【医師監修】妊娠線の予防はいつから、何をするべき?妊婦さんの妊娠線ケア方法【完全版】

妊娠線を予防するためには、肌の保湿ケアがとても大切です。

妊娠線ができるのは、

  • 体重増加によって皮ふが引っ張られる
  • ホルモンバランスの変化による肌の乾燥

この2つがおもな理由です。

保湿によって肌の弾力性が保たれていれば、このような刺激に影響されにくい肌に導くことができるのです。

プレママ

妊娠線作りたくないよー!!妊娠線っていつから、どうやってケアしたらいいの?

編集部

お腹が大きくなり始める妊娠5ヵ月ごろから、妊娠線クリームやオイルを使ってケアをしましょう。

この記事では、妊娠線ができる原因から予防方法まで、細かく解説していきます。

≫≫おすすめの妊娠線クリームをすぐに知りたい方はコチラ!

妊娠線とは?何が原因でできるの?

妊娠線とは線状皮膚萎縮症と言いストレッチマーク脂肪線とも呼ばれる、いわゆる「肉割れ」です。

肌の表面(表皮)は伸びやすいですが、その下にある真皮などの皮下組織は伸びにくいため、肌が引っ張られて亀裂ができてしまいます。

この亀裂が透けて赤紫色の筋として見えるのが妊娠線です。

最初は赤紫色ですが、産後に皮膚が再生するにつれて少しずつ白っぽくなります。
だいたい1年ほど経つと真っ白になり、目立ちにくくなることが多いです。

ただし、一度妊娠線ができると上の写真のように白い筋やしわとして残りやすくなります。

写真ではお腹だけですが、太もも・お尻・二の腕・胸にできることもあります。

妊娠線は妊娠後期の臨月頃にできる人が多い

実際に赤ちゃんの部屋編集部で実施したアンケートでは、妊娠後期にできた方が71.3%ともっとも多くなりました。

とくに臨月は、赤ちゃんが一気に大きくなるため、肌への負担も大きくなります。

ほかにも、出産中にいきんだときや、産後にバストが張って妊娠線ができてしまうケースもあります。

妊娠中から産後体型が戻るまで、毎日こまめにケアを続けることが大事なのです。

妊娠線ができやすいタイプは?

次のようなタイプの方は、とくに妊娠線ができやすい妊娠線予備軍です。

経産婦さん 子宮が大きくなりやすくなる
双子などの多産児を妊娠している お腹が大きくなりやすい
肌が乾燥ぎみ、高齢出産 肌の弾力性が低下する
細身・小柄な体型 妊娠したときとの体型の差が大きくなる
体重が増えすぎている 急に皮膚が引き伸ばされる
皮下脂肪が多い 妊娠中に皮下脂肪が肥大化しやすくなる

妊娠線にたえられる肌に導くために十分な対策をして、妊娠線を予防しましょう。

妊娠線ができなかった先輩ママには、ケアをしてお腹が大きくなっても皮膚が十分伸びる弾力・うるおいを保っていたという方が多くいます。

プレママ

最近肌が乾燥ぎみだし、すごく体重ふえちゃってるよ…!ちゃんと妊娠線予防しとかなきゃ!

編集部

妊娠線を予防するためには、早めの保湿が大事です!次で解説していきますね。

妊娠線の予防はいつから始める?その方法は?

妊娠線予防はいつから始めるべきか、それはずばり妊娠5ヵ月ごろからです。

大きくなるお腹に耐えられる肌環境を作るには時間がかかります。
また妊娠中はホルモンバランスの変化で、ただでさえ肌トラブルをおこしやすい状態です。

お腹が大きくなりはじめる妊娠5ヵ月ごろから、こまめに保湿ケアをしておきましょう。

妊娠線はクリーム・オイルで保湿して予防!

妊娠線の予防には、まず何をおいても保湿です。
うるおいのある肌には柔軟性や抵抗力があり、妊娠線の予防だけでなく妊娠線ができるときのかゆみや痛みなども防ぐことができます。

保湿力が高いクリームやオイルを選ぶのはもちろんのこと、シラノール誘導体(ケイ素化合物)などの肌の弾力をサポートする成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

市販のクリームやオイルじゃだめ?

ドラッグストアや薬局で買えるニベア、ワセリン、ベビーオイル、ホホバオイルなどを妊娠線予防として使っている方も多くいます。

たしかに市販のクリームにも保湿力に優れたものもありますが、「今肌にある水分の蒸発を防ぐ」役割でしかないものがほとんどです。

また、アレルギーの原因になるリノール酸が含まれている市販商品もあります。
使用前は成分を確認し、必要があればパッチテストを行いましょう。

妊娠線予防専用のクリームやオイルであれば、妊娠線対策に必要な成分が配合され、妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんのことを考えて作られている点でも安心です。

プレママ

ケアするのに効果がなかったら意味ないし、ちゃんと妊娠線専用の商品を使った方が安心かも!

編集部

では、妊娠線専用のクリームのなかでもとくに先輩ママの間で人気の商品を紹介しますね!

妊娠線予防クリームおすすめランキング!ママたちの口コミも

先輩ママたちの支持と口コミで選んだ、おすすめ妊娠線予防クリームベスト3をご紹介します!

【1位】Mama&Kidsナチュラルマーククリーム

  • ダブルコラーゲンなどの美容成分が肌の弾力&保湿をサポート
  • ママも赤ちゃんも使える低刺激処方
  • つわりの時期も安心な無香料
編集部

数多くのメディアや雑誌で紹介されている、知名度抜群の王道クリーム!

ダブルコラーゲンエラスチンサポート成分などで、妊娠線ができにくいやわらかく弾力のある肌へ導きます。

割安な上に特典付きのセットもあるので、たっぷり使ってマッサージができるのも嬉しいポイント。

先輩ママの口コミ

妊娠中に使っていた保湿クリーム💖
あの保湿力と塗り心地の良さが忘れられず、これからの季節に備えて購入🍂
娘と一緒に使えるのも嬉しい💕
引用:[email protected]_mami

プレママ

双子を妊娠していても妊娠線ができてないのはすごい…!赤ちゃんにも使えるなら肌荒れの心配もしなくていいし、ムダがないからうれしいね!

編集部

アルガンオイルなどの高級天然オイルを配合しながら、この大容量とコスパ!頼もしすぎます!

内容量 150g/470g
価格(税込) 150g:2,916円
470g:7,850円 ※初回限定30gのミニクリーム付き
WEB限定特典 ・初回限定1,000円OFFクーポンプレゼント
・初回5,000円以上購入でスキンケアアイテムプレゼント
・初回5,000円以上購入で次回から5%オフ
購入できる場所 公式オンラインショップ、百貨店、東急ハンズほか

ナチュラルマーククリームの公式サイト

【2位】ALOBABY(アロベビー)For Mom

  • 持続型高保湿成分アクアキシル、保水力に優れたサクランを配合
  • 超微香でさわやかなネロリのアロマ

赤ちゃん用スキンケアで有名なアロベビー発の妊娠線予防クリーム。

24時間保湿効果が持続するアクアキシルと、かゆみや炎症を抑える植物由来抗炎症成分が配合。
肌が乾燥してかゆいという人にもおすすめです。

先輩ママの口コミ

とにかく保湿を頑張っていますが、こちらのクリームは海藻由来のサクランという成分配合でなんとヒアルロン酸の10倍の保水力で集中保湿してくれる神アイテム😭✨
テクスチャーも水々しく、この時期も全くベタベタしないのでかなり重宝させていただいています\(◡̈)/♥︎
引用:[email protected]

プレママ

ヒアルロン酸の10倍!しっかり保湿できるのにベタベタしないなら、オールシーズンのケアに使えそう!

編集部

赤ちゃん用品で有名なアロベビーだから信頼できますね!

内容量 200ml
価格(税込) 【特別限定価格】3,207円+送料600円
※3本セットはさらにオトク!8,553円+送料無料
【通常購入】3,564円
購入できる場所 公式オンラインショップのみ

ALOBABY For Momの公式サイト

【3位】ノコアアフターボディトリートメントクリーム

  • ビタミンC誘導体、EGF・FGF様成分など、最新の美容成分を配合
  • 妊娠線ができた後のケアができるクリーム

「妊娠線ができた後」を考えて開発されたノコアクリーム。
最新のビタミンC誘導体、オーガニックの天然由来成分、さらにコスメ原料アワードを受賞したBODY3COMPLEXが贅沢に配合されています。

妊娠線のでき始めはもちろん、産後の妊娠線ケアにも使えます。

先輩ママの口コミ

ノコアはできてしまった妊娠線や肉割れに効くので、産後も使えるそう!
今までバラバラのクリームとオイルを使っていたけど、やっぱり同じメーカーのを使うと浸透力と保湿力がすごい!♡
見た目もシンプルで可愛いし香りもフローラル系の香りで癒されます🌿
引用:[email protected]_handmade

産前に購入して産後ずっと使っていたもの…@nocor_official のクリーム
出来てしまった妊娠線肉割れにのフレーズに惹かれて
改善が目に見えて良くて2本目突入
引用:[email protected]

プレママ

“改善が目に見えて良くて2本目”って、効果が期待できそう…!妊娠線ができる前と後のケアどちらも使えるのはありがたい!

編集部

できてしまった妊娠線への対策クリームは、ノコアだけです。少し値段は高めですが、試してみる価値アリです!

内容量 クリーム:150g/オイル:100ml
価格(税込) 【定期便コース】10,470円 ※クリーム・オイルのセット
【通常価格】クリーム:6,980円/オイル:4,490円
購入できる場所 公式オンラインショップのみ

ノコアの公式サイト

【注目の新商品!】MONA MAMMY(モナマミー)

内容量 200g
価格(税込) 毎月お届けコース:初回1,980円(2回目以降3,980円)

“子どもにも使いたい”を開発の基準にしたという妊娠線クリーム「MONA MAMMY」。

妊娠線ができづらい肌に整える保湿成分を配合するのはもちろんのこと、肌へのやさしさは折り紙付き!

その安全性は、赤ちゃんの部屋でもイチオシで紹介している葉酸サプリ「はぐくみ葉酸」を製造するメーカー、はぐくみプラスが作っていることでもうかがえます。

成分 香り のびのよさ 値段

MONA MAMMY(モナマミー)お申込みはコチラ

違いはドコ?妊娠線クリーム3つの比較表

1~3位の妊娠クリームを比較表にしてまとめてみました!
妊娠線クリームの違いを、改めてチェックしてみましょう。

編集部

長く使っていくことを考えて、あなたの好みに合ったクリームを探してみてくださいね!

商品 Mama&Kids ALOBABY NOCOR
特徴 大容量でオトク!品質とコスパを両立 人気のベビースキンケアブランド 妊娠線ができた後のケアにも使える
香り 無香料 ネロリのアロマ ほのかなオーガニックネロリ
内容量 150g/470g 200ml 150g
通常価格 2,916円/7,850円 3,207円 6,980円
配合成分 アルガンオイル/カレンデュラオイル/スーパーヒアルロン酸 海藻サクラン/アクアキシル/7種の抗炎症成分 ホホバオイル/EGF・FGF様成分/ビタミンC誘導体
キャンペーン 1,000円割引クーポン+スキンケアセット付き 初回限定で70%OFF クリーム+オイルの定期セットが1,500円引

比較してみると、1位のママ&キッズナチュラルマーククリームは、圧倒的な大容量&高品質な美容成分が配合されている点で優れていることがわかります。

2位・3位のクリームも優れた美容成分を配合していますが、香りへの配慮やコスパ面を考慮すると、ナチュラルマーククリームが最もおすすめです。

ナチュラルマーククリームの公式サイト

↓おすすめの妊娠線クリームについてもっと詳しく知りたい方はこの記事をチェック!

【芥川先生監修】Amelie全身用保湿ゲルローション.A

芥川バースクリニックの妊娠線クリリーム

  

金額 3,024円(税込)
容量 150g

妊婦さんや、小さな子どもも安心して使える素材にこだわった商品です。
みずみずしい肌に導き、アレルギーなどのトラブルを抱えない肌を育むスキンケアを目指します。

パッチテストをおこなっているので、安全面にとても配慮しています。

商品をさらにくわしく

実践!妊娠線予防クリームを使ったお手入れの手順とコツ

じっさいに、専用クリームを使って妊娠線予防をする具体的な方法を紹介します。
あわせて「1日のなかでいつ塗るのが良いの?」といった塗るタイミングやコツを解説します。

お腹のマッサージケア方法

最も妊娠線ができやすいお腹を例にマッサージ法をみていきましょう。

  1. 下腹部から上に向かって手のひら全体を使ってマッサージします。
  2. へそを中心とし、外側へ向かって手のひら全体を使ってマッサージします。
  3. お腹を円を書くようにマッサージします。

基本的には、おなかに限らずどの部位も上記のように、やさしく塗り広げてケアします。

妊娠線ができやすい部位はお腹だけじゃない!

妊娠線ができるできないには個人差はあります。
できる部位も、お腹以外に以下のパーツがあります。

  • バスト
  • ヒップ
  • 太もも
  • 二の腕
  • ふくらはぎ

妊娠線クリームやオイルでマッサージをするときには、上にあげたパーツも忘れずにケアしましょう。

足や腕はリンパの流れに沿ってマッサージすると、老廃物を流し皮下脂肪が溜まりにくくなります。
腕は指先からわき、足はつま先から膝、鼠径部に向かってマッサージしましょう。

クリームとオイルの併用でさらにうるおう肌作り

妊娠線予防は専用クリームとオイルを併用して使うのがおすすめです。
肌に馴染みやすいクリームを塗ってからオイルで保湿すると、より効果的に肌のコンディションを整えられます。

妊娠初期はクリームで予防し、お腹が目立ち始める中期以降にオイルに切り替えたり、乾燥しやすいお風呂上りはオイル、日中はクリームを塗るという方法もあります。

オイルとクリームのちがいって?

一般的にオイルは油分が多く保湿力に優れ、クリームは油分と水分のバランスがよく肌になじみやすい特徴があります。

妊娠線予防に必要な保湿性が高いのはオイルですが、独特なにおいや使い心地が苦手な妊婦さんがいます。
習慣的に使用して妊娠線予防ケアをするために、じぶんにあった製品を選ぶようにしましょう。

↓おすすめの妊娠線クリーム&オイルについて詳しくはコチラ!

妊娠時期ごとの塗る頻度・コツ

1日にクリームやオイルを塗る頻度は1~4回と、妊娠時期によって調整する必要があります。

妊娠初期は1日1回

朝か夜だけのどちらか1回にして、まずは塗る習慣づくりをしておきましょう。

妊娠中期は1日2回

中期は朝晩の1日2回お手入れしましょう。
晩のケアは、お風呂上がりが最も効果の高いゴールデンタイムです。

妊娠後期は1日に3回程度

お腹が大きくなって、肌が引っ張られてきますので、昼間も妊娠線クリームを塗ります。
リビングや洗面所など目のつくところに、妊娠線クリームを置いておきましょう。
気づいたときにすぐ使えますよ。

特にどんどんお腹が大きくなる臨月は、気をつけたいところです。
負担のない程度で出産までできるだけ続けましょう。

出産後は1日2回

できてしまった妊娠線には、出産後に身体の調子が戻ってきたら塗り始めましょう。

妊娠線ができる3つの原因とは?いつからできる?

妊娠線を予防するためには、妊娠線ができる原因を知っておくのが大切です。
原因は大きくわけて3つあります。

1.急激な体型変化・体重変化

妊娠線の大きな原因は、妊娠でお腹が大きくなり皮膚が急激に伸びるためです。

もともと人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の順に皮膚の層で成り立っています。
表皮はある程度伸びるようにできていますが、真皮や皮下組織にあるコラーゲンや弾性繊維は急激な体型変化についていくのが難しく断裂をおこしやすいのです。

妊娠による急激な体型変化に適応できなかったときに、断裂が生じて妊娠線が生まれます。

2.ホルモン分泌の変化

妊娠による体内ホルモンのバランスが変化することも、妊娠線ができる原因です。

妊娠すると「コルチコステロイド」というステロイドホルモンが増加します。
コルチコステロイドは肌のターンオーバーやコラーゲンの生成をおさえる作用があります。

ホルモンバランスの変化で肌の新陳代謝が悪くなった結果、肌の弾力が減り妊娠線ができやすくなるというわけです。

3.肌のうるおい不足

肌のうるおいが不足していると、妊娠線ができやすくなります。
乾燥する秋冬はもちろん夏場でもエアコンで肌が乾燥しやすい状態が続くと、皮膚の弾力性が失われて妊娠線ができる確率が高くなります。

真皮層にコラーゲンが十分にあり、水分と油分のバランスが適度に保たれているときは肌の柔軟性が高く、妊娠による急激な体型変化にも適用しやすい肌質と言えます。
日頃からスキンケアを欠かさず、肌のなかの水分や油分をキープしておけるように保湿を習慣化しておくのが大切です。

お腹の赤ちゃんが大きくなると、腰やお尻回りの皮膚も引っ張られます。
見えないところに妊娠腺ができている場合もあるので、妊娠腺予防のクリームでのケアは、お腹回りだけでなく、腰やお尻回りもしっかり行うようにしてください。

妊娠線はお腹が一気に大きくなる妊娠後期にできやすい

妊娠後期の「一気にお腹が大きくなったタイミング」で妊娠線ができた、という人が多いようです。
臨月までまったくできなかったのに、ある日突然お腹全体に妊娠線ができた、という人もいます。

妊娠線は体型の変化のほかにも、ホルモンバランスの影響でできることもあります。

ステロイドホルモンの影響で肌が乾燥し肉割れがおこりやすくなるため、妊娠中期、少数ではありますが妊娠初期からできたという人もいます。

妊娠線を予防するには、早めのケアが大切ですね。

妊娠線クリーム以外にも!妊娠線の予防方法

妊娠線予防には、妊娠線クリームでスキンケアすること以外にも、気をつけたいポイントがあります。

具体的には、次の3つを気をつけておきましょう。

体重管理

お腹の赤ちゃんの栄養のためとはいえ、適正体重を大きく超えて太るのはリスクがあります。
もちろんお腹が大きくなる分、妊娠線もできやすくなります。

とくに急激な体重増加は妊娠線のできやすさにつながります。
医師の指導のもと体重管理を行い、必要以上に皮膚を引き延ばさないようにしましょう。

軽い有酸素運動がおすすめ

妊娠中は通常よりも摂取エネルギーを消費しにくくなるので、太りやすくなります。
安定期に入り医師の許可がでたら、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を取り入れるのがおすすめです。

心拍数が130bpm前後の運動を20分以上続けるようにしましょう。

食事・栄養の見直し

食事の栄養バランスの乱れも、母体や赤ちゃんの健康にはもちろん、妊娠線予防にも悪影響です。

とくにコラーゲンの元となるタンパク質ビタミンCや、皮膚を健康に保つビタミン類は意識的にとっていきましょう。

活性酸素を減らす食生活を

活性酸素が体内に増えると肌の老化が進み、妊娠線のできやすい肌環境になってしまいます。
活性酸素を除去する効果のあるビタミンC、ビタミンEを推奨量摂りましょう。

肌のターンオーバーを正常に導く

妊娠線に負けない肌を作るためには、若々しい肌を保つことが大切です。
肌の生まれ変わるサイクル決めるターンオーバーは、睡眠時に分泌される成長ホルモンが関わっています。

一定の時間に十分な睡眠をとることが、成長ホルモンの分泌を維持し、お肌のターンオーバーを正常に導きます。

また、アミノ酸の一種であるアルギニンは、成長ホルモンをつくるために必要です。
タンパク質が豊富な大豆類や、鳥のささみなどに多く含まれていますので、吸収力を高めるビタミンB6と一緒に摂取しましょう。

さらし・ガードル・コルセットで皮膚の負担を減らす

さらしやガードル、コルセットのようにお腹を支えるサポーターを使うのも手です。

これらの衣類は、伸びる一方の皮膚を適度に補助します。
体調をみながら負担なく利用しましょう。

妊娠線は予防こそが最善のケアと心得て!

妊娠線の予防方法をみてきましたが、いかがでしたか。

できてしまった妊娠線は、今の科学では完全に消すのは難しいもの。
逆に、毎日正しくお手入れさえしていれば、リスクを最小にとどめておくことができます。

今回ご紹介した予防法で、毎日マメにケアしていきましょう。
妊娠線知らずの“美ママ”を目指してくださいね!

↓妊娠線予防のためのクリーム総合売れ筋ランキングを見たい人はコチラ

(※)赤ちゃんの部屋「妊娠線に関する調査」より

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...