マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ

なんとなく、イライラする、不安になる…。
妊娠中はもちろん、産後も経験する女性が多いマタニティブルー。

自分で自分の気持ちがコントロールできずに戸惑う女性も多いようです。
そこで、今回は、マタニティブルーの症状や原因についてまとめてみました。

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは、妊娠中の女性や出産後の女性に見られる、情緒が不安定な状態のことです。

通常の場合、症状が続くのは10日から2週間程度で、自然とおさまることがほとんどです。
うつ病とは異なり、一時的な心のトラブルであると考えられ、普通は、病院での治療を必要とせず、自然に好転するのを見守ります。

マタニティブルーという自覚がなく、後から「あの頃、私精神的に少しおかしかったかも」と気づく程度の人から、ヒステリックになったり、突然泣き出すなど、はっきりと症状がでる人まで、症状のでかたや、重さはさまざまです。

妊娠中だけおこるの? それとも産後も?

このような心の一時的なトラブルであるマタニティブルーですが、症状があらわれるのは妊娠中だけとは限りません。

妊娠中から出産後1ヶ月後までの間であれば、いつ症状がでてもおかしくありません。
妊娠中に限らず、産後もマタニティブルーになる可能性はあるのです。

一般的に、妊娠中においては、つわりのおこる妊娠初期や、出産を控えた妊娠後期によくみられます
また、産後においては、出産の数日後から10日後の間に症状がでやすいといわれます。

妊娠初期にだけマタニティブルーになったという人もいれば、妊娠中も産後もマタニティブルーを経験したという女性もいます。
また、産後のみ、マタニティブルーの症状が出るケースもあり、いつ症状が出るかは人それぞれのようです。
初産の時は、ひどいマタニティブルーに悩まされたが、二人目のときは、たいして気にならなかったという人もいます。

マタニティブルーの症状

マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーの症状は、人それぞれですが、主に、以下のような症状がみられます。

  • わけもなく泣きたくなったり、突然、涙がでてくる
  • 特になにもないのに、気がふさぐ
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 不安で眠れない
  • 理由もなく、常に不安感がつきまとう
  • やる気がでず、体がだるい
  • 家族など、周りの人にやつあたりしてしまう
  • 深い自己嫌悪に陥る
  • 食欲がでない
  • 感情の起伏が激しくなる
  • 落ち着きがなく、集中力が欠如する
  • 外に出るのがおっくになる

マタニティブルーになると以上のような症状がひとつあるいは、複数おこりえます。

妊娠や出産で喜ぶべき時期に、ブルーな気持ちになったり、イライラしたり、自分でも自分の気持ちが理解できずに、戸惑う女性も多いようです。
しかし、誰にでもおこりうる一過性の心の変化ですので、自分を責めたりしないようにしましょう。

長引くようなら産後うつの可能性も

産後におこるマタニティブルーの多くは一過性のもので、10日から2週間程で、自然に回復に向かうものです。

しかし、情緒の不安定な状態が1ヶ月以上続く場合や、産後1ヶ月以降におこる気分の落ち込みは、マタニティブルーではなく、産後うつの可能性があります。

産後うつも、マタニティブルーのような症状があらわれるのですが、決定的な違いは、一過性ではなく、治療が必要になるという点です。
気分の落ち込みや、情緒不安定が1ヶ月以上も続くようなら、産後うつの可能性があります。
症状がひどくなると、入院が必要になる場合もありますので、おかしいと感じたら、早めに産婦人科医の医師に相談してみましょう。

<赤ちゃんの部屋編集部より>
産後ケアに葉酸がおすすめ

葉酸は、厚生労働省から産後も通常の食事から240㎍+サプリメントなどの栄養補助食品から100㎍の摂取が推奨されています。

とくに血中の葉酸濃度が低い人は、多い人に比べうつ病リスクが約1.4倍高まるという研究結果が出ています。
葉酸には、産後うつの改善にも効果が期待できるのです。

ほかにも、肌・髪のトラブル対策や母乳の改善など様々なマイナートラブルへの効果が期待できる葉酸。
必要量がしっかり摂れる葉酸サプリを飲む習慣をつけると、健康維持に役立てられるでしょう。

参考:「うつ病と食生活の関係」

マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ

マタニティブルーの原因

マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめマタニティブルーの原因には以下のようなものが考えられます。

ホルモンバランスの変化

マタニティブルーのもっとも大きな要因と考えられているのは、ホルモンバランスの変化です。

妊娠すると、妊娠を維持するためにエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌が増えはじめます。
さらに、臨月に入るとその分泌量は大量になります。

それが、出産を機に、急にそれらのホルモンの分泌がなくなり、かわってプロラクチンという母乳分泌のためのホルモンが増えます。

このような急激なホルモンバランスの変化は、お母さんの精神状態にも大きく影響をおよぼします。

妊娠による体調不良

妊娠すると女性の体にはさまざまな変化がおこり、そのためにいろいろな体調不良に悩まされるようになります。

なかでもつわりがきっかけで、マタニティブルーになる女性は多いようです。

また、妊娠後期になると、子宮が大きくなり、動きに制限がかかりますし、内臓を圧迫したり、腰痛、下半身のだるさなどの体調不良がでてきます。

これらの妊娠による体の変化や体調不良もマタニティブルーのきっかけになります。

出産への不安

お腹の赤ちゃんがちゃんと育っているのか、出産までこぎつけるのか、妊娠中は、どうしても神経質になりがちです。

周囲の何気ない言葉や、励ましの言葉が、返って、イライラや不安をあおることもあります。

胎児の成長は順調だろうか、お腹が張り気味だけれど大丈夫だろうか、出産の痛みに耐えられるのだろうか、母親としてちゃんとやっていけるだろうか…。
とくに初めての妊娠の場合は、いろんな不安や心配事がつきません。

このように心配してばかりでは、心も疲れてしまいます。
産婦人科の医師や、妊娠仲間の友人などに、話をきいてもらうと、気分も軽くなるものです。

孤独感

妊娠中および出産後の女性は、社会から切り離されたような孤独感を感じる場合があります。

つわりでほとんど寝たきりだったり、医師から安静を言い渡されていたり、出産後は赤ちゃんのお世話に追われるというような理由で、思うように外出できないことも多いからです。

妊娠、出産を機に仕事を退職したママならなおのこと、周りから取り残されたような孤独を覚え、焦ってしまいがちです。

慢性的な睡眠不足

出産後は、お母さんの生活時間は、大きく変化することになります。

赤ちゃんの授乳のために、夜も数時間ごとに起きなければならず、慢性的な睡眠不足になるママがほとんどです。

しかし、慢性的な睡眠不足は、自律神経のバランスを崩すことにもつながります。
無理せず、赤ちゃんのお昼寝タイムには、ママも一緒にお昼寝するなどして、睡眠不足をできるかぎり補うようにしましょう

慣れない子育て疲れ

出産後、慣れない赤ちゃんの世話に加え、家事もしなければならないお母さんの日々は大変です。
全てを完璧にこなそうとして疲れてしまうママも多いのです。

また、一人目の赤ちゃんの場合は特に、赤ちゃんが泣きやまない、母乳を飲んでくれないといった時にどうしていいかわからず、戸惑うことも多いでしょう。
育児のプレッシャーに潰されそうになってしまうお母さんもいます。

しかし、無理は禁物です。
休みの日には、パパにもできるだけ協力してもらいましょう。
また、経験者である実家のお母さんに相談したり、友達に助けを求めることも必要です。

マタニティブルーのもっとも大きな原因は、ホルモンバランスの変化です。
それ以外にも、環境の急激な変化や、精神的プレッシャー、身体的ストレスなどが、マタニティブルーのきっかけとなったり、症状を悪化させたりするようです。

また、マタニティブルーは誰でもなる可能性がありますが、以下のような性格の人は、特にマタニティブルーになりやすいといわれます。

  • 真面目な人
  • 心配性の人
  • 責任感が強い人
  • 几帳面な人

「適当に、手を抜いて」「のんびりして」と言われても、上記のような人には、難しいことかもしれません。

しかし、ママが無理をして、病気になったのでは意味がありません。
家族や友人に協力してもらいながら、マタニティブルーを乗り越えていきましょう。

マタニティブルーかなと思ったら?

マタニティブルーとは? 妊娠中だけじゃなく産後も? 症状や原因まとめ
マタニティブルーは、産前、産後限らずに妊婦や出産婦なら、誰にでもなる可能性があります。
原因は、ホルモンバランスの変化であり、自分自身ではコントロールしようのないことなので、自分を責める必要はありません
また、マタニティブルーによる不安定な精神状態は、一過性のものです。

とくに治療や薬は必要なく、放っておいても、2週間程度で改善に向かうのが普通です。
くよくよ、気にすると、余計にストレスを溜め込むことになりますので、生理的な現象のひとつと割り切って乗り切りたいもの。
マタニティブルーかなと思ったら、以下のようなことを心がけてみましょう。

  • 完璧にしようとしないこと
  • 無理せずに、周りの人に手伝ってもらうこと
  • 悩みを抱え込まず、誰かに相談しましょう
  • 焦らずに、ゆっくりと、体調を整えることをまず第一に考えること
  • 少しでいいので、自分の時間をもつようにしましょう

マタニティブルーは一時的な心のトラブルにすぎません
深刻に考えすぎたり、そのことで自分を責めるのは症状を悪化させるだけです。誰にでもあることですから、できるかぎり、ゆったりとした気持ちで、乗り切っていきたいものです。

診断テスト