【医師監修】妊娠高血圧症候群とは?原因や症状、対策は?入院も必要?

妊娠中はつわりや腰痛など、さまざまな体の症状に悩まされるものですが、なかでも、注意が必要なのは妊娠高血圧症候群です。

重症化すると、母体や胎児にいろいろな合併症をひきおこし、母子ともに命に関わる可能性があります。

重症化させないためにも早めの発見、治療が必要です。

ここでは、症状や対策、治療法などをまとめてみました。

妊娠高血圧症候群とは?

「妊娠20週以降~分娩後12週の間に、高血圧、あるいは高血圧と蛋白尿の症状がみられる場合」を、妊娠高血圧症候群といいます。

妊娠20週以降~32週未満で発症する場合を早発型、妊娠32週以降での発症を遅発型といいます。

以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、現在は、妊娠高血圧症候群という病名で呼ばれるようになりました。

妊娠高血圧症候群は、重症化するとママはもちろん、お腹の赤ちゃんの命にまで危険がおよびます。

早発型の方が重症化しやすいといわれており、注意が必要です。

なお、妊娠前から高血圧がある場合は、高血圧合併妊娠といい、妊娠高血圧症候群とは分けて考えられています。

しかし、その後、妊娠20週以降~分娩後12週の間に蛋白尿の症状があらわれた場合には、妊娠高血圧症候群となります。

妊娠高血圧症候群の症状

妊娠高血圧症候群の症状で、もっとも有名なのは、高血圧と蛋白尿です。

日本産婦人科学会によると、妊娠中の場合は、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の場合に、妊娠高血圧症候群と診断されます。

肝機能が低下していると、たんぱくが尿から検出されるようになりますが、検査で30mg/dl以上出ていると陽性と診断されます。

また、妊娠高血圧症候群にかかると、母体や胎児に悪い影響をあたえる合併症が、発症するリスクが高まるのです。

それまで、とくに症状が出てないにも関わらず、数日のうちに急激に悪化して、緊急入院、緊急オペが必要になるケースも珍しくありません。

母子ともに命に関わることもありますので、以下のような症状や兆候を感じたら、ご自分で判断せずに、すぐに医師に相談しましょう。

    具体的な症状や兆候

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 眠気
  • 尿の減少
  • 急激な体重増加
  • 浮腫(むくみ)
  • 子宮の収縮
  • 目が見えにくくなる
  • みぞおちが急に痛くなる
  • 気分が悪い
  • 吐き気
  • 腎臓の機能障害
  • 黄疸
  • 動悸
  • 呼吸困難

妊娠高血圧症候群から発生しやすい合併症

妊娠高血圧症候群になると、発症しやすい合併症には、さまざなものがあります。

主なものに、子癇(しかん)HELLP症候群常位胎盤早期剥離などが有名です。

それ以外にも、肺水腫や、脳出血などの脳の血管関係の疾患が起こりやすいといわれています。

子癇(しかん)

子癇発作と呼ばれる全身痙攣がおきたり、意識を失ったりします。

前兆として、頭痛、みぞおちの痛み以外にも、目がチカチカする、視界が狭くなるなどの視覚障害をおこすケースが多いようです。

痙攣が収まらない場合は、母体や胎児を守るために、緊急帝王切開になることもあります。

HELLP(ヘルプ)症候群

HELLP症候群とは、溶血(血液中の赤血球が壊されること)があり、肝臓の機能が低下し(肝酵素の上昇)、血小板が減少する病気です。

妊娠の後期から分娩後に発症しやすい疾患です。

主な症状としては、吐き気、嘔吐、みぞおちの痛み、疲労感などがあります。

これらの症状は、風邪や単なる体調不良として見過ごされ、受診が遅れて重症化するケースもあるので、注意が必要です。

悪化すると多臓器障害や、血液の凝固障害をおこすこともあります。

常位胎盤早期剥離

胎盤は通常、出産後に子宮から剥がれて出てくるものです。

それが、子宮の正常な位置にあるにも関わらず、赤ちゃんがまだお腹の中にいる間に剥がれてしまうことが位胎盤早期剥離です。

胎児にも母体にもリスクのある疾患ですので、早急な対処が必要になります。

胎児への影響は?

妊娠高血圧症候群にかかると、母体だけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響があります。

とくに重症になると、子宮や胎盤の血流が悪くなり、必要な栄養や酸素が十分行き届かなくなるのです。

栄養不足になると、赤ちゃんの発育が不十分になったり(胎児発育不全)、通常よりも体重が少ない赤ちゃんが生まれたり(低出生体重児)します。

また、酸素不足の状態が長く続けば、低酸素症になり、赤ちゃんの脳に影響を与えることもあるのです。

子宮収縮が起きると、血流がさらに悪くなるため、胎児の心拍に異常が出るなど胎児機能不全をおこすケースもあります。

そのような場合は、緊急に胎児を子宮から取り出す必要があります。

妊娠高血圧症候群の原因と発症しやすい人

妊娠高血圧症候群は、なりやすい人がいます。

原因はなにがあるのか、見ていきましょう。

原因は?

妊娠高血圧症候群の原因は、現在のところはっきりとわかっていません。

そのため、確実な予防法がないのです。

自覚症状があまりないのも妊娠高血圧症候群の特徴で、頭痛や、気分の悪さなども「妊娠のため」と思ってしまうことが多く、気づかないままに重症化することが多々あります。

少しでもおかしいなと思ったら、担当の先生にすぐに相談してください。

兆候を見逃さないことが大切です。

発症しやすい人は?

妊娠高血圧症候群の原因は、特定できていませんが、発症しやすい人はいるようです。

35歳以上、あるいは15歳以下

妊娠高血圧症候群は、35歳以上の妊婦さんにおいて、発症率が高くなっています。

さらに、40歳以上になると発症のリスクはますます高まるのです。

ただ、若ければ、若いほどいいわけではなく、15歳以下のケースでも発症率は高くなっています。

初めて妊娠した人

初めて妊娠した人のほうが、妊娠高血圧症候群を発症する割合が高くなっています。

また、前回妊娠してから5年以上経過した人も、発症率が高いようです。

肥満体質の人

肥満体質の人は、妊娠高血圧症候群にかかりやすいといわれています。

とくにBMI25以上の人は要注意です。

身長、体重からBMI値を計算します。

身長と体重を入力し、「計算する!」ボタンを押すと自動でBMIが算出されます。

身長: cm

体重: Kg

あなたの身長と体重から割り出したBMI値

BMI値:

あなたの体重は
のようです

多胎妊娠の人

多胎妊娠の場合も、妊娠高血圧症候群になる確率が高くなります。

高血圧、甲状腺機能障害、糖尿病を持っている人

  • もともと、高血圧、甲状腺機能障害、糖尿病を持っている人。
  • 過去にこれらの病気にかかっていたことのある人。
  • 身内にこれらの病気にかかっている人がいる人。

これらの人は、妊娠高血圧症候群にかかりやすくなっています。

過去に妊娠高血圧症候群にかかったことのある人

過去に妊娠高血圧症候群にかかったことのある人は、次の妊娠でも妊娠高血圧症候群になる確率が高くなります。

妊娠高血圧症候群の治療

妊娠高血圧症候群の治療は、発症したときの妊娠週数や、胎児の発育状態、重症度によって違います。

入院は必要?

軽症の場合は、入院の必要はなく、自宅で安静にし、外来通院での経過観察になります。

軽症では、降圧剤の服用治療は控えることが多く、食事のカロリーや塩分の制限など食事療法が治療の中心です。

重症の場合は入院となり、食事制限に加え、血圧を下げる薬の投与や、子癇を抑える点滴などが行われます。

症状が重く、妊娠週数が34週以降で、赤ちゃんの状態によっては、すぐに帝王切開や、陣痛誘発剤での出産となるケースもあるようです。

ただ、赤ちゃんが未熟な場合は、できる限り妊娠を継続させて、分娩のタイミングを測ります。

普通のお産は可能?帝王切開になるの?

妊娠高血圧症候群だとしても、必ずしも帝王切開になるとは限りません。

妊婦さんと胎児の状態を総合的に医師が診断し、普通の分娩になるのか、帝王切開するのかが決定されます。

また、対処方法は、新生児集中治療室、新生児専門医の有無、病院の夜間の看護体制などによっても変わってきます。

場合によっては、設備の整った別の病院に転院することもあります。

ただし、症状が落ち着けば、普通に分娩することも可能です。

普通分娩を予定していても、病状が急変した場合や、母体や胎児に危険があると判断された場合は、緊急帝王切開になります。

出産したら治るの?

出産を終えると、妊娠高血圧症候群の症状がよくなるママがほとんどです。

なかには、お産の後も、しばらく高血圧が続き、蛋白尿が出る方もいます。

そのような場合は、出産後も引き続き、降圧剤などの治療が必要です。

また、出産後12週以降も血圧が高く、蛋白尿が出続ける時は、別の病気である可能性がありますので、詳しく検査した方がよいでしょう。

「あれ?」と思ったら病院へ

妊娠高血圧症候群は、自覚症状が乏しく、単なるつわりや、妊娠による体調不良で片付けられてしまうこともあります。

妊婦検診や、尿検査をして初めてわかることも多いようです。

しかし、重症化すると、母体だけでなく、胎児にも危険がおよぶ深刻な疾患です。

少しでも、おかしいなと思ったら、迷わずお医者さんに相談しましょう。

また、妊娠高血圧症候群にかかった女性は、その後生活習慣病にかかる確率が高くなるといわれています。

高血圧や腎疾患だけでなく、脳血管障害や心疾患、糖尿病、メタボリックシンドロームなどです。

そのために、出産後も食生活に気をつけたり、ストレスを溜め込まないようにしたりと、健康管理に気をつけることが大切になってきます。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...