【専門家監修】「逆子体操とは」いつからいつまで?方法や効果が出るコツまとめ

赤ちゃんの逆子を治す逆子体操ですが、ママのためにも、赤ちゃんのためにも、安全に効果的におこないたいものです。

ここでは、逆子体操を行うべき時期や、効果がでやすいやり方やコツなどをまとめてみました。

そもそも逆子とはどういう状態?

妊娠中期までは、お腹の中の赤ちゃんはくるくると動き回り、頭が上になったり、下になったりしています。
しかし、だんだんと成長するにつれ、赤ちゃんの頭が重くなるために、頭が下になる姿勢に収まっていきます。

28週を過ぎた頃には、赤ちゃんは、子宮口に頭を向けた状態になるのが普通です。

とはいえ、なかには、頭が子宮口とは逆向き上を向いた状態で固定されてしまう赤ちゃんもいます。
このような状態を「逆子」といい、3〜5%の妊婦さんが逆子のまま出産を迎えています。

逆子の種類と分娩方法

逆子になっても、妊娠の継続や赤ちゃんの成長に問題はありません。

逆子でも赤ちゃんの姿勢によっていろいろな種類があります。

出産時に分娩時間が長くなり、赤ちゃんが低酸素状態になるリスクも高いため、基本的に分娩方法は帝王切開となります。

  • 単臀位(たんでんい)

    赤ちゃんのお尻が子宮口に向き、両足をまっすぐ上にあげて前屈のような形になっている状態です。

  • 複臀位(ふくでんい)

    赤ちゃんのお尻が子宮口を向いていて、膝をまげ体育座りをしているような姿勢になっています。

  • 膝位(しつい)

    赤ちゃんは膝をついたような形で、折り曲げた膝が子宮口を向いています。

  • 足位(そくい)

    赤ちゃんは足を伸ばした状態で、立っているような姿勢です。

胎動で赤ちゃんの位置がわかるの?

赤ちゃんの頭がちゃんと子宮口を向いている状態だと、胎動はへその少し上に感じるのが普通です。
へその少し上を蹴り上げるような感じがしたら、赤ちゃんの頭が下になっていると考えていいでしょう。

しかし、逆子の場合は、下腹部に胎動を感じることが多くなるようです。
肛門膀胱あたりや、足の付け根を蹴られて痛みを感じたというママもいます。

また、逆子の場合は、頭が胃のすぐ下にあるので、胃のあたりがぐにょぐにょ動く感じがすることもあるようです。

もちろん、それだけでは、逆子とはいえませんが、胎動の位置が普段と変わったら、逆子になった可能性もあるので、どこで胎動を感じるか、意識してみるといいでしょう。

逆子体操で逆子が治るの?

出産時のリスクを軽減するために、あるいは帝王切開を避けるために「なんとか逆子を治したい」と思うママは多いようです。

妊婦さんが自分でできる対策としては、逆子体操がよく知られています。

逆子体操とは、胎児の回転を促し、逆子の状態から正常な状態に戻す体操です。

腰を高くあげる姿勢をとるのは、赤ちゃんを骨盤からずらして、動きやすい状態にして、正常な状態へ回転しやすい状況をつくるためです。

逆子体操をしたからといって、必ずしも、赤ちゃんの逆子が治るとは限りません。
しかし、「逆子体操で逆子が治った」という妊婦さんも多くいますので、挑戦してみる価値はあります

逆子は病気ではありません。

「逆子体操で逆子が治ればラッキー」くらいの、ゆったりとした気持ちでおこなってみたいものです。

ただし、切迫早産の危険がある場合など、逆子体操ができない妊婦さんもいますので、逆子体操を始めるときは、産婦人科の医師に相談してからにしましょう。

逆子体操はいつからいつまでできるの?

子宮の中を動き回っていた赤ちゃんが一定の状態に落ち着くのは28週〜30週あたりといわれています。

そのため、逆子体操の開始時期は、だいたい30週あたりからになります。
それ以前だと、子宮内に赤ちゃんが動き回る余裕があるため、また逆子の状態に戻ってしまう可能性があるからです。

終了時期については、だいたい34週くらいを目安にしてください。
というのも34週以降になると、赤ちゃんが大きくなりすぎて、回転する余地がなくなってしまうからです。
34週くらいが赤ちゃんが回転することができる、ギリギリのサイズなのです。

赤ちゃんのサイズには個人差がありますので、あくまでも目安として考えてください。