【医師監修】赤ちゃんが小さい…胎児発育不全とは? 帝王切開になる?

産婦人科の健診で、もし「赤ちゃんが標準よりも小さい」と言われたら、ママとしては、不安になってしまうでしょう。

胎児の成長が標準よりも遅れている場合、胎児発育不全を発症している場合もあります。
ただ、胎児発育不全といっても、原因はさまざまです。

そこで、今回は、気になる胎児発育不全の定義や種類、治療方法、分娩方法、障害について、みてみましょう。

胎児発育不全とは?


胎児発育不全とは、なんらかの原因により胎児の発育が遅れたり、停止した状態のことです。

子宮内の胎児の推定体重が、基準値よりも少ない場合は、胎児発育不全が疑われます。

胎児の成長が遅い理由には、さまざまなものがありますが、その原因や発育の遅れの程度により、その後の経過や治療も大きく変わってきます。

胎児発育不全の診断

胎児の体重は、超音波検査により、推定体重が算出されます。

その体重が基準値よりも少ない場合、胎児発育不全が疑われますが、最終的な診断には、さまざまな検査が必要です。

体重が少ないだけでは、普通より小さいだけで元気であるのか、なんらかの異常によって発育が遅れているのかは、判断できないからです。

胎児発育不全の診断は、胎児や、胎盤、へその緒、母体に異常がないかを探るために、より詳しい超音波検査や、血液検査、羊水検査、染色体検査などがおこなわれます。

異常が見つかったら、それに対する治療や処置がとられることになります。

ただし検査の結果、かならず異常が見つかるとは限りません。
異常が見つからないケースもあり、その場合は、たとえ基準よりも体重は少なかったとしても、「Nomal Small(小さいが正常な胎児)」と診断されます。

胎児発育不全の原因

胎児発育不全の原因には、さまざまなことが考えられます。

胎児側に問題があるもの、胎盤やさい帯(へその緒)の異常、母体に問題がある場合などです。

胎児自体に問題がある場合

  • 胎児の染色体異常
  • 先天性の形態異常
  • 妊娠中のウイルス感染症

胎児に上記のような異常がある場合は、妊娠中期の比較的早い段階から、胎児発育不全がおこります。

推定体重が軽く、頭も体も同じように小さいケースです。

胎盤・さい帯に問題がある場合

  • 前置胎盤など胎盤の位置の異常
  • 胎盤の腫瘍や出血
  • 胎盤の血管梗塞(血管が詰まってしまうもの)
  • さい帯に強いねじれや結び目がある
  • さい帯の付着部異常(へその緒が胎盤の真ん中から出ていない)

上記のように、胎盤やさい帯に異常や問題がある場合は、胎児に栄養を供給できにくくなり、その結果として胎児発育不全がおこります。

発症時期は、妊娠後期です。

母体に問題がある場合

    • 母体合併症妊娠(妊婦が糖尿病・心疾患・甲状腺疾患・自己免疫疾患などの病気にかかっている)
    • 妊娠糖尿病
    • 妊娠高血圧症候群
    • 多胎妊娠
    • アルコール
    • 喫煙

お母さんが糖尿病や甲状腺疾患を患っていたり、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になってしまった場合、喫煙やアルコールを摂取している、双子などの多胎妊娠の場合も、胎児に十分な栄養を届けることができずに、胎児発育不全をおこすことがあります。

こちらも通常は、妊娠後期に発症します。



胎児発育不全の症状は?


胎児発育不全を発症していたとしても、基本的に、ママが自覚症状を感じることはありません。

おなかが大きくならないことで心配されることもありますが、妊婦健診によって、赤ちゃんの推定体重が基準より少ない場合に、胎児発育不全の可能性を医師から知らされることがほとんでです。

胎児発育不全の疑いがあれば、さらに詳しい検査をし、最終的な診断と原因の特定をおこないます。

発育パターンによる分類とその症状

胎児発育不全は、胎児の発育パターンによって「均衡型」と「不均衡型」のふたつに分けらます。

均衡型

染色体異常や先天性感染など、胎児自体がもつ問題によって、妊娠中期の比較的早い段階から発症した場合は「均衡型」と呼ばれる発育パターンをとります。

均衡型とは、頭も体も同程度に発育遅延がみられるというものです。
バランスはとれた体型ですが、全体的に小さいのが特徴です。

不均衡型

ママから胎児へ送られる栄養が不十分なために、赤ちゃんが栄養失調のような状態になっていると「不均衡型」と呼ばれる発育不全がみられます。

妊娠後期に見られ、頭は週数通りの大きさなのに、体がやせているのが特徴です。

栄養がうまく供給できない原因としては、胎盤やさい帯に問題があり血液の流れが滞ることや、合併症や妊娠高血圧症候群など母親側の問題があげられます。

胎児発育不全の治療


胎児発育不全と診断された場合、治療はどのように行うのでしょうか。

均衡型の場合

発育不全の状態にもよりますが、重度の場合は、胎内で死亡してしまったり、生まれてからすぐに死亡するおそれもあります。

そのために、診断後は、慎重な経過観察が必要です。

均衡型の場合は、胎児自身に原因があるために、発育を促進する有効な方法は確立されていません。

不均衡型の場合

胎児発育不全の原因が、胎盤や母体にある場合は、その原因を取り除くことで、胎児の発育をうながす効果が期待できます。

場合によっては、胎児発育不全とわかった時点で入院することもあります。
ママが安静に過ごすことで、より多くの血液を胎児へ送り出すことができるからです。
また、妊娠高血圧症候群などのように、ママの治療が必要なケースもあります。

不均衡型は、胎児が栄養不足になっている状態です。
胎児に十分な栄養を届けるためにも、ママへの食事療法や栄養点滴という処置をおこなうことも。

赤ちゃんが小さくても、発育がみられる場合は、胎児の予備能力を観察しながら、妊娠を維持することになります。

上記のように、原因や症状の重さによって治療は変わってきます。
いずれにしても、治療は、主治医から十分な説明がなされたうえで慎重におこなう必要があるでしょう。

帝王切開になるの?

胎児発育不全でも、必ずしも帝王切開になるとは限りません。
経過が良好であれば、自然分娩も可能です。

ただし、胎児発育不全を発症している赤ちゃんは予備能力が低いことも多く、分娩中の低酸素状態といったストレスにたえられないこともあります。
そのような場合は、帝王切開となります。

経過観察中に、胎児の発育停止や、子宮内における環境の悪化があった場合は、子宮から赤ちゃんに出てきてもらい、子宮の外でおっぱいやミルクで栄養を摂ってもらったほうがよい場合もあります。

このような判断がされたら、緊急に帝王切開が行われることもあります。

そのため、胎児発育不全の程度が強い場合には、NICU(新生児特定集中治療室)の設備の整った大学病院などに転院が必要になるケースもあります。

障害は残るの?

胎児発育不全と診断された赤ちゃんは、そうでない赤ちゃんと比べると、出生後に障害が残る割合が高くなるかもしれません。

とくに、胎児側の原因でおこった均衡型の胎児発育不全の場合は、染色体異常の赤ちゃんも含まれますので、障害が残る確率は一定数あるでしょう。

また不均衡型においても、妊娠週数の早いうちに発育停止となるなどで分娩としなくてはならなかった場合には、脳などに後遺症が残る可能性もないとはいえません。

しかし、発育不全の赤ちゃん全てにおいて、障害が残るわけではありません。

胎盤や母体側の問題で、栄養失調のために発育が遅れているタイプの胎児発育不全の場合は、軽症のケースが多くあり、出産時は小さくとも、その後の発育とともに、正常の発育曲線に近づいていくことも多いのです。

胎児発育不全は予防できるの?


ママが禁酒、禁煙し、十分な睡眠と、バランスのとれた栄養のある食事、適度な運動を心がけることで、胎児発育不全のリスクを減らすことは可能かもしれません。

ただ、それは、胎児発育不全の完全な予防にはなりません。

胎児自身の問題や、胎盤やさい帯の異常は、ママの生活習慣の改善では、防ぎようがないからです。

しかし、発見が早ければ、それだけ、早く治療が開始できます。
自覚症状もありませんので、産婦人科で指示されたとおりに妊婦健診をしっかり受けて、ママと赤ちゃん両方の健康状態を、定期的に確かめることが大切です。

ちなみに厚生労働省では、妊婦健診の標準スケジュールを妊娠週数別に以下のように示しています。

    • 妊娠初期〜23週 4週間に1回
    • 妊娠24週〜35週 2週間に1回
    • 妊娠36週以降 1週間に1回

妊婦健診は、ママとおなかの赤ちゃんの健康状態を確認する大切な健診です。
胎児発育不全のみならず、さまざまな異常の早期発見にもなりますので、しっかり受診しましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...