【医師監修】年齢で変わる?避妊したら?妊娠する確率について

避妊をせずにセックスをした場合、妊娠する確率はどのくらいだと思いますか?

排卵日にコンドームやピルで避妊をせずにセックスをすれば、100%の確率で妊娠すると勘違いされている方も少なくありません。

年齢によって妊娠の確率はどう違うのか?
避妊をした場合と、しない場合の妊娠の確率は?
妊娠する確率を上げるにはどうしたらいいの?

この記事では、そんな「妊娠の確率」に関する疑問を解決します。

自然妊娠の確率は「年齢」「健康状態」「ストレス」で変わる

健康な若い男女が、排卵日に合わせてセックスしたとしても、妊娠の確率は約20~25%だと言われています。

しかもこれは、生理周期が安定した妊娠しやすい体質の女性と健康な若い男性のカップルの場合です。

妊娠は男女の体調やストレス、年齢、生理周期の乱れなどに大きく影響されます。

ほかにも生活習慣や食事などの影響から、精子・卵子の質の低下、子宮系のトラブルなど、様々な問題を抱えているケースも。
実際の妊娠確率は20~25%よりももっと低い確率となります。

年齢別の自然妊娠の確率をチェック

年齢別で自然妊娠の確率を分けると以下のようになります。

 

  • 25歳~30代前半…25~30%
  • 30代後半…18%
  • 40代前半…5%
  • 40代後半…1%

 

また、歳を重ねるごとに、染色体異常の発生率や流産の発生率が高くなっていくこともわかっています。

本人が健康でも歳を重ねるごとに、卵子や精子の状態は変わってきてしまいます。

避妊した場合の妊娠確率

コンドームを使用した場合の妊娠確率は、正しい使い方をした場合で約3%、まちがった知識で使用したり失敗した場合は約12%と言われています。

正しくコンドームを使用していても妊娠の可能性はあるという事を頭に入れておきましょう。

男女ともに子どもができる体なら、コンドームの避妊率が100%になる事は絶対にありません。

妊娠を希望しないなら、コンドームと低用量ピルの併用をオススメします。

低用量ピルで避妊をし、コンドームで性感染症予防ができます。

◆◆ 注目記事 ◆◆