妊娠中は性欲が強くなる?変化のワケは?性行為をしても大丈夫?

妊娠中だけれど、性欲が強くなって我慢ができない。
そんな悩みを抱いても、デリケートな問題であるだけになかなか相談しづらいですよね。
逆にまったく性欲がなくなり、困っているママさんもいるかもしれません。

妊娠中の性欲についての悩みは、人それぞれ
また同じ妊婦さんでも、妊娠中のどの段階にいるかによって性欲の強さも変わります。
この記事で、先輩ママさんの多くが感じた妊娠中の性欲の変化とその原因、さらに対処法もみていきましょう。

妊娠中、性欲の強さはどう変わりがち?


妊娠中に性欲が強くなったり、逆になくなったり。
人によって、また同じ人でも時期によって性欲の強さは全然違います。

先輩ママはいつ頃変化があった?

先輩ママさんたちの体験談を聞いてみると、妊娠初期、つわり中は性欲が減退し、安定期に入ると性欲が増す人が多いようです。

ただ妊娠中はずっと性欲がなくなるひと、長子と2人目以降で性欲の変化度合いが変わる人、など、結果は千差万別でした。

変化の原因は?

ではこのような変化は、なぜ起こるのでしょうか。
とくに安定期に入ったとき、性欲が増す3つの要因をまとめてみました。

ホルモンバランス

妊娠中は女性の体内のホルモンバランスが大きく変わります

実は発情ホルモンとも呼ばれる女性ホルモン、エストロゲンが妊娠中期に増加します。
このホルモン増加が、安定期の性欲の強まりと関連があるようです。

精神面の変化

また精神的な側面も性欲変化の大きな理由の1つです。
とくにはじめての妊娠の場合、妊娠初期は心配なことも多いでしょう。
つわりも重なり、体力的にも精神的にもつかれているはずです。

それが安定期に入ると、妊婦としての生活にもだんだん慣れてきます
またつわりが終わり、体調がよくなれば、精神的にも安定するはずです。

血流の促進

妊娠中期には、性器や乳房への血流が増加します。
これと性欲の上昇にも、なんらかの関係があると見られています。

これら3つの要素にともない、性欲も妊娠初期は抑えられ、安定期に増加しがちなようです。
逆に言えば、女性の精神状況などによって、個人差が大きく出るのですね。

性欲が強くなったときの対応策


妊娠中であるために、自分の中に強い性欲があることに、嫌悪感を抱く女性もいるでしょう。
でも上の説明でみたように、性欲の変化はホルモンバランスによる、ごく自然なこと

自分を責めることなく、紹介するおすすめの対処法を試してみてくださいね。

パートナーとの性行為はしても大丈夫?

女性側は夫婦生活に積極的なのに、男性側は消極的…。
そんなとき、「自分が魅力的ではないのでは?」と不安になってしまうこともあるでしょう。

しかしたいていは、男性側もパートナーの体調が心配で、遠慮していることが多いようです。

また赤ちゃんへの影響も気になるところが、子宮と羊水に守られているため、赤ちゃんは性行為による影響を受けづらいのです。

今から紹介する注意点を参照に、適切な楽しみ方をしましょう。

※基本的には夫婦生活を楽しむことに問題はありませんが、次の項目を満たす人は、母子の健康のためにも性行為はいったん考えた方がよいかもしれません。

  • 妊娠初期(胎盤が出来上がっておらず流産の可能性が上がる)
  • 妊娠後期(お腹への負担が大きい)
  • 流産や切迫流産、多胎出産、早産や切迫早産の経験がある、またはその兆候がある
  • 膣炎などの感染症もち
  • 前置胎盤である、子宮頸管が短いなど赤ちゃんへの影響が懸念される
  • お腹に優しい体位は?

    セックスをするときも、母体を気づかう体位で行うのがベストです。
    赤ちゃんへの影響が出にくい体位を、いくつか紹介します。

  • 後側位
  • 女性が横向きに寝っ転がり、男性が背後から密着する体勢。
    女性のお腹に圧力が掛からないため、オススメです。

  • 騎乗位・座位
  • 挿入の深さをママ側が調整できるため、オススメです。

    気を付けておきたい注意点

    妊娠中のセックスを安全に楽しむために、押さえておきたい注意点をまとめます。

    母体を大切に

    何よりも大事なのが母子の健康です。

    まず清潔には注意を払いましょう。
    また膣内に傷をつけないためにも、激しい動きは避けるのが安全です。

    長時間の性行為はお腹を冷やす原因になりますので、時間にも配慮が必要ですね。

    そして乳首への刺激はお腹のはりの原因となりますので、やめておきましょう。

    コンドームは使用しよう!

    妊娠中であっても、性感染症予防の意味でコンドームは使用することをおすすめします。

    また膣内射精した場合、精子が子宮を収縮させ、早産などの原因となりかねないとの懸念もあります。
    ママの身体に絶対的な悪影響が出るわけではありませんが、心配の種はなるべく作らずにおきましょう。

    こんな時はすぐにストップ!

    妊娠中、ママの身体は通常よりも繊細になっています。
    ちょっとしたことで子宮が出血することもあるのです。

    子宮の出血やお腹の張りが感じられたときや、ママ側が子宮に痛みを感じたときは、すぐに行為を中断しましょう。

    また出血した場合は、安全のために産婦人科で医師の診断を受けるのが安心ですね。
    素人の判断で大丈夫だと決めつけてしまうのは危険です。

    自慰行為は赤ちゃんに影響があるの?

    パートナーとの妊娠中の性行為には、どうしても色んな制約がついてまわります。
    妊娠中オナニーをすることに抵抗があるママもいるかもしれませんが、実はとくに問題はありません

    オーガズムを感じると子宮収縮を引き起こし、赤ちゃんに影響がでるとの懸念の声もありますが、それも心配するほどのものではないようです。

    不倫や出会い系はリスクが高い

    パートナーが妊娠中のセックスに応じてくれないとき、孤独感から浮気や不倫に走りたい衝動がわくこともあるかもしれません。
    また性風俗に手を出したい、と考える人もいるでしょう。

    しかし一時の衝動でこうした行動に走ることは、リスクが高いものであることは肝に銘じておきましょう。

    妊娠中の夫婦生活はデリケートな問題。
    相手が性行為に消極的なのも、ママの身体をおもってのことなのです。

    衝動的に浮気や性風俗に走ると、社会的に多くのものを失いかねません。
    くれぐれも注意しましょうね。

    性欲がなくなったときの対応策


    ここまで性欲が強くなった時の対処法を書いてきましたが、その逆の状況も十分ありえます。

    ストレスのたまりやすい妊娠中、性欲がまったくなくなる女性も多いようです。

    しかし男性側は性行為に積極的であった場合、相手に応えられない申し訳なさを女性が感じてしまいがち。
    また相手がセックスレスの状況に耐えられず、浮気や風俗に走ってしまうのでは、と心配にもなりやすいようです。

    でも女性がこれに関して、負担に感じる必要はありません
    セックスをしたい気分でないなら、しなくても大丈夫。
    セックスレスでも仲良しの夫婦はたくさんいます。
    話し合いながら、お互いにとってよい解決方法を見つけていきましょう。

    パートナーへの伝え方を工夫しよう

    妊娠中はにおいにも敏感になる時期です。
    夫のにおいすらかぎたくない、という妻側の意見も少なくないようです。

    ただ性行為なんて絶対にしたくない気分なの!と思っても、気持ちの伝え方が攻撃的だと相手を傷つけます。
    相手を尊重したうえで自分の思いを伝えるための努力をすると、気持ちの行き違いが少なくなりますよ。

    オーラルセックスはしても大丈夫?

    性行為はちょっと…と思っている女性の場合は、オーラルセックスを提案してみてもよいでしょう。
    妊娠中の女性であっても、これなら負担がかかりませんし、体への影響も心配ありません。

    ただし男性が女性にオーラルセックスをすると、膣の中に空気が吹き込まれ塞栓症になることがあります。
    女性側からの行為だけにとどめておいた方が安全そうです。

    大切なのは相手とのコミュニケーション


    ここまでさまざまな解決方法を挙げてきましたが、大切なのが母体、そして良好な夫婦関係なのは変わりません。

    適切なステップを踏めば、セックスはストレスが溜まりがちな妊娠中の心を癒す、大切な行為となります。
    しっかりとお互いの気持ちを話し合い、2人が納得する夫婦生活のあり方を見つけていきましょう。

    注目記事

    【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

    葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

             

    【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

    妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

    気に入ったらシェア

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク