速やかに住んでいる市町村に届け出る必要があると記載されていますので、届出が遅れないようにしましょう。

母子手帳をもらう際に必要なもの

母子手帳をもらう際には、次のものを持っていきます。

  • 妊娠届出書
  • 本人確認書類(運転免許証や保険証。外国人の場合は在留カード)
  • 印鑑

妊娠届出書は先に述べたように、医師が提供する場合がありますが、そうでなければ自分で用意する必要があります。
窓口で妊娠届出書を渡されその場で記入するか、自治体のHPからダウンロードして記入後に提出する方法があります。

妊娠届出書に記入する項目

  • 妊婦の個人情報(生年月日・住所・電話番号など)
  • 妊娠に関する情報(出産予定日・医療機関名など)
  • 過去の妊娠や病歴の情報
  • 生活習慣について(お酒・たばこなど)

必要書類の提出が完了すれば、母子手帳が交付されます。

妊娠届出は代理人でもできる

母子手帳をもらうための妊娠届出は原則、妊婦本人で行いますが、つわりなどで外出することが難しい場合は、ご家族が代理で窓口に届け出ることができます。

事前に妊婦さん自身で窓口に行けない理由を添えて、自治体の窓口に代理で申請が可能かきいてみることをおすすめします。
なお、代理人でも妊娠届出に必要事項を記入する必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

続いて、母子手帳の種類をみていきましょう!

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分