【医師監修】「子宮外妊娠」兆候や原因、症状とは?手術は必要?検査方法は?

「子宮外妊娠」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。
頻度としては大体全妊娠数の約1~2%くらいの発症のため、言葉は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという方が多いようです。

そこで、今回は、子宮外妊娠の原因や兆候、検査方法、その治療についてまとめてみました。

子宮外妊娠とは

通常、卵巣から排卵された卵子は、精子と受精し、卵管を通って、子宮へと向かいます。
しかし、子宮に到達する前に、別の場所で着床してしまうことがあります。

このように、本来ならば子宮内膜に着床するはずの受精卵が、子宮内膜以外の場所に着床してしまうことを、子宮外妊娠といいます。

受精卵が着床する場所で、もっとも多く見られるのは、子宮と卵巣を結ぶ卵管で、子宮外妊娠全体の約98%を占めるといわれ「卵管妊娠」とよばれます。
残りの2%は、卵巣(卵巣妊娠)や、子宮頸管(子宮頚管妊娠)、腹膜(腹腔妊娠)になります。

正常妊娠と子宮外妊娠の見分け方?

子宮内膜以外の場所に受精卵が着床した場合も、通常の妊娠と同様に生理が止まり、女性ホルモンの分泌が増えるため、妊娠検査薬で陽性の反応がでます。

このように初期段階では、正常妊娠とほぼ同じ症状のため、正常妊娠か、子宮外妊娠かは確定できません。

超音波(エコー)検査で子宮内に胎嚢が確認されれば、正常妊娠であることが確定されます。
胎嚢の確認ができるのは、だいたい6週目をすぎたあたりです。

妊娠の継続は可能なの?

子宮外妊娠の場合、妊娠という言葉を使ってはいますが、通常の妊娠とは異なり、赤ちゃんが育つことはできません

受精卵が正常に発育できるのは、子宮内膜に着床したときのみなのです。

子宮内でなければ、胎児を維持することはできません。
自然に、卵管流産することもよくあります。
しかし、卵管破裂になる可能性もあり早期発見、早期治療が重要です。

ですから、妊娠検査薬で陽性が出たら、早めに産婦人科医の診察を受けて、胎嚢の確認をすることが大切になってきます。

続いて、子宮外妊娠の兆候や原因をみていきましょう!