妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?

妊娠中に急な訃報があったとき、妊婦さんはお葬式に参列してもいいのか迷いますよね。

親族だけではなく、親しい人やお世話になった人が亡くなったら、最後のお別れに行きたいと思う人は多いでしょう。

故人を偲びたい気持ちがあっても、妊娠中は、「体調が不安」「どのような服装で行ったらいいかわからない」と、迷う人も多いようです。

この記事では、妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点や服装のマナー、妊娠中のお葬式にまつわる迷信を紹介します。

妊婦さんがお葬式に参列してもいいの?

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?お葬式は1日がかりになることも多いので、体調が悪いときは精神的にも不安になります。

立ちっぱなしや座りっぱなしになることも多く、体への負担も心配でしょう。

妊娠中にお葬式へ参列する場合は、周囲の人に迷惑がかからないように、自身の体調と相談しながら決めることが大切です。

体調に問題なければ参列できる

体調がよければ、妊婦さんがお葬式に参列しても問題はありません。

しかし、妊娠中は体力的な負担が大きいことから、体調を崩しやいので注意が必要です。

疲れたら車で休憩したり、早めに帰宅するなど自己管理をしましょう。

遠いところでおこなわれる場合は、体調を考えて1泊するなど、ゆったりとしたスケジュールにすると安心です。

参列するときの注意点

お葬式に参列するときの注意点を紹介します。

  • つわりの時期は線香の匂いに注意
  • 参列してもいいか事前に確認をしておく
  • 身近な人には妊娠していることを伝えておく

参列する場合は、体調が悪くなったときのために、休める場所があるか事前に確認しておくと安心です。

また、お葬式の席で休憩を取りやすいように、遺族に妊娠中であることを伝えておくと席を離れやすいでしょう。

妊娠中は体の変化により、精神的にも不安定な時期です。

体調がよくても、いざというときのために準備をしておきましょう

参列を控えた方がいい場合も

参列を控えた方がいいケースは次のようなときです。

  • 体調がすぐれないとき
  • 安定期前のつわりがひどい時期
  • 臨月の時期
  • 地域の風習で妊婦の参列を控えた方がいいとき

妊娠中は体力を消耗しやすいので、体調がすぐれないときや、妊娠初期のつわりがひどい時期は、長時間座った状態でもキツいと感じることがあります。

体調が安定していても、妊娠後期の臨月であればいつ産まれてもいい状態なので、できれば参列を控えた方が安心ですね。

地域によっては、ムリして妊婦さんは参列しなくてもよいとされていることもあるので、事前に地域の人に確認をしたり、かかりつけの医師に相談してみましょう。

お通夜であればお葬式より短時間で終わるので、体調がよければそちらに参列し、お葬式は辞退するという方法もあります。

参列しないときのマナー

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?体調が悪いときはムリをせず、葬儀を辞退することも考えなくてはいけません。

面識のない人や遠い親戚のお葬式は、妊娠をしている事情を伝えれば、辞退しやすいでしょう。

その際は、弔電を打ったり香典やお悔やみ状を送るなど、マナーには気をつけましょう。

お葬式に参列できなかったときは理由を伝えて、後日お線香をあげに行くか、遠い場合はお供え物を送るのもオススメです。

服装のマナーに関する注意点は3つ

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?妊娠中は通常の喪服が入らない可能性があるため、どのような格好をしていけばよいかわからない人は多いでしょう。

ここでは、服装のマナーに関する注意点を3つ紹介します。

喪服

お葬式に参列するときの服装は、ブラックフォーマルがマナーとされており、色は黒や紺、生地は光沢のないシンプルなものが基本です。

  • 膝丈の黒のワンピース
  • 襟付きの黒のブラウス
  • 飾りのない黒のカーディガンなど

妊婦さんの場合、手持ちの洋服でも参列できますが、飾りのない黒色のブラウスやスカートを着用しましょう。

妊娠中は、長時間同じ体勢で座っていると体に負担がかかるので、お腹周りを締め付けないワンピースもオススメです。

足元

妊娠中は転倒を避けるため、靴はヒールではなくフラットなものを選びましょう。

喪服と同様に光沢のないシンプルな黒い靴がオススメです。

  • 黒の光沢のない靴
  • つま先が空いていないもの
  • 飾りのないもの
  • 黒のタイツやストッキング

お葬式での素足はマナー違反なので、お腹が大きい妊婦さんはマタニティ用のタイツやストッキングを着用しましょう。

冷え対策をしよう

季節に関係なく、冷え対策としてストールやカーディガンを用意し、腹帯やタイツの着用をオススメします。

妊婦さんは体が冷えるとトイレが近くなり、便秘や腰痛になる可能性もあるので、冷え対策をおこなうことが大切です。

冷えるとお腹が張る人もいるので気をつけましょう。

参照:サイト:公益社団法人日本看護協会「妊娠」

マタニティ用の喪服5選

訃報はお祝いと違い、予定を立てて準備できません。

妊娠中に喪服を着ることは少ないので、レンタルする方法もあります。

品物によっては、レンタルの値段も喪服を購入する金額とさほど変わらないので、自分のニーズに合う方を選ぶとよいでしょう。

B-GALLERY(ビーギャラリー)アンサンブルジャケット &ワンピース

ノーカラージャケットとワンピースのセットです。

夏場はワンピースのみでも着用できるので、オールシーズン使用できます

Marycoco(メアリーココ)ジャケット付きAラインワンピース

ふんわりしたAラインのワンピースです。

ジャケットの丈が短いため、Aラインでもスッキリ着用できます。

フォーマルワンピース・コサージュ付き

縦に入ったプリーツが体型をカバーします。

サイズも豊富に取りそろえてあるため、妊婦さんにオススメです。

コサージュの取りはずしもできますよ。

レンタル用ブラックフォーマルワンピース

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?

引用:礼服レンタルのやましたyahoo!店
レンタルできるマタニティ用の喪服です。

Aラインのワンピースで、胸から裾にかけてゆったりと広がるようにギャザーが入っています。

喪服レンタル・ゆったりワンピース&ジャケット

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?

引用:礼服レンタルyahoo!店

レンタルできるワンピースとジャケットのセットです。

ワンピースは、臨月まで着られるゆったりとしたデザインが特徴。

M〜LLまで、サイズも豊富に取りそろえてあります。

妊娠中のお葬式にまつわる迷信

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?妊婦さんがお葬式に参列するとき「お腹に鏡を外向きに入れておくとよい」という言い伝えを聞いたことはありませんか?

昔は、逆さ鏡をお腹に入れておくと、悪い霊を跳ね返すという考えがあったようです。

赤ちゃんが連れて行かれる」「赤ちゃんにアザができる」などの迷信もあります。

火事の現場を見て怖い思いをすると、お腹の赤ちゃんにアザができるため、火葬場も行ってはいけないとされていました。

これらの迷信は、心身ともに不安定な妊婦さんに配慮した考えで、不幸な状況から妊婦さんを遠ざけたい思いから作られた迷信だとも言われています。

地域によって考え方はさまざまなので、家族の意見を聞きながら、迷信が気になる人はお腹に鏡を入れて参列するとよいでしょう。

妊娠中のお葬式は体調を優先しよう

妊婦さんがお葬式に参列するときの注意点は?服装は何がいい?妊娠しているときは普段より疲れやすくなるため、体調には気を遣わなくてはいけません。

お葬式での気温差や疲労で体調を崩したら、胎児にも影響する可能性があります。

お葬式に出席するときは、旦那さんに一緒に付き添ってもらったり、身内に伝えておくなど配慮しながら、ムリのない範囲で参列しましょう。

診断テスト