【医師監修】「つわり対策」妊娠初期のつらいつわりを軽減!原因から解消法まで解説

多くの妊婦さんが経験する「つわり」ですが、程度には個人差があります。

なんとなく気持ち悪いというレベルから、日常生活に支障が出るような症状に悩んでいる人も。

また、ふたり目以降よりもひとり目の方がつわりが酷くなる傾向にあります。
はじめて赤ちゃんを授かりママになる方にとって、つわりの症状はとても憂鬱なもの。
精神的に疲れてしまう方も少なくありません。

そこで、こちらの記事ではつわりの原因と、その軽減方法をご紹介していきます。

つわりの原因


つわりが重症化すると妊娠悪阻(おそ)と呼ばれます。
重症でない限りつわりは病的なものではありません。

つわりの原因には諸説ありますが、現代の医学でもはっきり原因は特定されていません。

まず、なぜつわりが起こるのか?についていくつかの説を紹介します。

ホルモンバランスの変化によるとされる説

妊娠すると胎盤の一部の絨毛組織でhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが作られます。
hCGは黄体が退化するのを防いで子宮内を妊娠に適した状態に維持しする役目をもっています。

同時にプロゲステロン(黄体ホルモン)の量も増加します。
プロゲステロンは子宮内をふかふかのベッドの様な状態にして胎盤を完成させるのを助けます。

これらのホルモンが急激に増えるため、体がその変化についていけずに吐き気が起こるとされています。

そしてつわりが治まる頃にはこれらのホルモンも低下してきます。
このことからホルモンがつわりに関与しているのではないかといわれています。

一種のアレルギー反応という説

母体は胎児を異物として認識し、体内に何かが入ってきたと感知した結果、アレルギー反応として吐き気が起こるといわれる説です。

妊娠中の体が酸性に変わるからという説

本来人間の体はアルカリ性なのですが、妊娠中は酸性になるといわれています。
そこで、体内をアルカリ性に戻そうという条件反射的なものが働くという説です。

実際に肉や魚などの酸性の食べ物を食べた時に吐き気を催す人が多いとされています。
元々野菜をメインに摂取していた人はアルカリ性体質のためつわりが軽いことが多いとされています。

体を休めて安静にしなさいという合図だという説

つわりの多くは5~6週に始まり、12週~16週まで続くと言われています。
この16週がちょうど安定期に入る時期と一致することから、その時期まであまり無理をせずなるべく体を休めなさいという警告の意味だという説です。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分