【医師監修】初期流産の原因・症状は? 予防は難しい? 流産確率を下げる方法は?

妊婦さんにとって、どんな形であろうと、流産は悲しくつらい経験です。

しかし、妊娠全体に対する流産の割合は、15%とかなり高いものになっています。

そのうちのほとんどが、妊娠12週未満におこる初期流産のようです。

ここでは、初期流産の原因や症状、予防法などについてまとめてみました。

初期流産とは


妊娠22週未満に、子宮内容物が子宮外に出てしまったり、胎児が子宮内で死亡したりして、妊娠が継続できなくなることを、流産といいます。

妊娠12週未満の流産を、初期流産、または早期流産といいます。
それに対して、妊娠12週〜22週未満の流産は、後期流産と呼ばれます。

流産は女性にとって、つらい経験ですが、妊娠初期には10人に1~2人の割合でおこるといわれています。

なお、妊娠22週以降は、流産とはいわずに、早産といわれます。

合わせて読みたい

初期流産の種類

初期流産には、大きく分けて、稽留流産と進行流産があります。

稽留流産とは

稽留流産とは、子宮の中で胎児が死亡したまま、子宮内に留まっている状態です。

痛みや出血もなく、自覚があることはほとんどありません。

妊婦健診で、胎児の心拍が確認できずに、初めて稽留流産とわかることが多いようです。

稽留流産と診断された場合、妊娠週数や母体の状態によっては、自然に流れるのを待つ場合もありますが、手術で赤ちゃんを出してあげる必要がある場合もあります。

この記事もチェック

進行流産とは

進行流産とは、子宮口が開き、子宮内容物が外に出てきている状態のことです。

進行流産になると、妊娠を継続できません。

進行流産が進み、子宮の内容物が全て流出してしまうと完全流産となります。

子宮内容物の一部が残っているままのものは、不全流産と呼ばれ、残っているものを除去する手術が必要です。

切迫流産

切迫流産とは、流産が心配される状態になっていることです。

流産になってしまっているわけではないのですが、流産に進行する可能性があるため、安静にしたり内服したりして経過観察することになります。

妊娠ごく初期の流産

初期流産のなかでも、妊娠ごく初期の3~4週の場合は、流産しても自覚がないことがよくあります。

生理予定日がすぎた時点で、妊娠検査薬では陽性結果が出たにも関わらず、数日後には、生理が来てしまうようなケースです。

受精したのに着床できなかったり、着床したけれども細胞分裂が途中で止まってしまい、妊娠症状が現れる前に、出血と共に排出されてしまいます。

そのため、生理不順の女性の場合は、数日生理が遅れたという認識しかないかもしれません。

このように、妊娠検査薬などの化学反応は陽性だったにも関わらず、胎嚢が確認されないケースを、生化学的妊娠(化学妊娠、化学流産)といいます。

医学的に妊娠が確定されるのは、超音波検査で胎嚢が確認できる4~5週になります。

それ以前の流産は、生化学的妊娠といい、医学的に流産とはみなされていません。

初期流産の原因

流産してしまうと、多くの女性は、自分を責める傾向にあります。

しかし、初期流産の原因は、母体の問題ではありません。

初期流産の場合、ほとんどが、受精した時点で流産することが決まっています。

初期流産の原因は、主に遺伝子や染色体の問題

遺伝子や染色体の異常によって、細胞分裂が正常におこなわれないなどの理由で、流産してしまうのです。

初期流産の予防は?

初期流産の原因は、遺伝子や染色体の異常など、胎児側の問題であることがほとんどです。

染色体に異常がある受精卵は、正常に育つことはできません。
そうなると、妊婦さんやお医者さんができることは、なにもないのです。

遺伝子や染色体の異常がある場合は、残念ながら、流産を防ぐことはできません。

自分のせいだと考える女性も多いのですが、決して、そうではないことを理解して、次の妊娠のためにも、ご自身の心と体をいたわってあげてください。

初期流産の兆候や症状


初期流産の兆候や症状には、次にあげるようなものがあります。

これらの兆候や症状があるからといって、必ずしも流産になるわけではありません。

しかし、万が一のことを考えて、これらの兆候や症状が見られた場合は、産婦人科を受診して、子宮の状態を確認してください。

なにも兆候、症状がない

初期流産のなかでも稽留流産の場合は、全く兆候を感じなかったり、自覚症状がないことがよくあります。

流産といえば、出血や下腹部の痛みを伴うものをイメージしがちですが、それが全くない状態で、妊婦健診で突然、胎児の心拍が確認できないといわれる場合です。

妊娠初期では妊婦さんの10人に1〜2人は流産します。
そのためにも、定期的な妊婦健診は必ず受けるようにしましょう。

不正出血

妊娠初期にもっとも気をつけなければならない異変といえば、不正出血です。

  • 1.2回の出血ではなく何日も出血が続く
  • 生理の初日や2日目と同じくらいの出血量がある
  • 茶色や黒っぽい色ではなく鮮血がみられる

上記のような不正出血が、どちらかといえば心配なものです。
そのような場合には、かかりつけの医療機関に相談しましょう。

下腹部痛やお腹の張り

進行流産になるまで痛みを感じないことも多いですが、切迫流産のうちに痛みを感じることもあるかもしれません。

  • チクチクするというよりもギューッとするような痛み
  • 断続的に痛みの波が来る

とくに不正出血と同時に腹痛がある場合は、医療機関に相談しましょう。

流産の予防のためにできること


妊娠初期の流産は、避けようがないケースも多く、確実な予防法はありません。

しかし、流産のリスクを減らすために、妊婦さんができることはあります。

妊娠初期の流産は誰にでも起こりうるものですが、妊婦さんが日頃から自分の体の健康管理をしっかりして、身体をいい状態に保つことは、今後の妊娠のためにもとても大切なことです。

カフェインを控える

妊娠初期は、胎盤が作られる大事な時期です。

カフェインは、中枢神経を興奮させる働きがあり、普通の人でもカフェインの摂取過剰は避けるべきもの。
ましてや妊娠中には、より注意が必要です。

カフェインといえば、コーヒーをイメージする人が多いのではないでしょうか。

しかし、カフェインは、コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、コーラなどさまざまなものに含まれています。
妊娠中は、できるだけカフェインレスのものをとるようにしましょう。

この記事もチェック

体を温める

体の冷えは、妊婦さんにとっては、絶対に避けなければならないことのひとつ。

体が冷えると、子宮への血行が悪くなり、その結果、胎児への栄養補給が十分に行き届かなかったり、子宮の収縮を招いたりします。

妊娠中は、足腰を十分に温めてあげましょう。

また、冷たい飲み物を飲みすぎるのもよくありません。
体を外側から温めることはもちろん、内側から温める食生活を心がけることも大切です

この記事もチェック

禁酒&禁煙

アルコールやタバコはお腹の赤ちゃんに大きな影響を及ぼします。

タバコを吸うことで、赤ちゃんに必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなる可能性が高まります。

他人のタバコの煙を吸い込む受動喫煙も、同様のリスクがあるので、周りにも協力してもらうことも必要です。

飲酒は、胎児性アルコール症候群をひきおこすリスクを高めます。

妊娠していることがわかったら、禁酒および禁煙につとめましょう。

この記事もチェック

激しい運動は避ける

妊娠中も、散歩など適度な運動は有益です。

でも、妊娠初期は体がとても不安定な時期。
この時期の激しい運動はNGです。

マタニティヨガなどの運動は、安定期に入ってから、医師の許可を得てからにしましょう。

ストレスをためない

妊娠初期はつわりなど体の変化に悩まされたり、睡眠不足になりやすかったりします。

また、仕事や家事との両立でつい無理をしがちです。

体調の変化や環境の変化にストレスを感じることも多いでしょう。

でも、ストレスはママが思っている以上に身体に負担をかけるものです。
妊娠初期はあまり無理をせず、ストレスをためないように気をつけましょう。

この記事もチェック

葉酸やビタミンB群、ビタミンE

葉酸は、胎児の細胞形成をサポートして、神経管閉鎖障害のリスクを減らします。

ビタミンB群には、精神状態を良好に保ったり、エネルギー産生に重要なビタミンB1や、脂質代謝や皮膚や毛髪の細胞新生、体の成長をサポートするビタミンB2があります。
ビタミンB6はつわりの症状を軽減してくれますし、ビタミンB12は貧血の予防に重要です。

ビタミンEは妊婦さんの体の血行を促進し、胎児に栄養を送りやすくしてくれるでしょう。
妊娠中は、葉酸やビタミンB群、ビタミンEを積極的に摂取したいもの。

普段の食事から摂取するのが難しい場合は、サプリメントを上手に利用してはいかがでしょうか。

もちろん、食事からしっかり栄養を摂れるとよいのですが「しっかり栄養を摂らなきゃ」とストレスになるよりは、サプリメントを利用するほうが気軽かもしれません。

この記事もチェック

ママのせいではない

妊娠12週未満の流産を、初期流産といいます。

初期流産の原因は、ほとんどの場合、染色体や遺伝子の異常など胎児側の問題であり、受精した時点で、流産することが決まっているといっても過言ではありません。

とはいえ、妊婦さんにとっては、つらい出来事であることに変わりはなく、自分を責める女性も多くいます。

しかし、初期流産においては、自覚症状や兆候が感じられないケースも多く、防ぎようがないことも多いのです。

ただ、出血や腹痛などの異変を感じることもあり、その場合は、医療機関に相談するようにしましょう。

また、妊娠初期の流産は、胎児側の問題であることが多いため、完全な防止対策はありません。

しかし、妊娠初期の身体を整えて、いい状態に保つためにできることもありますので、赤ちゃんのためにはもちろん、ご自身の健康のためにも、心がけてみてください。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...