【マタニティマーク】いつから付ける?もらい方は?実は危険?

周囲に自分が妊婦だということを知らせるためのマタニティマーク。

妊婦さんが身に着けていることで周囲はさまざまな面で配慮することができ、妊婦さんの安全を守ることができます。
つわりで苦しいのに電車で座れない、たばこの煙が気になるなど、妊婦さんの悩みを軽減できることがほとんどです。

その一方で、マタニティマークが原因で思いもよらないトラブルに巻き込まれたという例もあります。

マタニティマークの目的や役割、リスクの有無について解説します。

マタニティマークとは

マタニティマークとは妊産婦であることを周囲に知らせる視覚記号(サイン)です。
厚生労働省が作成したマークで、国民運動計画「健やか親子21」推進検討会で発表されました。

現在では自治体や民間団体などがさまざまな種類のマタニティマークを提供しています。

マタニティマークの目的は周囲に妊婦であることを知らせることで、適切な配慮を行ってもらい、安全性を確保することです。

とくに妊娠初期の妊婦さんは外見で判断しづらいため、気づかない場合があります。
そのときにマタニティマークを身に付けていることで、周囲は妊婦さんに対して気配りができます。

お腹が大きくなくて妊婦だということを気づかれにくいときでも意思表示をしてくれるのがマタニティマークなのです。

マタニティマークの種類

今やマタニティマークにはさまざまな種類がありますが、一般的なのは自治体などで無料配布されるものです。
ハート形の中で女性が赤ちゃんを抱いている絵柄になっており、マタニティマークの中では最も認知度が高いでしょう。

最近ではデザインに優れたマタニティマークが販売されており、ディスニーキャラクターが描かれたものや、安産祈願のお守りに印字されているものもあります。
キーホルダーになっているものから自動車用のステッカーまで、用途もさまざまです。

マタニティマークはいつから付ける?

マタニティマークはいつから付けるべきという決まりはなく、病院で妊娠が判明してからならいつでも問題ありません。

妊娠初期はお腹は目立たないものの、つわりが酷くなって日常生活に支障をきたす場合もあるので、早いうちに付けておくといいでしょう。
人でごった返しそうな場所に行く際には、赤ちゃんのことを考えてマタニティマークで安全性を確保することが望ましいです。

職場に妊娠を公表するまで待つなど時期を見て付け始める方もいれば、妊娠期間中は一度もマタニティマークを身に付けたことがないという方もいます。

マタニティマークを付ける付けないは本人の意思次第です。
身に付ける場合は自分がいいと思った時に付けるようにしましょう。

マタニティマークはどこでもらえる?もらい方は?

自治体の窓口

自治体はもっとも一般的なマタニティマークの配布場所です。
多くの自治体では母子手帳配布の際にマタニティマークを無料で提供しています。

お住まいの市区町村に妊娠届出書を提出する際にマタニティマークをもらえるか聞いてみましょう。
地域独自のデザインのマタニティーマークがある場合があります。

マタニティマークにはサイズやデザインの規定はありませんので、ユニークなデザインのものでも問題ありません。

鉄道会社の窓口

JRをはじめ、鉄道会社によってはマタニティマークを無料で配布しているところがあります。
妊娠中の女性たちの多くは移動手段として電車を利用しているため、通勤ラッシュなど電車が混む場合でも利用しやすいように配慮しているのです。

通勤電車の駅や鉄道会社の窓口にマタニティマークを配布しているか確認してみましょう。
マタニティマークをもらう際には、母子手帳の提示を求められる場合がありますので手元に用意しておくことをおすすめします。

雑誌の付録

たまごクラブなど妊婦をターゲットにした雑誌で付録にマタニティマークが付いている場合があります。

デザインは一般的なものから、その雑誌独自のものまであります。
雑誌には妊娠中や産後に役立つさまざまな情報が載っているので、マタニティマークをもらうついでに購読してみるといいでしょう。

通販サイト

Amazonや楽天などの通販サイトでもマタニティマークは手に入ります。
通販サイトはさまざまな会社が出品しているだけに、デザインも価格も多様です。
自分が好きなデザインを選べるのも通販サイトでマタニティマークを手に入れるメリットです。

続いて、マタニティマークのデメリットも見ていきましょう。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...