出産前の処置は必要に応じて!浣腸や剃毛の意味は?

分娩前には出産をスムーズに行うために、さまざまな医療処置が行われます。
医療処置の理由をしっかりと理解すれば、医療処置に対する不安感や不快感が軽減するでしょう。

このような処置があるからこそ、妊婦さんや赤ちゃんの安全が確保されているんだと理解しましょう。

剃毛

会陰に近い一部の陰毛を剃る処置です。
分娩前に行われ、助産師さんがカミソリを使い処置してくれます。

なぜ、陰毛を剃る必要があるのか

  • 陰毛に付着した細菌が赤ちゃんへ感染してしまうのを防ぐ
  • 会陰切開の際、医師が切開しやすい、また縫合しやすい
  • 会陰切開や会陰裂傷による感染を防ぐ

「会陰裂傷」とは・・・赤ちゃんの頭が膣壁や会陰部を圧迫し、会陰部が裂けてしまうことです。
病院によっては、剃毛をまったく行わない病院や、陰毛が濃い人にだけ行う場合もあるようです。

浣腸

はじめての出産を迎える方は、分娩前に浣腸を行うことについて驚かれる方も多いのではないでしょうか。
陣痛が始まった頃に、陣痛室または病室で助産師さんの手によって行われます。

なぜ、浣腸を行う必要があるのか

  • 産道と直腸はとなり合わせているため、腸に溜まった便を出しておく事で産道が広がりやすくなる
  • 分娩中、いきみながら排便をしてしまうのを防ぐ
  • 浣腸の刺激で子宮を収縮させ、お産を進める

子宮口が完全に開いてしまい、浣腸が間に合わないケースは、浣腸なしで分娩台へ上がる事となります。

分娩台で排便してしまう事がありますが、その場合は助産師さんが処理してくれるので問題はありません。
浣腸をする事に抵抗があるママさんもいらっしゃるかとは思いますが、もし立ち会い出産を希望されている場合は、分娩前に浣腸の処置を受け、スッキリとした状態で分娩に臨むのがよいのではないでしょうか。

導尿

膀胱に溜まった尿を排出できるように、カテーテルというシリコン製の細い管を尿道に入れます。
陣痛が強く分娩台に上がる前に、トイレに行けない方や、赤ちゃんの頭に膀胱が圧迫され、尿が排出できない場合に行われます。
病院によっては、すべての方に導尿の処置を行うところもあるようです。

なぜ導尿を行う必要があるのか

  • 赤ちゃんの頭が下がりづらくなる
  • 陣痛が弱くなるのを防ぐ
  • 産後の子宮収縮を妨げない

分娩監視装置ってなに?

分娩室で出産中の妊婦さん

お腹の上から、陣痛の強さと間隔、赤ちゃんの心拍数を見るための装置です。
赤ちゃん用と陣通用の二つの端子があり、30分~40分程度お腹に固定しておく必要があります。

データはグラフ化されるので、赤ちゃんが元気かどうか、お産がどの程度まで進んでいるかなどを一目で確認する事が出来ます。
装着している間の30~40分間は自由に動く事が出来ないので、一般的には入院時と、子宮口が完全に開くまでの数回しか装着しません。

ですが分娩第2期、陣痛促進剤を使用している場合、赤ちゃんの状態が思わしくない場合は産まれるまで分娩監視装置を使用します。
体勢を変える事も可能なので、体勢がキツいと感じたら助産師さんへ相談しましょう。

「分娩第2期」とは・・・子宮口が全開大になってから赤ちゃんを産み出すまでのことを言います。

陣痛が始まった時に陣痛の間隔・強さを調べます

陣痛は強すぎても弱すぎてもいけませんので、なんらかの処置を行い安全に分娩を進めます。

陣痛についてはこちらをご覧ください

破水した場合

陣痛が始まる前に破水した場合に、赤ちゃんの状態を調べるために行います。

切迫早産の疑いがある場合

分娩監視装置を使い、お腹の張り具合や子宮収縮の様子を調べます。
分娩監視装置での結果と、内診の結果を合わせて切迫早産かどうかを判断します。

赤ちゃんの安全を確認する(ノンストレステスト)

赤ちゃんの発育が思わしくない時や合併症がある場合、予定日を過ぎても出産の兆候がないなどの場合に、赤ちゃんの状態を確認して分娩の時期を判断するようです。

浣腸や剃毛は安全に生むために必要な処置

陣痛を見守るパパと看護師さん
浣腸や剃毛などの処置は、抵抗があるママさんも多くいるのではないでしょうか。
こういった処置が行われるおかげで、一昔前に比べお産で命を落とす人が格段に減ったといわれています。

上記の処置は「スムーズにお産を進めるため。」「母子ともに健康な状態でお産を終えるため。」です。

どちらも大切な事だと思います。
どうしても気が進まない処置がある場合は、担当医や助産師さんへ相談してみましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...